オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市の剥がれた塗膜の下地処理でカチオンフィラーを使用!


泉大津市K様邸で外壁の補修及び塗装を行うことになりました。K様邸は木造3階建てで、台風の強風で外壁の塗膜が一部剥がれました。被害箇所を確認すると、剥離している塗膜は目地部分に集中していてその周辺の塗膜も密着性が低下して剥離してきている状態でした。塗膜が剥がれた壁がある道路側と玄関側に足場を建てて作業します。残りの壁二面も同じような症状が出ていましたが、人目に付かないので見える部分だけでいいとのことでした。高圧洗浄で洗って落とせる塗膜を落とし、更にケレン作業を行ってから壁二面を塗装します。この記事では、塗装前の高圧洗浄、ケレン、下地調整の様子をご紹介します。
泉大津市の外壁の塗膜が剥がれています
台風の強風の被害状況です。

ここは道路側の外壁になります。3階部分の外壁の塗膜が部分的に剥がれていて、道路からよく見えますので壁一面を塗装することになりました。

泉大津市の外壁の目地2
剥がれた塗膜部分をアップで撮影すると、外壁に張っているパネルの目地(継ぎ目)部分の塗膜が剥がれていることが分かります。

被害に遭っていない外壁も確認すると、やはり目地部分の塗膜にひび割れが生じて浮いてきていました。
泉大津市で足場を設置しました
道路側と玄関側に足場を設置させていただきました。

今回は道路側に面しているこの壁二面のみを工事することになりました。
K様邸は台風で軒天井が剥がれる被害にも遭ったので、足場を屋根まで立ち上げて設置しました。
泉大津市で高圧洗浄で密着性が低下している塗膜を落とします
高圧洗浄で外壁に付いた汚れや剥がれてきている塗膜を洗い落とします。

浮いてきている塗膜の上から塗装しても、下にある塗膜と一緒に剥がれてきてしまう危険性があるため、先にきちんと取り除かないといけません。
泉大津市の塗膜がごっそり剥がれます
続いてケレン作業を行います。
ケレンとはヘラや電動工具などを使用して鉄部に付いた錆や古い塗膜などを落とす作業のことです。

高圧洗浄後、ヘラをあてると塗膜がごっそりと剥がれました。
泉大津市の外壁の目地部分にパテを使用しています
K様邸の外壁はパネルを張った形状で、表面を塗装して仕上げています。パネル同士の継ぎ目の処置で、パテ系の補修材を塗って処置してから塗装していたのですが、そのパテの密着性が弱くて塗膜も一緒に浮いてきている状態でした。そのため、目地部分の塗膜だけがこのように剥がれてしまったようです。
泉大津市の外壁の目地部分の塗膜の密着性が低下
玄関側の柱を包んでいるパネルの継ぎ目の塗膜も剥がれました。
泉大津市のバルコニーの目地の塗膜も剥がれました
バルコニーの内側の外壁も同様に、目地部分の塗膜が剥がれています。
泉大津市の外壁の目地部分の塗膜がすべて剥がれました
台風で部分的に剥がれた外壁面も、やはり目地部分の塗膜がすべて剥がれてしまいました。

外壁に張っているパネルの幅で一定間隔に塗膜が剥がれています。
泉大津市の外壁の塗膜がたくさん剥がれました
手作業でのケレン作業も時間を要しましたが、その後の清掃が更に時間がかかります。
細かく剥がれた塗膜が家の周囲に落ちていますので、きれいに清掃させていただきました。家の周囲の土間にはシートを敷いて養生していますが、植え込みなどに細かい塗膜の破片が散らばっています。
泉大津市の剥がれた外壁の塗膜
剥がれた塗膜を集めると、45ℓのごみ袋が二袋いっぱいになりました。高圧洗浄で水分も含んでいますのでとても重量があります。
泉大津市でカチオンで目地や段差を補修
続いて、塗装する前の下地調整を行いました。

目地の隙間を埋めて既存の塗膜との段差を少なくするためにカチオンフィラーを塗って処置させていただきました。

下地処理しないでそのまま塗装すると、既存の塗膜と剥がれた塗膜との段差がくっきりと出て見た目が悪くなってしまいます。
泉大津市の外壁の下地補修
目地部分にカチオンフィラーを塗り、既存の塗膜との段差を少なくするためにその周辺も招請していきます。

カチオンフィラーはセメント系の下地調整材です。下地の凹凸を埋めたり、補修が必要な箇所に用いられます。
泉大津市の外壁の下地補修完了
道路側の外壁、玄関側の外壁、ベランダの壁の塗膜が剥がれた目地部分の補修完了です。

カチオンフィラーは下地にしっかりと密着し、塗膜もしっかりと密着しますので、塗膜が剥がるのを防ぐことができます。下地をきちんと処置してから塗装しないとまた同じように塗膜が浮いてきてしまいますので、段階を踏んで処置させていただいております。

次は外壁塗装の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747