忠岡町の片流れの屋根の波型スレートを張替えて雨樋も交換!


泉北郡忠岡町の台風被害に遭った納屋の屋根の張り替えをご紹介します。H様邸の納屋の屋根は波型スレートを使用しており、台風の時に物がぶつかったのか穴が開いていたり、数枚飛散している状態でした。
忠岡町の納屋の屋根を張替えます
忠岡町の合板をめくって波型スレートを張替えます
台風の後にご近所の方が屋根に合板を張ってその上にブルーシートを張ってきちんと養生してくださっていたので使用できていますが、いよいよ本復旧工事の日を迎えました。
波型スレートを張替え、破損した雨樋を交換し、木製テラスの骨組みの補強や波板の張り替えなどを行いました。
忠岡町の納屋の養生の合板と既存スレートを撤去
納屋の屋根のブルーシートをめくって、養生の合板も撤去しました。
屋根に残っていた既存の波型スレートもすべて撤去し、新しいスレートを張っていきます。
忠岡町の納屋に新しい波型スレートを張ります!
波型スレートを端から順に重なり代をとって張っていきます。
波型スレートとはセメントを主原料とし、補強繊維を加圧加工した波型の屋根材です。工場や倉庫、ガレージの屋根などでよく見かける屋根材です。
波型スレートに電動ドリルで穴をあけてかさ釘で固定していきます。
忠岡町の波型スレートをパッキン付きのかさ釘で固定
波型スレートを固定した様子です。
かさ釘とは供御の頭の部分に座金をかしめた釘のことで、波板の形に合うようになっています。パッキン付きですので、波板のバタつきを軽減でき、雨水の浸入を防止することができます。釘部分には抜けにくいスクリュー加工を施しています。
忠岡町のスレートをカットする時は粉塵が出ます
職人が電動カッターで波型スレートを加工している様子です。カットする時はたくさんの粉塵が出ます。
2003年よりも前の波型スレートにはアスベストが含まれていましたが、人体に深刻な悪影響を与えることが問題となり、2004年以降はアスベストを使用していない波型スレートが普及されています。

忠岡町の納屋の屋根の棟を包みます
H様邸の納屋は片流れの屋根です。
棟(屋根の一番高い水平部分)の仕舞で、曲げ加工を施した役物を取付けます。
L字型に近い形状で、屋根面から側面にかけて覆うことができます。
忠岡町の片流れの屋根の棟からの雨水の浸入を防ぎます
棟に役物を並べて取付けます。これで棟からの雨水の浸入を防ぐことができます。
忠岡町の納屋の樋の受金物を取付けます
破損した樋を交換します。
(※詳しい被害状況は下のリンクより前回の記事をご覧になってください)
軒樋を支える受金物を一定間隔で取付けていきます。
忠岡町の納屋の樋の入替完了
受金物に軒樋をはめ込んで固定しました。
飛散した集水器(雨水を集めて竪樋に排出する部材)や呼び樋、竪樋も交換しました。
忠岡町のテラスを金物でしっかりと補強
H様邸の1階の木製テラスは台風の強風で、本体ごと浮き上がってしまい、垂木(屋根を支える木材)がズレていました。
ズレを戻して補強金物でしっかりと固定したので安心です。
忠岡町のテラスにポリカ波板に張り替え完了
2階のテラス屋根の波板はすべて飛散していたので、ポリカ波板に張り替えました。
ポリカ波板は衝撃に強く耐久性がありますので、割れる心配がなく長期にわたって使用できます。
「これで安心して納屋を使えるし、洗濯物を干した時に雨を気にしなくて良くなり嬉しいです」

H様にお喜びいただけて良かったです。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の屋根の瓦が大きくズレています

泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。