オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

和泉市の土葺きの瓦屋根をシーリングでラバーロックして棟も補強


和泉市の台風被害に遭った屋根をシーリングなどを使用して補強しました。

S様邸は木造・2階建ての住宅で、屋根は土葺き工法です。
台風で屋根の瓦が落下したり割れる被害を受けました。
また、経年で瓦の固定力が低下している状態で、全体的にズレが生じていました。

台風の被害箇所を修理するだけでは、今後の自然災害でまた被害を受ける
可能性があるため、シーリングで瓦同士を繋いで固定し、飛散やズレを防止することになりました。
その工法のことを「ラバーロック」と言います。

泉大津市で行うラバーロック工法について
●● ラバーロック工法ってどんな工法? ●●

ラバーロック工法とは、シーリングを使用して瓦同士を繋いで補強する工法のことです。

■ ラバーロックは瓦屋根の補強で有効なの? ■

土葺きの瓦屋根は、粘り気のある土に瓦を密着させて固定していますが、経年で土が乾いたり雨水の浸入などで痩せてくると瓦の固定力が弱くなり、ズレやすくなります。
土を入れ替えるとまた固定されますが、そうすると瓦を葺き替えるのと同じくらい費用が掛かってしまうため、現実的ではありません。

その時に行う屋根の補強工法がラバーロックです。



ラバーロックを行うと、瓦同士が繋がりますので、風や地震で瓦が
バラバラに飛散するのを防ぐことができます。

ラバーロックは瓦屋根の補強で有効ですが、見た目が悪くなるなどのデメリットもあるため、
内容を確認したうえで依頼しましょう。

「家の屋根もだいぶ古くなってきてるから、ラバーロックをしてもらおうかな・・」
と、ご検討されている方、または「ラバーロックについてもっと詳しく勉強したい!」という方へ
↓↓↓↓

瓦のズレの修正とラバーロックの様子

和泉市の瓦がズレています
● S様邸の屋根は葺き土が乾燥・痩せてきている状態で、瓦が全体的に動いている状態でした。

今後の自然災害での被害を抑えるため瓦のズレを修正してシーリングでラバーロックすることになりました。

■ 瓦がズレるとどんなことが起こるの? ■

瓦がズレると隙間があき、そこから雨水が浸入して雨漏りしたり、瓦の内側に雨水が入り込むことで土が流れて屋根の耐久性がどんどん低下してしまいます!



和泉市の瓦のズレを戻します

● ゴムのハンマーを使用して瓦のズレを修正しました。

下から「トントン」と叩いて瓦を持ち上げていきます。

瓦のズレを1枚1枚修正していきますので、作業に時間がかかります。

ズレを修正してからラバーロックを行わないと、瓦がズレた状態のまま固定されてしまい、かえって悪影響を与える危険性があるので注意しましょう。



和泉市でシーリングで瓦を繋いで補強
● 瓦のズレを修正してからシーリングでラバーロックします。

シーリングは乾くと弾力のあるゴム状になります。
隙間やひび割れを塞いで防水したり、物同士をくっつける時に使用する建材です。

シーリングが目立たないように瓦に似た色を採用しました。

和泉市で瓦のラバーロックを行いました
◇◆ ラバーロックの際のシーリングを充填する箇所は瓦の山の部分とその側面と決まっています ◇◆

瓦の下端にシーリングを充填すると、隙間が塞がれて「毛細管現象」
引き起こして雨漏りを誘発する危険性があるため、絶対に充填してはいけません!

毛細管現象とは・・細い隙間に水分が吸い上げられる現象のこと

☆ ラバーロックを行ったことで「雨漏りした!」と、ならないよう、
仕組みや工法を熟知した業者に依頼しましょう!


街の屋根やさん岸和田店は、屋根の構造や修理の方法を熟知した屋根職人が作業を行います。
「瓦のズレが無いか心配」・・という方はお気軽にご相談くださいね。

屋根工事のご相談・ご依頼が初めてで不安な方へ
↓↓↓↓

台風や地震の被害を受けやすい袖瓦を補強します!

和泉市の袖瓦を固定します
● 袖瓦ってどの部分? ●

袖瓦は切妻屋根(三角屋根)などの破風部分(妻側の端)に葺く瓦のことです。

袖瓦は屋根の一番端に葺かれていますので、横方向からの風をまともに受けますし、落下しやすい瓦です。

S様邸の袖瓦は台風の強風でズレていたので、ズレを戻してから1枚1枚ビスで固定することになりました。



和泉市の袖瓦はビスで固定
● 袖瓦に穴をあけ、瓦補強用の長いビスで締め付けて固定します。

袖瓦を固定するためにもともと穴があけられていることがありますが、屋根の下地の位置と瓦の穴が合っていませんでした。(合う場合もあります)

そのため、新たに瓦に穴を開け直し、固定作業を行いました。


和泉市の袖瓦のビス頭にシーリング充填

● ビス頭から雨水が染み込まないようにシーリングを充填してきちんと防水しました。

ビスは瓦の下の下地まで達していますので、下地に水が廻らないようにきちんと処置しないといけません。

瓦を1枚1枚ビスで固定したので、落下するリスクが少なくなりました。

棟瓦の補強の様子

和泉市の棟瓦を補強します
● 棟瓦も銅線とシーリングで補強します。

棟は屋根の一番高い位置の水平部分のことで、棟に葺く瓦のことを「棟瓦」と言います。

棟は屋根面同士の継ぎ目になり、その継ぎ目から雨水が入るのを防ぐために瓦を積み上げています。

また、瓦を最後に固定する役割を担っているのが棟瓦になります。


和泉市の棟瓦をシーリングで固定
● 棟瓦は屋根面よりも高く積み上げている為、風や地震の揺れの影響をまともに受けてしまいます。

自然災害での被害を少なくするために、棟を端から端まで補強することになりました。

棟の頂部に葺いている紐丸瓦がバラバラに飛散しないようにシーリングで繋げて固定しました。


和泉市の棟を銅線で固定
● 瓦がバラバラに飛散しないように銅線を通して補強しました。

棟の四角いのし瓦の横方向から両側にビスを打ち付けて、そこに太い銅線を通して棟瓦が崩れないように補強しました。

これで風や地震時に備えることができました。




屋根の補強完了

街の屋根やさんの無料点検

● 屋根修理はもちろん点検も街の屋根やさん岸和田店にお任せください!

雨漏りで傷んだ内部の修理も承っております!

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747