オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町で台風でセメント瓦の棟がズレて割れている箇所もありました


忠岡町のI様より「台風で棟の瓦が剥がれたので調査をお願いします」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
I様邸はお隣の住宅との間が狭く屋根が接近しています。台風の後にお隣の方がご自宅の屋根に上がって状況を確認した時に、I様邸の棟の瓦がめくれていることに気が付き、応急的に元に戻してくれた、とのことです。
棟とは屋根の頂部の水平部分のことで、雨仕舞で瓦をのせいています。(使用する屋根材によって異なります)
忠岡町で棟の瓦がめくれたとのご相談
I様邸は2階建ての住宅で、お隣の建物が接近している為はしごを建てる箇所が前面しかありませんでした。前面にはベランダがありテラス屋根が設置されていたのでそこにはしごを建てることになったのですが、はしごが滑ると危険ですのでベランダの手すりにくくり付けて慎重に屋根の上に上がりました。
屋根の調査では、棟の瓦がズレている箇所があり、飛散した部分が分かりました。また、軒先や地瓦が数枚割れて、ベランダの波板も浮いていました。
忠岡町のセメント瓦です
I様邸の屋根はセメント瓦を使用しています。
セメント瓦はセメントが主な材料で、塗料や顔料によって色付けして防水性能を持たせています。塗膜はどうしても経年で傷んできますので、定期的な塗り替えが必要な瓦です。

真ん中に被害に遭った棟が見えますが、応急的に処置されていたので写真で見た感じでは被害箇所が分かりませんが、よく見ると棟の瓦が左右に波打っています。
忠岡町の棟の瓦がズレています
角度を変えて確認すると、棟の瓦がズレていることがよくわかります。
棟は屋根の一番高いところに位置していますので、強風が吹いた時に影響をまともに受けてしまいます。
台風の時に棟の瓦が動いてズレたり剥がれてしまったのでしょう。手で触ると動いている箇所があったので、被害に遭った部分を確認することができました。
忠岡町の棟の漆喰が剥がれています
棟瓦と下にある地瓦(屋根面の瓦)との間の隙間を埋めるために漆喰が詰められているのですが、経年や雨風の影響で剥がれている箇所がありました。
漆喰は瓦を固定する役割も担っていますので、漆喰が剥がれると固定力が弱くなってしまいます。
忠岡町の棟に隙間が空いています
上から見ると、瓦がズレて隙間が空いている箇所もありました。
棟瓦は、棟部分の隙間を隠して雨水が浸入するのを防ぐ雨仕舞の役割がありますので、このように隙間が空いてしまうと雨水が内部に浸入して雨漏りする可能性があります。
忠岡町で下から見ると光が漏れています
屋根に上がる前に、周囲に(雨樋など)被害がないか確認したところ、軒樋(横方向の雨樋)の際から光が漏れている箇所があるのを見つけました。ここから雨水が落ちてくるとのことです。
樋が割れているようにも見えますが、このことを踏まえて屋根に上がると原因がすぐに判明しました。
忠岡町の軒先の瓦が割れています
軒先の瓦が割れて欠損し、隙間があいていました。
この隙間から光が漏れている状態で、雨樋に被害はありませんでした。
雨樋に被害はなかったのですが、軒先瓦が割れたことで雨水が樋まで到達せず、そのまま下に落ちている状況です。
忠岡町の瓦が割れています
他にも、地瓦が割れている箇所がありました。
棟部分は面積が狭く雨水が当たる面も少ないということ
から被害に遭っても入る水も少量と言えますが、地瓦は雨水が流れ落ちてくる箇所ですので割れたり隙間が空くと雨漏りする可能性が高くなってしまいます。
修理の際は割れた瓦はすべて差し替えます。
忠岡町の波板がめくれています!
前面のベランダの波板が風を受けて継ぎ目が浮き上がっていました。波板を固定しているフックが塩ビ製で経年で割れやすい状態になり、強風に押されて割れてしまったのが原因です。波板は破損していないので、新しいフックに交換して固定しなおすことになりました。
棟の瓦は全体的に動いていたので、端から端まで仮撤去し、粘度のある新しい葺き土を敷いて再固定する工事を行います。その時に今後、瓦が動くのを防ぐためにシーリングを用いて補強します。

次は工事の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

忠岡町で棟の瓦がめくれたとのご相談

2020/01/31/ 忠岡町で台風でセメント瓦の棟がズレて割れている箇所もありました

忠岡町のI様より「台風で棟の瓦が剥がれたので調査をお願いします」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。I様邸はお隣の住宅との間が狭く屋根が接近しています。台風の後にお隣の方がご自宅の屋根に上がって状況を確認した時に、I様邸の棟の瓦が...........

忠岡町で昇降用の足場を建てました

2020/02/01/ 忠岡町の棟瓦取り直し工事で銅線とシーリングでしっかりと固定

忠岡町の棟瓦取り直し工事です。お隣の方が台風後にご自宅の屋根に上がった時にI様邸の棟の被害に気付き、めくれた瓦を応急的に元に戻してくれたそうです。I様邸の屋根は地上から全く見えないので、応急処置をしてもらっていましたが状況が分からず不安だっ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747