泉大津市の付帯部分を艶消しの塗料で塗装し上品な仕上がりに!


泉大津市の屋根・外壁塗装工事の中の付帯部分の塗装をご紹介します。

外壁の付帯部とは、主に屋根や外壁以外で建物に付帯している部分のことです。雨戸やその戸袋、破風板や鼻隠し、水切りなどの板金、雨樋などがあげられます。
泉大津市の雨戸を紙やすりで目粗しします
外壁の塗り替えを行った時、雨戸などが古いままの状態だと、そこだけが目立ってしまい、仕上がりに悪影響を与えてしまいますので、ほとんどの場合、同時に付帯部分の塗装を行います。また、付帯部分の塗装は美観性を高めるだけでなく、建物全体の防水性能を維持するためにも必要です。

今回は付帯分の塗装の中の一部をご紹介します。
写真は雨戸を塗装している様子です。
雨戸は経年でさび付いたり色褪せが発生し、見た目が古くなってきます。さびや汚れが付着したまま塗装できないので、紙やすりでこすってさびを落としながら目粗しして表面に細かい傷をつけていきます。
泉大津市の雨戸を刷毛で丁寧に塗装します
目粗しすると表面に凹凸ができ、塗料の付着がよくなります。
雨戸のフレーム部分はアルミなので塗装しません。ですので周りに塗料が付かないようにマスキングテープを貼って養生してから塗装します。
泉大津市の雨戸がピカピカになりました
雨戸を塗装し、ピカピカになりました。
すべての雨戸を塗装するので、古びた印象がなくなります。
泉大津市の雨樋も塗装します

雨樋もすべて塗装します。
塩ビ製の雨樋は経年で硬くなってきて、さらに劣化が進行すると割れやすくなってしまいます。
その多くが紫外線の影響ですので、塗装して塗膜で覆ってあげるとまた長持ちします。

色褪せた雨樋がきれいになると気持ちがいいものです。
泉大津市のレンジフードカバーも塗装

換気扇のフードカバーも塗装しました。

今回は雨樋と同じ色で、艶消しの塗料を使用しました。
艶消しなので上品な仕上がりになります。
v泉大津市の外壁の帯もきれいになりました
外壁の帯(外壁同士の見切り材)も塗装したので引き締まりました。
A様邸の帯は傷んで表面がはがれるなどしてに凹凸ができていたので先にシーリングで平らに処理してからの塗装となりました。
泉大津市の庇もつやつやです
庇もつやつやです。
庇の屋根の板金は、月日とともに表面の塗膜が剥がれて錆びつくことがありますので、塗装の時に塗り替えておくと安心です。

冒頭でもお伝えしましたが、外壁の付帯部分の塗装は、完成度を上げるためにも必須の工程です。
付帯部分の塗装を省くとその分費用は抑えられますが、庇が錆びついて雨漏りの原因になったり、雨樋の劣化が進んで破損したりと別の費用がかさむ可能性があります。また、雨樋の塗装は足場が必要になりますので、やはり塗り替えの時に付帯部分も一緒に塗装することをお勧めします。

A様邸は外壁の目地のシーリングが剥がれたり、外壁材の浮きなどの劣化症状が出ていましたが、塗装前にきちんと躯体補修を行ったので安心です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の塀の周囲を養生します

和泉市の外構の塀の防水及び塗装改修工事で前回、塀に発生したクラック(ひび割れ)補修の様子をご紹介しました。今回は、塀の塗装と笠木取付をお伝えします。M様邸の塀の笠木(塀の上部の仕上げ)は左官で作った笠木で、雨水が染み込んでしまう状態でした。...........

岸和田市の雨漏りの現地調査

忠岡町のM様より「2階建てで、1階の部屋の天井に雨漏りしてるので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。お話をお聞きすると、ベランダの下にあるお部屋と玄関の天井に雨漏りが発生しているとのことでした。(黄色い矢印の下の...........

岸和田市で庇などの付帯部を塗装します

岸和田市の外壁塗装で前回、外壁の塗装の作業状況をご紹介しました。今回は、雨戸や樋、庇などの付帯部の塗装をお伝えします。付帯部とは字の通り外壁に付帯(付け加えられている部分)のことです。軒天井、破風・鼻隠し、笠木、雨樋、雨戸、戸袋、水切りや配...........