オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の塀の防水工事でひび割れをエポキシ樹脂モルタルで補修


和泉市で塀にひび割れが発生したので塗装で改修することになりました。
塀のひび割れを放っておくとそこから雨水が浸入して塀にとって良くありません。
和泉市の塀を防水します
また、M様邸の塀は笠木(塀、手摺、腰壁、パラペットなどの頂部に施工する仕上材)がモルタルのままで、雨水が染み込みやすい状態でした。先にひび割れを補修し、塗装して最後に板金(ガルバリウム鋼板)で笠木を取付けて防水します。
今回はひび割れ補修の工程をご紹介します。
ひび割れをカッター切りして強度のある補修材(エポキシ樹脂モルタル)を充填して補修します。
和泉市の塀のひび割れをカッター切します

まずはひび割れにそって電動カッターで切り込みを入れます。
ひび割れを大きく広げるので心配されるかもしれませんが、こうすることで後に使用する補修材をしっかりと充填できるのです。
ひび割れ面が細いと、補修材を奥まで詰め込むことができず、中に空洞ができてしまいます。ひび割れの中に隙間なく充填することが大切です。
和泉市の塀のひび割れの溝を刷毛できれいに掃除します

ひび割れをカッター切りした後、刷毛できれいに掃除します。
ひび割れの中にカッター切した際に発生する粉塵が溜まっていると、補修材がうまく密着しないので強度が保てません。
ですので、このようにきれいに掃き出さないといけません。
和泉市の塀のひび割れにプライマーを塗布します
続いて、ひび割れ面にプライマーを塗布します。
プライマーはこの後に充填する補修材をしっかりと密着させる接着剤の役割があります。したがって、プライマーを塗らなかったり、塗り残しがあるとせっかく詰めた補修材の剥がれの原因になってしまいます。
和泉市の塀のひび割れにエポキシ樹脂モルタルを充填
プライマー塗布後、エポキシ樹脂モルタルを充填していきます。
エポキシ樹脂モルタルは主剤と硬化剤を練り混ぜて使用する、高強度の補修材です。
軽量で強度があり、モルタルやコンクリートの欠損部の修復などで活躍します。
和泉市の樹脂を押さえて奥まで充填します
エポキシ樹脂モルタルを多めに充填し、最後に表面を押さえて奥までしっかりと押し込みます。
この作業を行わないとひび割れの奥に空洞ができるなど不具合が発生しますので、必ず行う工程です。
和泉市の塀のブロックの穴も埋めました
ひび割れを補修し、ブロックの化粧の穴にも樹脂モルタルを詰めて埋めました。
これでひび割れから雨水が浸入することはありません。
続いて塗装を施して意匠性を持たせます。
街の屋根やさん岸和田店は、塀の防水や補修、塗装等の工事を承っておりますのでご検討されている方はお気軽にご相談ください。
次は塀の塗装をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のベランダを防水します

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します

阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747