オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町の浮き上がった屋根の棟板金をビスで固定しました!


忠岡町で棟板金の固定工事を行いました。

お隣の方に「窓から板金が浮いているのが見える」と教えていただき、
街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。


忠岡町の棟板金が浮いているとのご相談
●●● I様邸は木造・2階建ての住宅です ●●●

屋根には化粧スレートを葺いていて、棟には板金を取付けています。

黄色い点線部分の板金が浮いている、とお隣の方に教えていただき、心配されていました。

下から見てもよく分からないので、確認して固定してほしい、とのご希望です。

棟板金ってどの部分?

熊取町の水平棟と降り棟の参考写真

「棟板金」と聞いても、どの部分かわからない方がいるかもしれません。

屋根面と屋根面の取り合い部分のことを「棟」と言い、横方向の棟を「水平棟」または「大棟」、軒先方向に向かって下りる棟を「降り棟」と言います。

そして、棟の隙間を埋めるために取り付けられた板金を「棟板金」と言います。

棟板金と貫板
棟板金を屋根面に直接打ち付けると、釘やビスが屋根の下地まで達します。そうすると、釘を伝った雨水が内部に浸入したり、下地を腐食させてしまうので、先に「貫板」という長い下地板を設置し、その上に板金を被せて固定しています。

板金を固定する際には横方向から留め付けますので、釘は貫板だけに通ることになります。更に、貫板を固定している部分は板金に隠れて見えなくなるので、雨仕舞のいい仕上がりになります。

代表・山中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「棟板金が飛ばないか心配・・」
「棟板金が剥がれている」

など、心配されている方へ
棟板金交換の費用などを詳しくご紹介しています
↓↓↓↓

棟板金固定工事の様子

忠岡町の棟板金を固定している釘が緩んでいます
I様邸の浮き上がっている板金は2階の屋根の降り棟の先端です。

はしごを立てて確認すると、板金を固定している釘が緩んで抜けてきていました。

棟は屋根の高い位置にあり、日々風や揺れの影響をまともに受けています。そのため、釘が緩み、次第に抜けてくることがあるのです。

忠岡町の棟板金が浮いています

横方向から確認すると、板金が浮いている状態でした。

板金を固定している釘が緩んだり抜けてしまうと、強い風が吹いた時に板金が飛ばされてしまいます。

上記で、風や揺れの影響で釘が抜けてくるとご説明しましたが、貫板が劣化しても釘が効かなくなるので、固定力が弱くなってしまいます。

忠岡町の棟の反対側はビスで固定されていました
棟板金は棟に被せて取付けている為、両方の屋根面で固定されています。

反対側を確認すると、この面はビスで固定されていました。

片方だけでもビス留めされていたので、先端の板金の飛散を防げていたかもしれません。

忠岡町の棟板金をビスでしっかりと固定しました
板金が浮いた状態だと隙間に風が吹き込んでめくれ上がってしまう可能性があるため、既存の釘を抜いてビスでしっかりと固定させていただきました。

梯子作業ですので、先端部分の板金と手が届く範囲になりますが、浮き上がっている部分はきちんと補強できました。

忠岡町の棟板金固定完了
今回ははしごを立てるスペースがあったので、梯子作業が可能でしたが、屋根の修理はほとんどの場合、足場が必要になります。

また、足場があれば屋根の上に上がることができますので、降り棟全体を処置することも可能でした。

ですが、費用面も踏まえて「浮き上がっている箇所だけの固定」という内容で、工事をしてほしいとのご希望でした。


屋根調査は街の屋根やさん岸和田店へ!

●● 台風や地震、悪天候後などは、ご自身でできる範囲で周囲を点検しましょう ●●

屋根は建物を外気から守る重要な役割を担っています。

出来るだけ早く異変に気付くことが被害の拡大を抑えることに繋がります。
↓↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご自身で屋根に上がる行為は大変危険です!
落下すると命に係わりますので絶対に上らないでください。

☆☆ 本格的な調査は街の屋根やさん岸和田店にお任せくださいね ☆☆

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747