岸和田市の棟の積み直し工事/のし瓦の下に地瓦を一枚追加しました!


岸和田市で棟を積み直します
岸和田市で和室の天井に雨漏りが発生したとのご相談で、現地調査を行い、棟の瓦を積み直すことになりました。
雨漏りの被害に遭った和室は一階建ての屋根の下のお部屋で、天井に雨染みが残っており、急な雨漏りで驚かれたそうです。

雨漏りしているお部屋の上の屋根を確認すると、瓦のズレや漆喰の剥がれなどもなくきれいに見えましたが、雨水が浸入しやすくなっている箇所がひとつありました。それが、今回工事する「棟」です。
棟は屋根の一番高い位置にある水平部分のことで、実は雨漏りの原因になることが多い箇所です。
岸和田市の棟へののみ込みが少ないです
棟は漆喰や葺き土を下地にして、のし瓦という四角くて平たい瓦を数段積み上げて、最後に雨仕舞の冠瓦を載せています。棟のすぐ下の地瓦(屋根面に葺く瓦)が、棟に少ししかのみ込んでいなくて、雨水が棟の中に浸入しやすい状態になっていました。
(漆喰の下の地瓦が幅が広くて雨水が切れずに滞在してしまう傾向にあるため)
岸和田市の棟の下に地瓦を一枚追加します
棟に瓦があまりのみ込んでいないと、吹上げの雨や大雨の時に、棟付近に打ち付けた雨水が棟の中に浸入した時にすぐに下地の土にぶつかり、瓦の裏に廻ってしまいます。また、漆喰の下の瓦が幅広いので水が滞在しやすく、漆喰が水を吸い込む量が増えます。そうなると、下地の傷んだ部分から雨水が染み込んで雨漏りに発展する可能性があります。
ですので、瓦ののみ込み代を確保するために、カットした地瓦をもう一枚追加してから棟を積み上げることになりました。
岸和田市の瓦のコーキングを切って解体します
地瓦を追加するには既存の棟を一旦解体しないといけません。
T様邸の瓦は、ズレ防止で要所要所にコーキングを充填しているので瓦同士がくっついています。
ですので、カッターでコーキングを切らないと瓦がバラバラになりません。
岸和田市の瓦についているコーキングを落とします
瓦をばらした後、瓦に付いたコーキングをカッターでそぎ落とします。
一枚一枚作業するので、これが結構多変なのです。
既存の瓦を再利用するので、コーキングが裏面に残っていたりすると、バランスが悪くなりますし、仕上がりの見た目にも影響がでますので、この作業は必須です。
岸和田市の土・のし瓦も解体します
冠瓦を撤去すると、下地の土が見えてきました。
続いて土・のし瓦も撤去していきます。

めくった瓦は再利用するので、コーキングをそぎ落としてきちんと並べておきます。
岸和田市の雨漏りしている屋根
棟の解体が終わりました。
向かって左側が雨漏りしている屋根です。
黄色い点線部分が、棟の漆喰があったラインで、だいたいその上あたりに棟ののし瓦があります。
雨漏りしていない屋根の方は、幅広く棟に飲み込まれていますが、雨漏りしている屋根は棟ののみ込み代が少ないのがよく分かります。
岸和田市の棟の幅が広いです

写真を見ると、棟の幅が広く、その分下地の土が露になっていることが確認できます。
ここにそのままの地瓦は葺けないので、短くカットした瓦を葺くスペースは充分あります。
そうすると、棟の幅が今よりも少なくなると同時に、地瓦が棟の中まで入ることになります。
岸和田市で使用するカットした地瓦
事前に用意していた瓦を、短くカットしておきました。
既存の瓦と同じ瓦はもう製造されていなかったので、似た瓦を代用します。
岸和田市の棟にカットした地瓦を足しました
下地の葺き土を敷き、その上に短くカットした地瓦を並べました。
これにより、棟の下地の露出が少なくなり、漆喰の際に水が溜まるのも抑えられます。(瓦が短いので雨水が切れやすい)

岸和田市の棟に水糸を張ってなんばん漆喰をのせます

続いて、水糸を張ってなんばん漆喰をのせていきます。
水糸とは、ブロック積みや建物のラインをとる時に、水平線を示すための糸のことです。
水糸に従って、のし瓦を積み上げていきます。
岸和田市の棟にのし瓦を葺きます

保管しておいたのし瓦を、水糸を基準に水平に並べて葺いていきます。
漆喰は、瓦と瓦をくっつける役割と、中の土に水が浸入するのを抑える役割があります。

屋根面の両側に棟ののし瓦を葺いていきます。
岸和田市の棟ののし瓦二段目
棟瓦を固定するためのステンレス線を入れて、葺き土をのせてのし瓦二段目を積み上げます。
T様邸の棟ののし瓦は3段でしたので(建物によって段数は異なります)元通り復旧します。
岸和田市の棟に冠瓦を載せて固定
のし瓦を3段積み上げて、一番上に冠瓦を載せてステンレス線でしっかりと固定しました。
表に見えている漆喰は、表面をコテで押さえてきれいに仕上げます。
岸和田市の鬼瓦の取り合いも漆喰で仕上げます
鬼瓦の取り合いにも漆喰を多めに塗って仕上げます。
これで、鬼瓦もしっかりと固定でき、この部分からの雨水の浸入を抑えることができます。
岸和田市の棟の取り直し完了です
棟の取り直しが完了しました。
漆喰は、のし瓦より3㎝ほど奥で施工しています。
のし瓦に近いところに漆喰があると、のし瓦から伝ってきた雨水を吸収してしまうので、奥で仕上げました。
屋根は年中、雨風や紫外線に晒されて過酷な状況にあります。
屋根材の改良などで、性能は上がってきていますが、繊細な部分でもあります。ちょっとしたことで雨漏りに繋がってしまうことがありますので、一度も点検されていない方は、この機会に業者に見てもらうといいでしょう。

街の屋根やさん岸和田店でも、屋根の点検を行っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談くださいね。


同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の降り棟の瓦が飛散

岸和田市にお住いのN様より「台風で屋根の瓦が大量に落ちてしまったんです。修理もお願いしたいんですが、とりあえず応急処置だけでもしてもらえませんか?」とのご相談があり、現地調査後、シートで養生(応急処置)させていただきました。

岸和田市の瓦屋根の調査に伺いました

岸和田市のS様より「台風で鬼瓦が落下して瓦も割れてるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

泉大津市の瓦が落ちて雨漏りしたとのご相談です

岸和田市のお住いのN様より「台風21号で棟や屋根の瓦が数枚破損して雨漏りしたんです。雨漏りか所はなんとか自力で補修したので急いでないですが、見積をお願いします」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。