和泉市で強風で棟板金が飛散し傷んだ貫板も一緒に交換しました!


和泉市で台風の強風でテラスの波板がすべて飛んで、屋根の板金もめくれてしまった、とのご相談で、現地調査後、棟板金交換工事を行いました。
Y様邸は化粧スレート(平型の屋根材)で、棟に取付けている板金が飛散してしまい、回収して形を整え仮止めして応急処置されていました。
和泉市の棟の板金が飛散しています
屋根の被害状況です。
棟の板金が飛散していました。

棟とは屋根と屋根とが合流する頂点部分のことで、その取り合いの隙間を埋めるために板金を被せたり瓦を積み上げています。
和泉市の下屋の降り棟の板金も飛散しています
降り棟(軒先に向かって降りる棟)の板金も飛散していました。
板金は下地の貫板に釘留めされていますが、風や揺れ等の影響で、その釘が抜けてきて板金がズレたり飛散することがあります。
修理工事では、板金を釘留めするのではなく、抜けにくいビスで固定します。
和泉市の傷んでいる貫板を撤去!
修理工事の様子です。
変形した板金では隙間から雨水が入り込んでしまいますのですべて交換することになりました。
応急処置で戻していた板金を取り外して、傷んでいる貫板も撤去しました。

貫板が腐食すると、板金を留めている釘が効かなくなり、また飛散してしまいます。
和泉市の棟の貫板をしっかりとビス留め

傷んだ貫板を撤去して、新しい貫板を取付けました。

貫板は屋根面に向かってしっかりとビス留めします。

貫板の腐食が進むと、ビス留めしているところから割れて、貫板も飛散することがありますので、修理工事の際には傷んでいる貫板の交換は必須です。
和泉市の既存の貫板もビス留めします
既存の貫板も飛散を防止するため、ビス留めして固定しました。
和泉市の貫板と屋根との取合にコーキング充填
貫板の上には板金を被せるので濡れにくいですが、雨の量が多い日や吹き降りの雨の時には板金の隙間から雨水が少なからず入ってしまいます。貫板が濡れると劣化が進みますので、際にコーキングを充填して防水しました。
和泉市の板金をビス留めします
続いて板金を被せて固定しました。
板金の上から留めると雨水が染み込んで雨漏りの原因になることがありますので、横方向からビス留めします。
和泉市の板金の継ぎ目はコーキングで防水
板金同士の継ぎ目にはコーキングを充填して防水します。
板金同士の継ぎ目からも雨水が入ることがありますので、必ず処置します。
和泉市の板金の上からもコーキング充填
板金を取付けた後、板金の継ぎ目の上からもコーキングを充填して防水しました。
和泉市の棟板金交換完了
棟板金の交換完了です。
今後も、強い台風が上陸する可能性がありますので、被害を少なくするためにもしっかりと処置させていただきました。
街の屋根やさん岸和田店は、棟板金の点検、交換など承っております。
「強風で板金が飛んで、近所の車に当たって傷をつけてしまった」
「落下した棟板金が通行人に当たった」
など、被害を与えてしまう可能性もありますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

和泉市の棟板金などの調査

2019/01/15/ 和泉市でカラーベストの屋根の棟板金と波板が飛散し調査に伺いました

和泉市でカラーベストの屋根の棟板金とテラスの波板が飛散したとのご相談で現地調査にお伺いしました。カラーベストとは屋根材のひとつで、新築や葺き替えなど、幅広く使用されています。ケイミュー株式会社という屋根材メーカーが販売している屋根材で、施工...........

和泉市の棟の板金が飛散しています

2019/03/19/ 和泉市で強風で棟板金が飛散し傷んだ貫板も一緒に交換しました!

和泉市で台風の強風でテラスの波板がすべて飛んで、屋根の板金もめくれてしまった、とのご相談で、現地調査後、棟板金交換工事を行いました。Y様邸は化粧スレート(平型の屋根材)で、棟に取付けている板金が飛散してしまい、回収して形を整え仮止めして応急...........

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。