和泉市の割れた瓦や凍て割れをおこした瓦を差し替えました


和泉市の台風被害に遭った屋根の修理です。
N様邸はオレンジの釉薬瓦で、台風で棟の瓦が飛散し、地瓦も割れるなどの被害に遭いました。前回の記事で棟の瓦の一部積み直しの様子をご紹介したので、引き続き割れた瓦の差し替えや凍て割れをおこした瓦の差し替えをお伝えします。

屋根の被害状況

和泉市の軒先瓦が割れています!
軒先の瓦が割れています。
軒先の瓦が割れても部屋内に雨漏りすることはありませんが(軒天井がある場合)屋根の下地の野地板に雨水が廻り劣化を進めたり、軒天井部が傷む原因になります。
和泉市の割れた瓦は差し替えます
N様邸は土葺きの屋根で、土が乾燥して痩せてくると、強風などの影響で、このように瓦が飛散しやすくなってしまいます。飛散したり割れている瓦はすべて新しい瓦に差し替えます。
和泉市の屋根に葺き土を足します
和泉市の割れた瓦は差し替えました
新しい瓦を差し込めば一見きちんと修理されたように見えますが、ただ差し込んでいるだけですので、強風や地震の揺れでまたズレたり飛散する可能性があります。ですので、瓦を復旧する際に土が痩せている場合は新しい葺き土を足して瓦を密着・固定しないといけません。
和泉市の瓦の凍て割れ
こちらは風雨被害ではありませんが、棟の下の瓦で「凍て割れ」をおこしている箇所がありました。

瓦に含まれた水分が、気温が下がった時に凍りつき、その氷が溶けるという一連のことを繰り返すうちに、水分が凍って膨張する際に瓦の表面がはじけるように割れて剥離する現象のことを凍て割れと言います。凍て割れをおこした瓦を放置すると劣化が進行してしまいますので、この機会に差し替えることになりました。

和泉市の棟の下の瓦と漆喰を撤去します
凍て割れをおこしているのは棟の下の瓦です。
本来は、棟の瓦を解体して積み直す際にこの瓦を差替えるといいのですが、そうすると費用がかなりかさんでしまいますので、部分的に差し替えることになりました。
凍て割れをおこした瓦と棟ののし瓦の間には隙間があり、そこに漆喰を詰めていますので、漆喰や奥の葺き土も撤去しました。
和泉市の棟の下に新しい瓦を葺きました
新しい葺き土を足して、地瓦を差し込んで固定しました。
このままでは土が流れてしまいますので、表面に漆喰を詰めて仕上げます。棟の下の下の漆喰のことを「面戸漆喰」と言います。面戸漆喰が、のし瓦よりも突き出ていると雨水を吸い込んで雨漏りの原因になることがありますので、必ず奥に控えて詰めます。
和泉市の壁際の瓦も差し替えました
下屋(下の屋根)の壁際の瓦も割れていたので、葺き土を足して瓦を復旧しました。
和泉市の下屋の棟にもコーキングを充填
大屋根(2階の屋根)の棟と同様に、下屋の棟にもコーキングを充填して瓦同士を繋いで補強しました。
棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。
和泉市の袖瓦にコーキングを充填して固定
大屋根・下屋ともに、袖瓦の取り合いにもコーキングを充填して瓦同士を繋いで固定しました。
棟や屋根の袖(一番端)部分は風や地震の揺れの影響を受けやすく、被害に遭いやすい箇所ですので、コーキングを用いて補強させていただきました。このようにコーキングで瓦同士を繋いで固定することを「ラバーロック」と言い、瓦がバラバラに飛散するのを防ぐことができます。
和泉市の樋の中に砂が溜まっています
これはよくあることですが、軒樋(横方向の雨樋)の中に砂や土が溜まっていました。
N様邸は台風の時に雨漏りしたのでブルーシートと土のうで応急処置されました。土のう袋は時間とともに劣化して破れてきますので、そうなると中の砂が流れ出て写真のように溜まってしまいます。
和泉市の樋はきれいに掃除しました
屋根の修理が終わった後には、必ず樋の掃除をさせていただきます。
樋の中に砂が溜まっていると雨水が溢れて樋の機能を果たせないですし、足場があるうちに掃除しておくとしばらく安心です。
和泉市の屋根修理完了
今回の修理では、大屋根の崩れた棟を一部積み直し、袖瓦も含めてコーキングで固定しました。また、重量があり落下すると危険な鬼瓦の取り合いの漆喰は全て詰め直してしっかりと固定しました。割れた瓦もすべて差し替えたので雨漏りの心配もありません。修理後は雨漏りしていないとのことで、ようやく安心して暮らせる、とお喜びいただけました。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検から修理まで承っておりますので、台風被害などでまだ修理ができていない方、今後に備えてメンテナンスをご検討されている方はお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟包みを撤去して板金で包みます

泉佐野市の屋根修理のご紹介です。T様邸は台風で棟包みが飛散し、隙間が空いてしまいました。ご相談があった住宅には現在お住いされておらず、物置として使用しているので、簡単な修理ができたら、とのご希望です。

泉南市のO様邸の釉薬瓦の搬入

泉南市の降り棟の修復工事です。台風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟の瓦が崩れて地面に落下してしまいました。棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。対して降り棟は、軒先方向に斜めに降りている棟を指します。どちらも屋根同士の取り合いになるので、雨...........

泉南市の瓦が割れています

泉南市の台風被害に遭った屋根修理で、割れた瓦の差し替えや飛散しやすい袖瓦の固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟(軒先方向に降りる棟)の一部が崩れて飛散し、地瓦(屋根面の瓦)が数枚割れてしまいました。崩れた降り棟を修復し、台風...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747