オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊取町の壁際の剥がれてきた漆喰の詰め直し工事を行いました!



熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。

漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。

2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、
心配になってご相談をいただいたことがきっかけです。
また、漆喰が黒く汚れているのも気になっていたそうです。


屋根を点検すると、2階の屋根の漆喰も劣化して剥がれてきていたので、
すべて詰め直すご提案をさせていただき、工事に至ります。



この記事では壁際の漆喰の詰め直しの様子をご紹介していきますのでよかったらご覧になって下さいね。



熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ
「2階の窓から外を見ると、屋根の上に剥がれた漆喰が落ちていたので心配で・・」

Y様が、漆喰の剥がれに気づいたのは、下屋(下の屋根)部分でした。

ベランダの壁と下屋の取り合いに葺いている「土居のし」の下に
詰められている漆喰がポロポロと剥がれてきていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土居のしの上には「壁際水切り・かべきわみずきり」という水切り板金が取り付けられていて、
その板金によって壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防止されています。

土居のしは、壁を伝ってきた雨水を屋根面に流す役割があります。

そして、土居のしと屋根面の瓦との間に生じる隙間を埋めて、土居のしの土台になっているのが漆喰です。

この部分の漆喰が剥がれると、土居のしのバランスが崩れて雨漏りしたり、
土居のしの固定力が低下して抜け落ちてしまいます。



熊取町の漆喰が剥がれていました!

屋根で使用する漆喰は「防水」「瓦を固定する」などの重要な役割があります。

漆喰は太陽の熱や雨風の影響で、乾燥し、劣化していきます。そうすると、Y様邸のようにポロポロと剥がれてきてしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

漆喰の劣化が進むと瓦がズレやすくなったり、隙間から雨水が浸入して雨漏りすることもあるので注意が必要です。




壁際の漆喰の詰め直し工事の様子

熊取町の壁際の漆喰を剥がしました
漆喰は屋根のあらゆる箇所で使用されていますが、この記事では壁際の漆喰の詰め直しの様子をご紹介します。

Y様邸は玄関側と裏側の両方に下屋があり、すべての壁際の漆喰を詰め直します。

壁際の漆喰は詰められている量が少なく、あまり目立ちませんが、この漆喰が剥がれると土居のしがズレたり抜け落ちてしまうのできちんと詰め直します。

写真は、既存の漆喰を撤去した後の様子です。



熊取町の壁際に漆喰を詰めます
壁際の既存の漆喰を撤去し、新しい漆喰を詰めます。

この漆喰は、土居のしの土台にもなっているので、剥がれると土居のしの勾配が狂って雨漏りすることがあります。

また、雨の量が多い日は屋根面に流れてきた雨水が、土居のしとの取り合いから浸入し、雨漏りしてしまいます!

65ba68e4dd239b94d45736f8f2bd670d-columns1
壁際の漆喰の詰め直し完了です!

土居のしの下に詰められている漆喰の量は少ないですが、詰め替えるととてもきれいです。

Y様が直接見られない部分は、工事後に写真で確認していただき、
きれいになった様子を見てお喜びいただきました。


before1
熊取町の下屋の漆喰詰め直し前
Y様が一番初めに漆喰の劣化にお気づきになったのが、ベランダの壁の取り合い部分です。

小さな漆喰の塊がいくつか屋根の上に落ちていて「おかしいな」と思われたそうです。

その後は、漆喰の黒い汚れも気にされていたとのことです。


horizontal
after1
熊取町の壁際の漆喰詰め直し完了
壁際の漆喰を詰め直して、見た目も美しく完了です!

白い漆喰を見ると、屋根全体がきれいに見えるので不思議です。

このように定期的にメンテナンスすることが、屋根の耐久性を維持することに繋がり、台風や地震などの自然災害の被害を抑えることに繋がります。


割れた瓦を差し替えました!

熊取町の瓦が割れています
漆喰のご相談をお受けした時に、瓦の割れのお話もありました。

テレビのアンテナが故障し、電気屋さんが屋根に上がった時に瓦が割れていることに気づいて応急処置してくれたそうです。

板金を瓦の間に差し込んで処置されていたので、雨水が入る心配はありませんが、あくまでも応急的なものですので、新しい瓦に差し替えます。

熊取町の屋根の瓦が割れています

応急処置の板金を撤去すると、やはり瓦が割れていました。

この部分は軒先(屋根の流れの一番低いところ)ですので、
瓦が割れても室内に雨漏りすることはありませんが、雨水が入り込んで
屋根の下地を傷めるといけないので、きちんと処置しないといけません。

割れた瓦を撤去して差し替えます。



熊取町の屋根に葺き土を足します!
割れた瓦を撤去し、葺き土を足して瓦を復旧します。

土葺きの屋根は、粘り気のある土により瓦を固定しているので、瓦を差替える時にも新しい土を足さないと瓦をしっかりと固定することができません。

熊取町の割れた瓦の差し替え完了
新しい葺き土を足して、瓦を復旧しました。

色は少し違いますが、下から全く見えない部分なのでどんな色でもいいと、ご了承いただいています。

割れた瓦のことをとても心配されていたので、きちんと復旧した様子を写真で確認していただきました。

工事後のM様の声

熊取町の漆喰詰め直し完了後
「屋根の上に漆喰がいくつか落ちていたので、このまま放っておいてもだ丈夫なのかなぁ、と心配していました。台風もよく上陸するので、葺き替えも検討しましたが、私たちが生きている間の話なので、今回は修理でいいかと・・。でも、修理してもらったので、気分が明るくなりました。ありがとうございました」

漆喰は雨漏りを防止したり、瓦を固定する重要な役割を担っています。

きちんとメンテナンスしたので、以前よりも防水性が向上し、強い屋根になっています。

また何か心配なことがありましたらいつでもご相談くださいね!



☆☆ この現場ブログの現地調査はこちら→→(熊取町の屋根の漆喰の剥がれや汚れのご相談) 

★★ この現場ブログの棟の漆喰詰め直し工事はこちら→→ (熊取町の劣化して剥がれてきた棟の漆喰の詰め直し)


街の屋根やさんの無料点検

屋根や地面に白い塊は落ちていないでしょうか。

もし落ちていたら、それは漆喰の劣化のサインかもしれません。

屋根を見上げて異変を感じたり、お住いのことで何か気になることがありましたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談くださいね!

◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の屋根と外壁塗装のビフォーアフターを施工事例でご紹介!

熊取町の化粧スレートの屋根
熊取町の屋根の板金もきれいになりました
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・ニッペ(日本ペイント)サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス、アーバントーン
築年数
築18年
建坪
約19坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場費用・約20万円 屋根塗装・約39万円 外壁塗装・108万円 シーリング打ち替え・25万円(税込)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747