和泉市の多彩模様塗料を使用した塀の塗装とガルバリウム鋼板の笠木取付


和泉市の外構の塀の防水及び塗装改修工事で前回、塀に発生したクラック(ひび割れ)補修の様子をご紹介しました。
今回は、塀の塗装と笠木取付をお伝えします。

M様邸の塀の笠木(塀の上部の仕上げ)は左官で作った笠木で、雨水が染み込んでしまう状態でした。今回、防水を兼ねて塗装し、ガルバリウム鋼板で笠木を取付けます。笠木を取付けると雨だれの汚れが付きにくくなりますし、上端の防水効果もあります。また、今回使用する塗料は汚れが付きにくい塗料ですのできれいな状態を保つことができます。
和泉市の塀の周囲を養生します
塀を塗装するにあたり、足元にある植え込みや隣接するカーポートなどを塗料で汚してしまわないようにシートをかけて養生しました。
和泉市の塀の内側も塗装します
今回は、塀の内側も塗装します。
内側はブロックの肌のままだったので、モルタルを塗って塗装面を整えておきました。
表面を平らにすることで美しい仕上がりになります。
和泉市の塀をパターン付けします

前回、塀に発生したクラック(ひび割れ)補修の様子をお伝えしましたが、その後、塗料でパターン付けを行いました。

ひび割れを補修した跡やブロックの穴を塞いだ跡は、表面が平らになっていますのでそのまま塗装するとそこだけが目立ってしまいます。ですので、塗料を染み込ませたローラーをトントン、と叩いて既存の塀の模様と同じように模様を付けていきます。(パターン付け)そうすると補修跡が目立たなくなります。
和泉市の塀を下塗りします

塀の周囲を養生した後、塗装の工程に入ります。
屋根や外壁の塗装と同じように、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗装になります。

写真は下塗りをしている様子です。
下塗りは塗装面を整える工程で、塗料の吸い込みを抑えるなど、下地の状態に合わせて塗料を選定しないといけません。また、下塗りは上塗り塗料をしっかりと密着させる役割がありますので、下塗りを行わないとせっかく塗った塗料がすぐに剥がれてくる可能性があります。

和泉市の塀を中塗り
下塗り後、中塗りを行います。
中塗りは一般的に上塗り塗料と同じ塗料を使用することがほとんどです。同じ色の塗料を塗り重ねることで塗りムラがなくなりきれいに仕上がるからです。
今回は上塗りで多彩模様塗料(細かい柄のついた仕上がりになる塗料)を使用しますので、専用の中塗り塗料で塗装しました。
和泉市の塀の内側も下塗り・中塗りします!
塀の内側も塗装するので、同じように下塗り・中塗りしています。
多彩模様塗料はベースが透明なので中塗りの色が仕上がりの色になります。
和泉市の塀に多彩模様塗料を吹き付けます

中塗り後しっかりと乾燥させてから上塗りを行います。
多彩模様塗料を専用のカップに入れて吹き付けで塗装します。
塗った直後は白っぽく見えますが、乾燥するとベースが透明になり塗料の中に入っている色のついた細かい粒が浮き上がる仕組みです。
和泉市の塗装した塀を乾燥させると模様が浮き上がります

上塗り後、乾燥の途中経過の様子です。

乾燥するとともに、上塗り塗料が透明になり中に入っている細かい色のついた粒模様だけが浮きがります。
したがって、中塗りの色がベースになりその上に細かい粒が加算されている状態です。
多彩模様塗料は雨による自浄作用がありますので、汚れが付きにくくきれいな状態が保てます。
和泉市の塀に笠木を取付け
塀の塗装完了後、上端に笠木(塀の上部の仕上げ)を取付けました。

冒頭でもお伝えしましたがM様邸の塀の笠木は左官で作った笠木で上から雨水が染み込みやすい状態でしたので、防水性能を高めるためにもガルバリウム鋼板(錆に強い鋼板)を加工して作った笠木を取付けることになりました。これにより、雨だれの汚れも付きにくくなります。
和泉市の塀の防水及び塗装完了
塀の防水及び塗装、笠木取付が完了しました。

道路側の塀なので人目に付きやすく、汚れが気になっていたそうですが、とてもきれいになり良かったです。
多彩模様の塗料を使用したので、高級感のある仕上がりになりました。
塀のひび割れを放っておくと、そこから雨水が染み込んで塀の耐久性にも影響する可能性がありますので、大きなひび割れがあるなど気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨漏りの現地調査

貝塚市で玄関先の天井と玄関ホール、1階の洋室の天井に雨漏りが発生したとのご相談で現地調査にお伺いしました。

泉大津市の屋根の縁切りを行います!

泉大津市の塗装改修工事の中の屋根の縁切り作業と外壁材の固定の様子をご紹介します。

泉大津市の屋根・外壁塗装

泉大津市で台風21号で化粧スレートや板金が飛散し、雨漏りが発生したA様邸の工事のご紹介です。現地調査を行い、台風被害に遭った屋根を修理し、屋根と外壁も塗装することになりました。今回は塗装前の躯体補修をご紹介します。