オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の瓦屋根の修理で軒先などの瓦を復旧し瓦のズレも戻しました


岸和田市の瓦屋根の修理の様子をご紹介します。S様邸は台風21号で軒先や降り棟の瓦が飛散し、ブルーシートで応急処置されていました。S様邸は家の裏に大きな池があり、普段から風当たりが強いということです。

屋根の被害状況

岸和田市の屋根の養生を撤去します
屋根の被害状況です。

軒先の瓦が飛散し、台風の後に他の業者の方に応急処置してもらったそうです。
この軒先の下には破損したテラスがあり、雨樋も飛散しています。前にある池から風が吹き抜けたことから、こちら側に被害が集中していました。
岸和田市の軒先の瓦と雨樋が飛散
応急処置のシートを剥がすと、軒先の瓦が数枚抜け落ちている状態でした。
軒先の瓦は屋根の先端にあり、外壁よりも突き出ていることとから風の影響を受けやすい箇所です。
軒先で使用される瓦を「まんじゅう軒瓦」と言います。瓦の先に丸が付いた役物瓦です。
軒先の瓦が飛散しても室内に雨漏りすることは少ないですが、軒先から染み込んだ雨水で屋根の下地の野地板や軒天井板を腐食させる原因になります。
岸和田市の屋根の降り棟も2カ所被害がありました
降り棟も2カ所で被害がありました。

屋根の山状になった頂点部分のことを「棟」と言い、軒先方向に下っている棟を「降り棟」と言います。
どちらも屋根面同士の取り合いになり、そこから雨水が入るのを防ぐため、また瓦の仕舞と意匠性のために瓦を積み上げています。
岸和田市の降り棟の冠瓦が割れています
応急処置のブルーシートを剥がすと、棟の冠瓦が割れていました。

棟には屋根に落ちてきた雨水を下に流すように勾配を付けてのし瓦(四角い瓦)を数段積み上げています。その一番上に施工するのが冠瓦です。
冠瓦が割れると棟の土がむき出しになり、そこから雨水が入って棟の耐久性に影響を及ぼします。

屋根修復状況

岸和田市の瓦のズレを戻します
土葺きの屋根は瓦の下に粘り気のある葺き土を載せて密着させています。その土は経年で乾燥し、痩せてきます。そうすると、瓦が動きやすくなり今回のような台風でなくても瓦がズレることがあります。
S様邸の瓦も軒先方向にズレが生じていたので、ズレを戻してから瓦を復旧します。
岸和田市の軒先の瓦を復旧
瓦のズレを戻してから、飛散している部分に新しい葺き土を載せて瓦を復旧しました。

欠損している瓦を復旧するだけではズレは戻らないですし、ズレがひどくなるばかりです。
岸和田市の割れた冠瓦を差替え
続いて降り棟の修復も行いました。

割れた冠瓦を撤去し、新しい葺き土を載せて復旧しました。
棟の瓦は屋根の高い位置にあるため地震の揺れや風の影響を受けやすいので銅線などで固定されています。
岸和田市の降り棟復旧完了
S様邸の棟も銅線で固定し(冠瓦の中央に空いた穴に銅線を通しています)更に瓦同士の継ぎ目にコーキングを充填して固定しました。
被害に遭った降り棟2カ所の復旧完了です。

岸和田市の鬼瓦の取り合いにもシーリング充填
棟の先に施工している鬼瓦の取り合いの漆喰が傷んできていましたが、今回の工事では漆喰の詰め直しなどを行いません。漆喰が剥がれるとそこから雨水が浸入したり、動きやすくなってしまいますので、取り合いにシーリングを充填して防水・固定しました。
先ほどコーキングとご紹介しましたが、シーリングも同じ意味合いです。
岸和田市の瓦をラバーロックしました
今後の台風に備えて屋根全体をラバーロックしました。
ラバーロックとは、瓦の取り合いにコーキングを充填し、瓦同士を繋げることで補強する方法のことです。
瓦がつながっている状態ですので、瓦がバラバラに飛散するのを防いでくれます。
屋根に施工するコーキングは、充填する位置を間違えると雨漏りすることがありますので、信頼のおける業者に依頼しましょう。
岸和田市の軒樋が飛散しています
岸和田市の飛散した軒樋も復旧しました
落下した軒先瓦の下の軒樋も強風に煽られて一部飛散していました。
瓦を復旧した後、軒樋も交換しました。屋根の端の方の樋はまだ使えそうだったので再利用しています。
2階以上の雨樋の交換や修理は作業するのに足場が必要になりますが、S様邸は樋の下にベランダがあり、テラス屋根が飛散していたので、ベランダから作業することができました。

次は破損したベランダのテラス屋根の交換の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747