オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市で台風で軒天井板が飛散し破風板の塗膜も剥がれていました


貝塚市にお住いのH様より「台風で軒天井や雨戸が傷んでるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
H様邸はサイディング張りの外壁と、モルタルの塗り壁の外壁があります。サイディング壁のほうの軒天井に張ったケイ酸カルシウム板が台風の強風で割れて飛散していました。また、破風板の表面の塗膜が剥がれてボロボロになっていました。下から見ても被害が明らかで、見るたびに心配だったそうです。そして、モルタル外壁の建物にある庇や木製の雨戸も破損し、外壁の塗膜が浮いてきており、下地も剥離していました。
貝塚市の破風板と軒天井
軒天井破風板の被害状況です。赤い点線部が軒天井で、黄色い点線部が破風板です。


軒天井とは、屋根の軒先や、ケラバ部の裏面のことです。(ケラバ・・屋根の流れに沿った一番端で雨樋が付いていない面)
破風板とは切妻屋根の妻側に取付ける板のことで、風が内部に浸入するのを防ぐ役割があります。
貝塚市の軒天井の被害状況
H様邸は軒天井にケイ酸カルシウム板という耐火性のある板を張っていましたが、台風の強風を受けて割れて飛散していました。また、浮いて外れかかっている板もありました。
軒天井板は釘留めされていましたが経年で釘が緩んで、強風に晒されて外れてしまったのでしょう。
貝塚市の軒先の軒天井板が飛散
軒先の軒天井は、板が外れて飛散していました。
軒天井は、屋根や外壁と同様に、紫外線などの外気に晒されていますので、月日とともに傷んできます。このように板が外れると、雨水が屋根内部に浸入し、下地板を濡らして腐食させることがありますので、きちんと修理しないといけません。
貝塚市の破風板の塗膜が剥がれています
破風にもケイ酸カルシウム板を張っていました。ケイ酸カルシウム板は紫外線や雨水などの影響で劣化しますので、定期的な塗り替えが必要です。H様邸の破風板は、経年劣化と台風の雨風の影響で、表面の塗膜がポロポロと剥がれてきていました。

下から見上げると、軒天井の板が落ちかかっているように見えて心配だったそうです。また、破風板の塗膜が剥がれてきて、見た目が悪くなっているのも気になされていました。

修理工事では、新しい軒天井板を抜けにくいビスで固定し、既存の板もビスで留めて補強させていただきます。
貝塚市の庇の下面の板が腐食して割れています
モルタル外壁のほうに設置されている木製の庇も被害に遭っていました。
庇の下面の板が腐食して割れている状態です。台風後に確認すると、割れて穴があいていたそうです。

庇とは・・・家屋の窓や出入り口などの開口部の上に取り付けられた小さな屋根のことで、日よけや雨よけの役割があります。
貝塚市の天端の板金が錆びついています
近くで見ると、庇の天端に取付けている板金の裏側が錆びついているのが見えました。
庇の中に水が廻り、湿気がこもって錆が発生したのでしょう。
この工事では、まず下地を設置して、その上に防水シートを敷き、錆に強いガルバリム鋼板を取付けますので、既存の庇よりも耐久性がかなり高くなります。
貝塚市の台風で破損し水が廻り腐食した庇の修理でガルバリウム鋼板を葺いた!
同じ庇を上から確認すると、錆びついてはいませんでしたが、持ち上げると動いていることが分かりました。台風の強風で飛散しなくて良かったです。
この庇は劣化が著しいので、下面の板や天端の板金はもちろん、腐食している木部も交換します。
貝塚市の庇の下面の板が腐食してボロボロです
1階のテラス屋根の上に取り付けられている庇も傷んでいました。
下面の板が腐食してボロボロになっています。
貝塚市の庇の天端の板金が変形しています
上から確認すると、天端の板金が強風に煽られて変形していました。
台風後、現地調査にお伺いするまでに数カ月が経ち、その間にこの隙間から雨水が浸入して、木部の劣化を更に加速させたのでしょう。
H様邸は合計2カ所の庇を改修することになりました。
貝塚市のテラスの波板が飛散
1階のテラス屋根の波板が割れて飛散していました。
このテラスの上には傷んだ庇や雨戸があります。修理の際にここに足場を建てないといけませんので、波板を仮撤去しないといけません。ですので、この機会に耐久性のあるポリカーボネート製の波板に貼りかえることになりました。
貝塚市の木製の雨戸が破損
テラス屋根の上にある木製の雨戸も傷んでいました。
台風前は使用できていましたが、強風で表面の板が破損し、骨組みだけが残っている状態でした。これでは雨戸の意味をなしません。
貝塚市の軒樋が飛散
破損した雨戸の上にある軒樋(横方向の雨樋)が一列飛散していました。雨が降ると、ここから雨水が直接落ちてきて、下にあるテラス屋根の波板の上を打ち付けるので大きな音がするそうです。
受け金具は変形していますが再利用できますので、形を整えて使用します。
貝塚市の表面の外壁が割れて浮いています
モルタル外壁にはクラック(ひび割れ)がいくつか発生していましたが、その中の一角(壁一面)のひび割れで、表面が割れて浮いている箇所がありました。
手で押すと同じ壁の広範囲でフワフワと動いている状態です。もう一度強い勢力の台風が直撃すると、壁の表面が崩落する危険性がありますので、この修理で傷んでいる壁を叩いて落とし、モルタルを塗り直して塗装することになりました。
貝塚市の補修した部分が剥がれています
別の壁ですが、以前換気扇を撤去して補修されている部分がありました。その補修した部分の表面の塗膜が剥がれて下地板に水が廻り、下地板も破損していました。下地の板の上に直接塗装している状態ですので、塗膜が傷むと下地の板がすぐに傷んでしまいます。
この部分にはラスカット(モルタルを塗るための下地)を貼ってモルタルを塗り、塗装して仕上げますのでご安心ください。
次は軒天井の修理などの様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の強風で剥がれた軒天井の撤去工事を行いました!

岸和田市の強風で外れた軒天
岸和田市の強風で外れた軒天を撤去
工事内容
破風板・軒天部分補修
台風
使用素材
梯子作業
築年数
築約32年
建坪
約22坪
保証
なし
工事費用
約4.8万円
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の軒天・軒裏

皆さまこんにちは。街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、急に冷え込んだり、気温が上がったりと寒暖差が激しく体調を崩しやすいのでお気をつけ下さいね。・・・・・・・・・・・・・・・・さて、今回は「軒天・のきてん」についてお話していきたいと思い...........

軒天とは

岸和田市の軒天の剥がれの現地調査です。「2階の軒下のトタンが外れて落ちそうになってるんです。近所に迷惑が掛からないように外してもらえますか?」というご相談をいただきました。

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747