和泉市でカラーベストの屋根の棟板金と波板が飛散し調査に伺いました


和泉市の棟板金などの調査
和泉市でカラーベストの屋根の棟板金とテラスの波板が飛散したとのご相談で現地調査にお伺いしました。

カラーベストとは屋根材のひとつで、新築や葺き替えなど、幅広く使用されています。ケイミュー株式会社という屋根材メーカーが販売している屋根材で、施工性がよく軽量なので、屋根にかかる負担を抑えることができます。

カラーベストの屋根の棟(屋根の頂点)には必ず板金が施工されており、その板金がめくれてしまったということです。
和泉市の棟の板金が飛散しています

屋根に上がって確認すると、大棟(一番高い屋根の棟)の板金が一部飛散していることが分かりました。

棟の板金は下地の貫板(ぬきいた)に向かって釘留めされていますが、風や地震の影響で釘が緩んでくることがあります。釘が緩むと板金がバタついて外れやすくなってしまいます。
和泉市の大屋根の棟に防水テープを貼って処置されていました

棟の板金がめくれると、屋根材の隙間から雨水が浸入して、内側を濡らしてしまいます。

屋根材の下にはルーフィングという防水シートがありますので、その防水シートが傷んでいなければすぐに雨漏りすることはありません。ですが、湿気の影響で下地の野地板が腐食するといけないので必ず修理しましょう。

こちらのお宅は、ご主人様が屋根の上に上がって飛散した棟板金部分に防水テープを貼って応急処置されていました。

和泉市の下屋の降り棟の板金も飛散しています
下屋(下屋根)の降り棟の板金も2か所飛散していました。

降り棟とは軒先に向かって下りる棟のことで、2カ所とも鼻先(軒先)部分の板金が飛散していました。



和泉市の棟の下地の貫板がむき出しです
板金が飛散して下地の貫板がむき出しになっています。

貫板は木材ですので、雨に濡れると次第に腐食してきます。
貫板が腐食すると、板金を留めている釘が効かなくなって飛散する原因になります。
和泉市の下屋の板金の形を整えて留めていました!
下屋の水平棟と降り棟の取り合い部分の板金もめくれたのか、形を整えて固定し応急処置されていました。
和泉市の大棟の板金も処置されていました
大棟の板金も、形を整えて処置されていました。
使えそうな板金は再利用し、破損がひどい板金と飛散した部分は新しい板金に交換します。
和泉市のスレート瓦が少し浮いています
カラーベスト(瓦)が浮いている箇所がありました。
カラーベストは下端に僅かな隙間がありますので、そこに強風が入り込むと浮いたりめくれたりすることがあります。台風21号でもカラーベストが飛散したというお問い合わせが多数ありました。
和泉市のスレート瓦が割れている瓦もありました
カラーベストが割れている箇所もありました。
経年劣化でこのように割れることもありますが、台風などで物が飛散してぶつかり割れることもあります。
割れが少ない場合は応急的にコーキングで処置することも可能です。
和泉市の波板に数か所穴が開いています

玄関側にあるベランダのテラスの波板に何かが当たったのか数か所で穴が開いていました。
この波板は塩ビ製(塩化ビニール)で、変形や変色が見られることから、硬化して割れやすい状態だったようです。
塩ビ製の波板は柔らかくて加工しやすいので昔は多くの住宅で使用されていました。ですが、経年で硬化して割れやすくなるため、最近では丈夫で長持ちするポリカ波板が主流です。
和泉市の裏の波板はすべて飛散
裏側にあるベランダの波板はすべて飛散していました。
玄関側のテラス屋根も合わせてポリカ波板に張り替えるご提案をさせていただきました。
ポリカ波板は衝撃に強く割れにくいですし、塩ビ製のように変形や変色も少ないので長期にわたって安心してご使用いただけます。

後日、作業用の足場を設置して板金と波板の復旧工事を行うことになりました。

街の屋根やさん岸和田店は、波板の張替えのみの工事や棟板金の点検なども行っておりますのでお気軽にご相談下さい。



この工事の現場ブログ

和泉市の棟板金などの調査

2019/01/15/ 和泉市でカラーベストの屋根の棟板金と波板が飛散し調査に伺いました

和泉市でカラーベストの屋根の棟板金とテラスの波板が飛散したとのご相談で現地調査にお伺いしました。カラーベストとは屋根材のひとつで、新築や葺き替えなど、幅広く使用されています。ケイミュー株式会社という屋根材メーカーが販売している屋根材で、施工...........

和泉市の棟の板金が飛散しています

2019/03/19/ 和泉市で強風で棟板金が飛散し傷んだ貫板も一緒に交換しました!

和泉市で台風の強風でテラスの波板がすべて飛んで、屋根の板金もめくれてしまった、とのご相談で、現地調査後、棟板金交換工事を行いました。Y様邸は化粧スレート(平型の屋根材)で、棟に取付けている板金が飛散してしまい、回収して形を整え仮止めして応急...........

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の住宅で一部足場を建てました

和泉市で台風被害で屋根のドーマー部分の棟板金やカラーベストが飛散し、修復工事を行いました。台風直後に業者に見てもらったそうですが、工事費用が予想以上に高く、別の業者に見てもらおうと、街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。

泉大津市の屋根材がめくれています

泉大津市の台風被害に遭った住宅の屋根修復工事のご紹介です。化粧スレート(平型の薄い屋根材)の屋根で、台風の強風でスレートが数枚めくれて棟の板金も飛散していました。

阪南市で棟板金などのご相談で現地調査

阪南市にお住いのO様より「台風で屋根の棟板金が飛ばされたんです」とのご相談があり、現地調査を行い棟板金復旧工事を行いました。