オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市で二階の天井に発生した雨漏りで瓦屋根の調査を行いました!


岸和田市の雨漏りの現地調査
岸和田市の住宅で、二階の和室の天井に雨漏りしているとのご相談で現地調査にお伺いしました。
こちらのお宅は瓦の屋根で、雨漏りしていたお部屋にはあまり入ることが無いそうですが、台風の後に入った時に雨水がポタポタ落ちていることに気づかれたそうです。ですので、以前から雨漏りしていたかもしれない、とのことでした。

じわじわと長く続く雨漏りもあれば、雨が降った直後しか出ない雨漏りもありますので、あまり入らないお部屋での雨漏りの場合は気づくのが遅くなることがあるかもしれません。また、押入れの中に発生した雨漏りも気づきにくいことが多いので、大雨の後に一通り点検するのもいいでしょう。
岸和田市の二階の和室天井の雨漏り調査
こちらが雨漏りしていた箇所です。
天井板の状態を見ると雨が染みてささくれている部分もあったので、最近の雨漏りではないようでした。
「ふと部屋に入ったら雨漏りしていたからびっくりしたんです」と驚かれていました。

岸和田市の屋根の漆喰が出すぎています
雨漏り箇所を確認したので、屋根を点検しました。
雨漏りしている天井の真上辺りには屋根の棟(屋根の頂点の三角になった部分)があり、雨漏りの原因の可能性が高い部分です。そこを見ると、漆喰が手前に出ている状態でした。
瓦屋根には必ず漆喰が使用されていて、棟部分の瓦と瓦を繋げる接着剤のような役割を果たしています。
では「なぜ漆喰が手前に出すぎているとだめなのか?」
その理由をつぎでご説明します。
岸和田市の棟の漆喰状況
横から見た屋根の棟の全景です。
先ほどお伝えしたように、棟には必ず漆喰が使用されており、本来なら漆喰は上にあるのし瓦(四角い平たい瓦)よりもへこんだところで施工されていなくてはいけません。それは、漆喰が雨にさらされると雨水を吸収してしまう性質を持っているためです。漆喰が手前に出てくると、その分雨にあたりやすくなってしまうので、大量の水を瓦の内側に呼んでしまい、その結果雨漏りに繋がります。
岸和田市の屋根の棟の中に雨が浸入
また、棟の中に雨水が廻ると、棟の葺き土が雨に濡れて流れたり痩せてきます。葺き土がそのように劣化すると、上に乗っている瓦自体が崩れてきて、下に流れるように僅かに傾斜を付けていたのし瓦の傾斜が変わり、今度はのし瓦から雨水が浸入してしまいます。
写真は、棟の中に水が入った状態を示しています。
岸和田市の棟に水が廻った状況
少し離れたところから見ると、漆喰と瓦の取り合いに茶色い筋が入っているのが分かります。これは、棟の瓦を固定している銅線が濡れてその色が雨水と一緒に流れ出た状態です。銅線は棟の中を通しているので、漆喰より内側に水が入っている証拠となります。すなわち、棟の中、瓦の内側に雨が浸入しているということです。
岸和田市の屋根の谷樋はきれいでした
今回の雨漏りは、雨漏りした位置からすると谷樋(屋根の谷部分に設けられる樋)に原因はありませんが、今後の事をふまえて調査しました。
谷樋は雨水が集まる部分ですので、劣化が早く穴が開くと雨漏りの原因になります。実際、谷樋からの雨漏りの事例が多くございます。
きちんと確認し、幸い谷樋に穴あきなどの劣化症状はありませんでした。

岸和田市の棟の瓦を積みなおします!
今回は、雨漏りを止めるための工事として、雨漏りの原因の可能性がある棟のみを修理することになりました。
棟の瓦を一度解体し、一から積み直す工事です。

棟の瓦がズレたり曲がったりすると、雨漏りのリスクが高くなります。パッと見た感じはきれいな屋根ですが、思わぬところに劣化の症状が出ているかもしれません。何年も手を加えていないようでしたら一度業者に点検してもらうことをお勧めします。


雨漏り・屋根のことなら【街の屋根やさん岸和田店】にお任せください。ご相談は0120-169-747まで。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

忠岡町の台風被害のご相談

忠岡町の台風被害に遭った住宅の現地調査にお伺いしました。M様より「2年前の台風で屋根の瓦が飛ばされてカーポートの本体も壊れてるんです。火災保険の申請ができると聞いたので修理のお見積書をいただけますか?保険が下りたら修理もお願いしたいんです」...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747