オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市の屋根瓦の修復で既存の葺き土を水で湿らせて新しい土をのせました


泉南市の降り棟の修復工事です。
台風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟の瓦が崩れて地面に落下してしまいました。
棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。対して降り棟は、軒先方向に斜めに降りている棟を指します。
どちらも屋根同士の取り合いになるので、雨仕舞で瓦を積み上げているのですが、O様邸はその一部の瓦が台風の強風でバラバラに飛散してしまいました。
泉南市のO様邸の釉薬瓦の搬入
O様邸で使用する茶色の釉薬瓦を搬入しました。

釉薬瓦とは、焼く前の瓦の表面に釉薬といううわ薬をかけて処理し、その後に焼いた瓦のことで、ガラス質に覆われていますので表面がツルツルとしています。
泉南市の崩れた降り棟を修復します
降り棟の被害状況です。

冠瓦(棟の一番上にのせる半丸の瓦)とその下に施工する四角いのし瓦が風で飛ばされてしまいました。
今回は棟すべてを積み直すのではなく、飛散した箇所を修復する工事を行います。
泉南市の棟に乾燥した葺き土を湿らせます
土葺きの屋根は、粘度のある葺き土により瓦を固定しています。その葺き土は経年で乾燥しますので、次第に固定力が弱まってきてしまいます。棟を修復する際は新しい葺き土を足しますが、既存の乾燥した葺き土と馴染ませるために先に水を吹き付けてで湿らせました。
泉南市の棟に葺き土をのせて瓦を積みます
新しい葺き土をのせて、瓦を密着させて固定します。
乾燥して痩せた葺き土の上に新し瓦を施工しても、固定する力がありませんので、またすぐに動いてしまいますし、葺き土がないと瓦を葺くことができません。
泉南市の棟に太いビスを埋め込みます
続いて、太い銅線を通した長いビスを棟の中の葺き土に埋め込みます。
このビスは、鬼瓦を引っ張って固定するためのものです。ビスにくくり付けた銅線の端を鬼瓦に通して引っ張って固定します。
泉南市で太い銅線で鬼瓦を固定
ビスにくくり付けた銅線の端を鬼瓦に通して固定しました。
銅線を切れにくくするため、以前よりも太い銅線を使用しています。銅線は、葺き土の中に埋まっていますので、動きにくくなっています。
泉南市の屋根の両側にのし瓦を積みます
両側の屋根面に雨水が流れ落ちるようにのし瓦に角度を付けて積み上げます。
経年で下地の土が痩せたり、雨水が浸入して土が流れると、のし瓦の勾配が狂って棟の内側に雨水を呼んでしまい、雨漏りすることがあります。
泉南市の棟の最上部に冠瓦を積みます
O様邸はのし瓦を2段、その上に冠瓦をのせる形状ですので、既存と同じように復旧します。
冠瓦を積むときは、瓦との間に空洞ができないように葺き土を多めにのせます。
昔は、棟瓦をより高く積み上げる方が豪華だと言われていましたが、高ければ高いほど風や地震の影響を受けやすくなりますので、現在はそのことを踏まえた形状にする住宅が増えています。
泉南市の降り棟を修復しました
冠瓦を積んで降り棟を復旧しました。
はみ出た葺き土は水で濡らしたスポンジできれいに拭き取りました。
釉薬瓦は、初めはこのように艶がありますが、経年で表面のガラス質が傷んで色褪せてきます。どの屋根材でもそうですが、部分的な修理の場合、どうしても新旧の差が出てしまいます。
泉南市の棟に銅線を通してしっかりと固定
O様邸の棟は銅線を瓦の一カ所にしか通しておらず、銅線の間から抜け落ちる可能性がありましたので、今度は冠瓦の両端を銅線で押さえてしっかりと固定させていただきました。
そして瓦同士をコーキングで繋いで固定し、ズレや飛散を防止しました。
泉南市の割れた瓦はすべて差し替えました
O様邸は台風の影響で地瓦(屋根面の瓦)が数枚割れていました。
瓦が割れて隙間が空くと、雨水が浸入して雨漏りすることがありますので、割れた瓦はすべて新しい瓦に差し替えました。
泉南市の樋の中はきれいに掃除します
工事中は、既存の葺き土がパラパラと落ちます。
修理後、屋根面を整えて、最後に樋の中もきれいに掃除します。
屋根の修理が終わって安心していたら、樋が詰まっていた!ということにならないよう、必ず確認させていただいております。
泉南市のベランダの風除けの波板も張り替えました
O様邸は2階のベランダに設置している風除けの波板も割れて飛散してしまいました。
ご相談の時に、こちらの波板もすべて張替えてほしい、とのご希望でしたので、耐久性のあるポリカーボネート製(ポリカ波板)に張り替えました。ポリカ波板は衝撃に強いので、物がぶつかっても割れることはほとんどありません。

台風の影響で、屋根の瓦が大量に飛散し、軽量の瓦に葺き替えられる住宅も増えています。街の屋根やさん岸和田店は、屋根の葺き替えのご相談も承っておりますので、ご検討されている方はい気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

泉南市のO様邸の釉薬瓦の搬入

2019/12/12/ 泉南市の屋根瓦の修復で既存の葺き土を水で湿らせて新しい土をのせました

泉南市の降り棟の修復工事です。台風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟の瓦が崩れて地面に落下してしまいました。棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。対して降り棟は、軒先方向に斜めに降りている棟を指します。どちらも屋根同士の取り合いになるので、雨...........

泉南市で台風で瓦が破損したとのご相談

2019/12/11/ 泉南市のJ形の釉薬瓦の屋根のご相談で屋根全体を調査しました

泉南市の屋根の調査にお伺いしました。台風の後に、家の周囲を確認しに表に出ると、庭先に割屋根の瓦が数枚落ちていて、下から見上げると屋根の一部が崩れていたとのことです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747