熊取町のパラペットの笠木板金と割れた化粧スレートの補修


熊取町の台風被害に遭った屋根の補修です。
T様邸は建物の外観上、屋根の周囲にパラペットという立ち上がり壁を設置している形状で、そのパラペットの上部の笠木板金が台風の強風で浮き上がってしまいました。パラペットで囲われていて下からは見えない屋根も調査すると、化粧スレートが劣化して多数ひび割れが発生していました。中には、スレートが割れて剥がれ落ち、スレートを固定している釘がむき出しになっている箇所もありましたので、コーキングで補修し、今後の劣化を抑えるために屋根塗装も行うことになりました。
熊取町のパラペットで囲われた屋根です

熊取町の屋根にスレートのひび割れが多数発生
熊取町で足場を建てました
屋根の上まで直接上がれるように部分的に足場を設置させていいただきました。
足場は必要な箇所に部分的に設置することが可能です。台風の被害のご相談で、修理の際に足場を建てることになり、それなら一緒にと屋根や外装の工事も行う方もおられます。すすると、足場の費用も抑えられます。
熊取町で使用する密着性を高める塗料です
T様邸は化粧スレートの屋根で、スレートの劣化が進んでひび割れが多数発生していました。
化粧スレートとは厚みが約5mmほどの平らな屋根材で、素材にセメントや繊維質が含まれています。もともと雨水を含む性質がありますので、塗装により耐水性を保っています。その塗膜が傷んで剥がれてくると、スレートが雨水を吸収し、乾燥する過程で割れてきてしまいます。今回はひび割れにコーキングを充填して補修することになりました。写真はプライマーという塗料で、コーキングと素地との密着性を高める働きがあります。
熊取町でプライマーをひび割れに沿って塗布します
ひび割れに沿って、プライマーを塗布していきます。
プライマーは、下地と表面を処理する能力がありますので、上に充填するコーキングをしっかりと密着させてくれます。逆に言うと、プライマーを塗布せずコーキングのみを充填すると、早期の段階で剥がれてくる可能性があります。したがって、コーキング工事にプライマーはセットになっていると考えてもいいでしょう。
熊取町でコーキングを充填して防水
プライマーを塗りムラなく塗布してから、コーキングでひび割れを補修します。コーキングを充填した後、ヘラで押さえて仕上げます。
スレートの割れは、表面だけ割れている場合と裏側まで割れている場合があります。表面の割れでも放置するとやがて雨漏りに繋がるひび割れに発展する可能性がありますので、できるだけ補修させていただきました。
熊取町のひび割れ補修完了
スレートのひび割れ補修完了です。
上記でお伝えしましたが、スレートは塗装により耐水性を加えています。その塗膜は永久に保たれるわけではなく、必ず劣化して剥がれてきますので、スレート自体の劣化を防いで長持ちさせるためにも、劣化が進む前に塗り替えを行いましょう。スレートの劣化が進み、割れや反りがひどい場合は、葺き替えないといけない事態に陥ります。
T様邸は、今後の劣化を抑え、雨漏りから守るためにこの機会に屋根塗装も行うことになりました。
熊取町のパラペットの笠木が浮いています
台風で浮き上がってしまったパラペットの笠木板金です。
板金が強風に煽られて浮き上がり変形していました。このまま放置すると、次の台風や強風時に隙間に風が入り込んで板金が飛ばされてしまう危険性があります。
熊取町の屋根の笠木ビス留め
T様邸の板金は浮き上がっていましたが再利用でききる度合いでしたので、形を整えて、端の方でしっかりとビス留めさせていただきました。端の方で押さえていますので、飛散を防止できます。
熊取町のビス頭にコーキング充填
笠木を固定しているビス頭から雨水が浸入する可能性がありますので、ビス頭にコーキングを充填して防水しました。
この板金笠木は、空を向いている立ち上がり壁の天端に雨水が落ちて雨漏りするのを防ぐために取り付けられています。
熊取町の笠木の継ぎ目にもコーキングを充填して防水
笠木板金には数カ所で継ぎ目があります。その継ぎ目に充填しているコーキングも傷んできていたのですべて打ち直しました。
笠木部分が劣化することにより雨漏りするケースがありますので、気になる箇所は防水させていただきました。
熊取町の劣化したウッドデッキを解体します
同時に劣化したウッドデッキの撤去のご依頼もありました。
ウッドデッキの床板の端が雨水に濡れて腐食し、踏み抜く危険性があり、使用していないとのことで、この工事で解体・撤去することになりました。
熊取町のウッドデッキの床板や土台などを撤去します
床板を外して、土台や柱も解体して撤去します。
木製のデッキは、雨水から守るために塗装されていますが、定期的に塗り替えないと腐食してしまいます。そうすると、シロアリが付いたり被害が拡大する危険性がありますので、定期的に塗装のメンテナンスを行うか、不要であれば撤去しましょう。
熊取町のウッドデッキを束石だけ残して撤去完了
束石(床を支える床束の下に設置するコンクリートや石)だけ残してすべて撤去し、きれいに掃除して完了です。
これで、このスペースを有効活用できますね。

次は化粧スレートの塗装の様子をご紹介します。


この工事の現場ブログ

熊取町のパラペットで囲われた屋根です

2019/12/26/ 熊取町のパラペットの笠木板金と割れた化粧スレートの補修

熊取町の台風被害に遭った屋根の補修です。T様邸は建物の外観上、屋根の周囲にパラペットという立ち上がり壁を設置している形状で、そのパラペットの上部の笠木板金が台風の強風で浮き上がってしまいました。パラペットで囲われていて下からは見えない屋根も...........

熊取町の台風被害のご相談

2019/12/25/ 熊取町の台風被害箇所の調査で笠木の浮きやスレートの割れが発生

熊取町の台風被害箇所の現地調査です。「台風で屋根の板金が浮いているのを見つけた」とのことでご連絡をいただきました。

熊取町の屋根を塗装します

2019/12/27/ 熊取町のパラペットで囲われたスレート屋根を塗装し美しい屋根に

熊取町の屋根塗装です。T様邸は台風の強風で屋根のパラペット(立ち上がり壁)の天端の仕上げの笠木板金が浮き上がり変形してしまいました。現地調査の時にパラペットで隠れて下からは見えないスレート屋根を点検すると、スレートが劣化してひび割れが多数発...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の風雨被害の現地調査

岸和田市のM様より台風被害箇所のご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は青い釉薬瓦の屋根で、数カ所で瓦のズレが発生していました。また、漆喰の剥がれもいくつか見受けられたので、漆喰工事と、飛散した瓦を復旧し、ズレを戻してコーキングで...........

阪南市の風雨被害のご相談です

阪南市のK様より「2年ほど空き家にしている家が、台風で屋根に被害が遭ったんです。処分しようと思っていたんですが、瓦が落ちてお隣の家に迷惑をかけているので、とりあえず修理しておこうと思っています」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。

阪南市の貸しガレージの雨漏りのご相談

阪南市のシャッター付きの貸しガレージの雨漏りの現地調査です。このガレージは屋根と壁にトタンを張っていて屋根の骨組みは木造です。経年劣化でトタンの塗膜が剥がれて錆が発生し穴があいて雨漏りしていました。また、台風の強風で屋根全体が持ち上がり、束...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747