オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市で外壁の補修した箇所をパターン付けして塗装しました


泉大津市の外壁塗装です。K様邸は台風で外壁の塗膜が一部剥がれ、軒天井も落ちかかってしまい、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

外壁にはパネルを張っていてその上に塗装をかけて仕上げている形状です。外壁の目地部分の塗膜が浮いてきていたので、密着性が低下している塗膜を落として道路側と玄関側の外壁の2面を塗装することになりました。高圧洗浄で剥がれてきている塗膜や汚れを落とし、その後ケレン作業で密着性が低下している塗膜を落としました。そして、既存の塗膜と剥がれた部分との段差や目地部分を補修し、塗装して完了です。

この記事では、補修箇所のパターン付けと外壁塗装の様子をご紹介します。パターン付けとは塗料で模様を付ける作業のことで、補修した面が平らなので、そのまま塗装すると目立ってしまうため、パターン付けをしました。
泉大津市の外壁の塗膜が剥がれています
台風の強風で3階部分の外壁の塗膜が部分的に剥がれてしまいました。
現地調査で外壁の目地部分の塗膜が浮いてきていることが分かりました。そのまま放置するとどんどん剥がれてくる危険性がありますので、密着性が低下している塗膜を剥がしてから塗装することになりました。
泉大津市の外壁の目地部分の塗膜がすべて剥がれました
高圧洗浄とケレン作業で、目地のほとんどの塗膜が剥がれ落ちました。(ケレンとは鉄部の錆や汚れ、旧塗膜などをヘラや電動工具を使用して落とす作業のことです)
K様邸は目地にパテ系の補修材を塗り、その上に塗装をかけていて、パテとその上に塗られた塗膜が剥がれてきている状態です。
泉大津市の外壁の下地補修完了
既存の塗膜と剥がれた部分との段差や目地部分をそのままに塗装すると、段差の形がとても目立った仕上がりになり、美観性を損ねてしまいますので、カチオンフィラーというセメント系の補修材を使用して段差や目地を処理しました。
カチオンフィラーは下地にしっかりと密着しますので、以前よりも剥がれにくくなります。
泉大津市の外壁に吹き付けで模様を付けます
続いて補修面のパターン付けです。

K様邸の外壁はスタッコ仕上げです。専用のガンで吹付により模様を付けながら塗装する工法です。
補修した部分の表面が平らなので、そのまま塗装するとそこだけがとても目立ってしまうため、既存の外壁に似た模様を付けます。
泉大津市の外壁の塗膜の表面をローラーで押さえます
専用のカップに塗料を入れて吹き付けすると、塗膜に細かい凹凸ができます。その後、硬いローラーを転がして凸部分の塗膜を抑えて平らにします。すると、既存の外壁と同じような模様が出来上がります。
泉大津市の補修箇所のパターン付け完了
吹付で塗装し、表面をローラーで押さえてパターン付け完了です!
奥に見えている補修箇所はまだパターン付けしていないので平らなままです。
泉大津市の外壁を下塗りします
補修箇所をパターン付けしてから、全体的に塗装します。

まずは下塗りです。下塗りは下地を調整する役割があります。塗料の吸い込みを抑えたり、細かいひび割れを補修するなど、下地を整えていきます。また、下塗りは上塗り塗料をしっかりと密着させるための工程でもあります。
泉大津市の外壁を中塗り
下塗り後、中塗りします。

中塗りと上塗り塗料は基本的に同じ塗料を使用します。
同じ塗料を塗り重ねることで、塗りムラがなくなり美しく仕上げることができます。
泉大津市の外壁の上塗りで完了です
中塗りを乾燥させてから上塗りします。

塗料の性能を発揮させるためには塗膜に既定の厚みが必要ですので、中塗りを乾燥させてから上塗りすることで塗膜に十分な厚みを持たせていきます。
泉大津市の外壁を艶無しの塗料で塗装
道路側と玄関側の外壁2面を塗装しました。

既存の外壁と同じ、艶無しの塗料で塗装しています。
塗料は艶あり・半艶。艶無しなどお好みでお選びいただけます。もちろん色も選べますのでイメージチェンジすることも可能です。
before1
泉大津市の外壁の塗膜の剥がれ
塗装前は台風被害で3階の外壁の塗膜が部分的に剥がれていました。
調査をすると、目地部分の塗膜が浮いてきている状態でしたので、今後剥がれてくる可能性がありました。
horizontal
after1
泉大津市の外壁塗装完了
目地部分の剥がれてきている塗膜をすべて撤去し、きちんと下地処理をした後に塗装させていただきました。
既存の外壁に似た色を採用したので元のように仕上げることができました。
「塗膜が浮いてきていて心配だったので、きちんと工事してもらって良かったです」K様の声です。

次は剥がれた軒天井の修理の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747