岸和田市の水平棟の瓦のズレを戻し鬼瓦も銅線で固定しました


岸和田市の台風被害に遭った瓦屋根の水平棟と谷樋の際の瓦修復工事の様子をご紹介します。F様邸は台風21号で水平棟(屋根の頂点の水平部分)や降り棟(軒先に向かって降りる棟)、袖瓦や地瓦、軒先瓦などが飛散しました。
岸和田市の棟のズレを直します
F様邸の水平棟は飛散まではしなかったのですが、一番上の冠瓦がズレて浮き上がっている状態でした。

棟は屋根の頂点にあり、瓦を積み上げて屋根面よりも高くなっているので風や地震の影響を受けやすい箇所です。そのため、銅線を通して巻き、瓦のズレや飛散を防止しているのですが、その銅線も経年で切れたり緩んできますので、このようにズレることがあります。
今回の修復工事では、ズレた瓦を戻して銅線で固定しなおし、更に取り合いにシーリングを充填して補強します。
岸和田市の漆喰が剥がれて鬼瓦が傾いています
棟の先に施工している鬼瓦との取り合いの漆喰が剥がれて鬼瓦が傾いていました。
鬼瓦は重いので、落下すると危険です。
棟のズレを戻す前に鬼瓦を銅線でつないで固定します。
岸和田市の鬼瓦を銅線で固定
棟の木下地に向かってビスを打ち、そこに銅線を通して鬼瓦とつなぎます。
これにより鬼瓦が銅線に引っ張られている状態にあり、ズレや落下を防止することができます。
岸和田市の棟を銅線で固定
鬼瓦を固定した後、棟のズレを戻し、銅線を巻いて固定します。
冠瓦の一つ一つに銅線がかかるように巻いて固定します。
岸和田市の棟にシーリングを充填して固定完了
続いて瓦同士の取り合いにシーリングを充填してしっかりと固定しました。
瓦同士をつなげておくと一体性ができ、風に煽られた時に重量があるので飛散しにくくなります。
シーリングを充填する方法に不具合があると、雨漏りを誘発する危険性がありますので、注意が必要です。
岸和田市の鬼瓦の取り合いに漆喰を詰めます
棟のズレを直して銅線とシーリングで固定した後、鬼瓦の取り合いに漆喰を詰めました。この漆喰は、瓦同士の接着や雨水の浸入を防ぐ役割があります。漆喰が劣化して剥がれてくると、屋根の防水性能が低下し、雨漏りしたり瓦のズレの原因になります。
岸和田市の谷樋の瓦を復旧
F様邸は谷樋の際の瓦も飛散していました。
再利用できる瓦は使用し、不足分はご用意しました。
土葺きの屋根は下地に粘り気のある葺き土をのせて、そこに瓦を密着させて葺いているのですが、ご覧のように葺き土が乾燥して少なくなっていました。
岸和田市の谷樋の際に葺き土を載せて谷樋の際の瓦を復旧
土が痩せたまま瓦を復旧してもまた動く可能性がありますので、粘り気のある新しい葺き土をのせて瓦を復旧しました。

谷樋は屋根の谷部分の雨樋で、谷樋添いの瓦は形状にあわせてカットして葺いています。
岸和田市の谷樋に土が流れないように漆喰を詰めて仕上げます
谷樋は屋根の谷に集まった雨水を軒樋に流す役割があります。
瓦を葺いた葺き土がむき出しのままだと雨で流れてしまいますので、際に漆喰を詰めて防水して仕上げます。
岸和田市の谷樋の際復旧完了
谷樋の際の瓦の復旧と、漆喰の詰め直しが完了しました。

これで雨が流れても安心です。
棟の工事は、棟を積み直すと費用がたくさんかかります。そのため、部分的に被害があった場合、修復での工事をすることがほとんどです。被害の状況にもよりますが、「これくらいなら大丈夫かも」と思わずに異変を感じましたら放置せず業者に見てもらいましょう。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のテラスの平板と屋根のご相談

泉佐野市の屋根点検のご紹介です。Y様邸は鉄骨造の3階建ての住宅で、2階に玄関があります。玄関横に設置しているテラス屋根の平板が台風の強風で飛散し、住宅の屋根の棟板金も無くなっているように見える、とのご相談でした。棟板金とは、屋根の頂点(棟)...........

岸和田市の屋根瓦がズレているとのご相談

岸和田市にお住いのY様より「台風で屋根瓦が数枚ズレてるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。Y様邸はセメント瓦で、下から見ると下屋の棟の瓦がズレているのが分かりました。また、大屋根の地瓦も飛散していました。

泉佐野市で使用するいぶし瓦です

泉佐野市の瓦屋根の修理のご紹介です。S様邸は土葺きの瓦屋根で、台風時の強風の影響で瓦が割れたり飛散し、玄関の天井に雨漏りが発生しました。その後の応急処置で雨漏りが止まったので、頃合いを見て修理のご相談をいただきました。