岸和田市の棟瓦積み直し工事/下地に漆喰を使用して剥がれにくく葺きました


岸和田市の棟の瓦解体
岸和田市の棟積み直し工事で前回、既存の棟の解体までを詳しくご紹介しました。
今回は、撤去した棟に下地の土をのせて棟を積んでいく様子をお伝えします。

棟とは、屋根の一番高い部分で、屋根と屋根が合わさる部分の防水と瓦を固定する役割があります。
岸和田市の棟の土が流れ出ています
棟を解体すると、土が流れ出ている所がありました。
これは棟の中に雨水が浸入し、瓦の内側に廻っている証拠です。瓦の内側に雨水が入ると屋根の傷んだ部分から雨漏りする可能性が高くなってしまいます。
岸和田市の棟に地瓦を足します
M様邸は、棟の際の瓦が棟へののみ込みが少なく、雨水が棟に落ちてきた時に浸入しやすい状態でした。
棟に積んだ四角いのし瓦が雨水を切って下に流すのですが、のし瓦の下の瓦が棟の奥まで伸びていないので、切れた雨水が棟の内側に入り込みやすくなっていました。
今回、棟を積むにあたって、棟の際に短く切断した地瓦を一枚足すことになりました。(白い点線部分のように瓦を足します)
瓦一枚分の大きさのものを足すと、瓦同士がぶつかってしまうので短くカットします。
瓦を足すことで、棟へののみ込み幅が広くなり、のし瓦から流れてきた雨水が入りにくくなります。
岸和田市の棟に地瓦施工中
棟に粘り気のある新しい下地の土を載せてから短くカットした地瓦を棟の両サイドに積みます。
下地の土に瓦を密着させるように金槌でトントンと叩きながら積みます。
岸和田市の棟の幅が短くなりました!
横から見ると、棟の両サイドに他の瓦よりも短い瓦が足されているのがよく分かりますね。
これにより棟の幅が短くなり(瓦の棟へののみ込み幅が大きくなり)雨水が棟へ浸入するのを防ぐことができます。
岸和田市の棟に漆喰をのせてのし瓦を積みます
次に漆喰をのせてのし瓦を積んでいきます。
この漆喰は、瓦と瓦を接着させる役割があります。漆喰は雨風や寒暖差、日光に晒されていると次第に劣化してポロポロと剥がれてきます。そうなると瓦にずれが生じたり、雨水が浸入して雨漏りが発生するなど色んなトラブルが起こります。
この大事な漆喰を剥がれにくくするために、漆喰自体をのし瓦の下地として使用します。
本来なら土を下地にして、見えている部分を漆喰で押さえるのですが、漆喰を下地にすることで、下地と一体化しますので、ごっそりと剥がれ落ちる心配がありません。
岸和田市の棟の両端にのし瓦を積みます
漆喰をのせて、のし瓦を積んでいきます。
反対側にも漆喰をのせて同じように積んでいきます。
岸和田市の棟の漆喰の表面は押さえて仕上げます
横から見た様子です。
見えている部分はコテで押さえてきれいに仕上げました。
岸和田市の棟の一番上に冠瓦を載せます
のし瓦が交互になるように積んでいき、一番上に冠瓦(中央にある丸い瓦)を載せて銅線でしっかりと固定します。
岸和田市の鬼瓦の取り合いにも漆喰を詰めました
鬼瓦の取り合いにも漆喰を詰めて雨の浸入を防ぎました。
岸和田市の棟の積み直し完了です
棟の積み直し完了です。
漆喰が剥がれて中の土が見えていましたが、真っ白な漆喰で美しく仕上がりました。
見た目もきれいですが、棟の際に瓦を一枚足しているので、以前よりも防水性能が高くなりました。

棟は一年中雨風などに晒されているので、劣化しやすい箇所です。同時に雨漏りしやすい部分でもありますので、専門の業者に定期的に点検してもらいましょう。

街の屋根やさん岸和田店は屋根の点検なども行っております。
お気軽にお声掛け下さいね。
フリーダイヤル0120-169-747まで。


同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の降り棟の瓦が飛散

岸和田市にお住いのN様より「台風で屋根の瓦が大量に落ちてしまったんです。修理もお願いしたいんですが、とりあえず応急処置だけでもしてもらえませんか?」とのご相談があり、現地調査後、シートで養生(応急処置)させていただきました。

岸和田市の瓦屋根の調査に伺いました

岸和田市のS様より「台風で鬼瓦が落下して瓦も割れてるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

泉大津市の瓦が落ちて雨漏りしたとのご相談です

岸和田市のお住いのN様より「台風21号で棟や屋根の瓦が数枚破損して雨漏りしたんです。雨漏りか所はなんとか自力で補修したので急いでないですが、見積をお願いします」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。