オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の応急処置は一時的な保護です!貝塚市の事例でご紹介!


台風や地震の時に屋根に被害を受け、応急処置をしたことはありますか?

その後、月日とともに応急処置で使用している土のうが破損したり、
ロープが切れて土のうが落下したり、ブルーシートが風に煽られてバタついている・・・
と、困った経験をされたことがある方も多いかもしれません。

この記事では、貝塚市で台風被害に遭った屋根の調査と応急処置の様子をご紹介します。

「台風で屋根の瓦が飛ばされたので、調査と修理の見積もり、そして応急処置をお願いしたいんです」
とのご相談をいただきました。

貝塚市の屋根の調査と応急処置のご相談!
◆◇◆ A様邸は木造2階建ての住宅です ◆◇◆

■ 屋根・・セメント瓦葺き(セメントと川砂を混ぜて形成した屋根材)

■ 外壁・・モルタルの塗り壁

■ ご相談内容・・台風で屋根の瓦が飛散したので調査と修理に見積もり、応急処置をご希望されています。

貝塚市の棟板金と瓦が飛散
台風が去った後、家の周囲を確認すると、庭に割れた瓦が散乱して棟板金も落ちていたそうです。

■□■□ 棟板金とは □■□■

屋根の頂点の三角になった水平部分(棟)に取り付ける金属製の部材のことです。

棟は屋根面同士の取り合い部で、その隙間から雨水が入るのを防ぐために取り付けられた板金です。

屋根の被害状況

貝塚市のセメント瓦と棟板金が飛散
屋根に上がって調査を行うと、棟の際の瓦が端から端まで飛散し、棟板金とその下地の貫板も飛ばされていました。

セメント瓦は屋根面に向かって1枚1枚釘で固定されていますが、台風の強風に煽られてめくれ上がってしまったのでしょう。また、棟板金も棟の端から端まですべて飛ばされている状態です。

瓦の下には「ルーフィング」という耐久性のある防水シートを敷いていて、棟をまたいで施工していることから、棟板金や瓦が飛散してもすぐに雨漏りする可能性は低いのですが、ルーフィングが傷んでいると雨漏りしてしまいます。
また、瓦の内側に雨水が浸入した時にルーフィングを固定している釘頭からじわじわと染み込んで屋根の下地の劣化を進める原因になることもあります。


貝塚市のセメント瓦が割れています

屋根面に葺いている地瓦も3カ所で割れている状態でした。

屋根面は屋根に落ちてきた雨水が軒先に向かって流れることから、瓦が割れて隙間があくと、そこから雨水が流れ込んでしまいます。
ルーフィングが健全であれば雨漏りしませんが、いつ雨漏りしてもおかしくない状況下にあるということを頭に入れて、きちんと修理しましょう。

応急処置状況

「雨漏りしてないですが、瓦が落ちていて心配なので応急処置をしてもらえませんか?」
とのご依頼で、後日屋根を養生(保護)させていただきました。

貝塚市の屋根の応急処置状況
被害に遭った棟にブルーシートをかけて、土のうで押さえています。

土のう袋を屋根の両面に配置しないでいいように、屋根の棟に木の桟を打ち付けて支えています。また、シートも桟で押さ得ていますので、飛散を防止することができます。

貝塚市の割れた瓦を防水テープで処置しています
屋根面の割れた地瓦は、強力な防水テープを貼って処置しました。

割れた部分をテープで覆ったので、テープが傷まない限り雨水が入ることはありません。


約1年後再度ご連絡がありました

貝塚市の屋根の応急処置状況1年後
応急処置後、雨漏りもしていないですし、そのまま様子を見られていましたが、約1年後に再度ご連絡がありました。

「屋根の土のうが破れて土が落ちてきて、お隣の家に迷惑をかけているので何とかなりませんか?」
とのご相談で、応急処置の補修を行いました。

屋根に上がって確認すると、土のうが破れて屋根面に砂が流れている状態です。


■□■□ 屋根の応急処置について □■□■

屋根の応急処置は、あくまでも一時的に保護するための処置ですので、長くはもちません。
特に屋根の上は毎日、紫外線や熱などの外気の影響をまともに受けますので、劣化しやすい部分です。
更に、A様邸のように屋根の勾配が急だと、土のう袋が常に引っ張られている状態ですので、荷ががかって破損しやすいのです。

台風の後、月日とともに、ブルーシートが風に煽られてめくれ上がったり、土のうが破れたり、土のうを引っ張っているロープが切れている光景をたくさん見ました。

もう一度お伝えしますが、応急処置はあくまでも一時的に保護するものですので、被害箇所が修繕されるわけではありません。応急処置のし直しはその都度費用が掛かる場合もありますので、できるだけ早めに本工事を行いましょう。

貝塚市の応急処置の補修
破損した土のう袋を交換し、応急処置のし直しを行いました。屋根面に落ちていた砂もきれいに清掃しています。

貝塚市のカーポートも清掃
お隣の住宅のカーポートの屋根にも砂が落ちていたので、きちんと清掃しています。


***********************************


街の屋根やさん岸和田店は、屋根の応急処置から修理までご相談を承っております。

近年、大型の台風が上陸したり、突風に見舞われたり、地震も頻繁に発生しています。
「急な自然災害に備えたい」というご相談も随時承っておりますので、
心配なことなどありましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747