オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市で台風で玄関の天井に雨漏りが発生し瓦屋根を調査しました


泉佐野市の台風の被害と雨漏りの調査
泉佐野市で台風で玄関の天井に雨漏りが発生したとのご相談で瓦屋根を調査しました。
S様邸は平屋建てで屋根は土葺きの瓦屋根です。台風の突風で瓦が数枚飛散し、玄関の天井に雨漏りが発生したので知り合いの大工さんに応急処置をしてもらったそうです。その後、雨漏りが止まったので、頃合いを見て街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
泉佐野市の玄関の天井に雨漏り発生
玄関の天井は「格天井(ごうてんじょう)」という凝ったデザインの仕上げでしたが、雨水で表面の板が剥がれてきていました。

格天井とは、天井の仕上げの名称のひとつで、角材などを格子状に組んで(格縁・ごうぶちと言います)その間に板や網代などを貼った天井のことです。重厚感があり、格式の高い天井様式といわれています。
泉佐野市の天井の隅にも雨染みが残っています
天井の隅の方にも雨染みが残っていました。

雨漏りは、天井裏で「ポタポタ」という音がして気づくこともあれば、実際に雨水が部屋内に落ちてきて気づくこともあります。また、普段あまり使っていないお部屋で雨漏りが発生すると、なかなか気づかず、天井の雨染みを見て「あれ?おかしいな?」と思われる方もいます。
泉佐野市の玄関屋根の現況
雨漏りした玄関の屋根を確認すると、谷樋(屋根の谷部分に設ける雨樋)の際の瓦が割れており、板金を差し込んで応急処置されていました。
応急処置してから雨漏りは止まったとのことですし、他に怪しい箇所が無かったので、おそらくこの部分が雨漏りの原因でしょう。
泉佐野市で谷樋に穴が開くと雨漏りします
谷樋は屋根の谷部分に設ける雨樋のことで、S様邸の谷樋は銅板でした。
銅板は昔は耐久性があるとされていて、谷樋や雨樋に使用されていましたが、近年の酸性雨の影響などで穴が開く事例が多くあります。谷樋に穴が開くと雨漏りの原因になる可能性が高いので、屋根の調査時には必ず確認する箇所です。
泉佐野市の屋根の被害箇所
屋根の調査を行うと、袖瓦が飛散している箇所があり、そちらも銅板で応急処置されていました。袖瓦とは、屋根のケラバ(雨樋が付いていない三角の面の端)に葺いている瓦のことです。
また、風切り丸の丸瓦の下に積んでいるのし瓦も飛散していました。
風切り丸とは屋根の大棟(一番高い水平部分)から軒先にかけて葺いた丸瓦の列ことで、ケラバ付近に設けられることが多いです。
泉佐野市の袖瓦やのし瓦が飛散
被害に遭った風切り丸を横から見ると、のし瓦(四角い平らな瓦)が飛散していることがよく分かります。
のし瓦が数枚抜け落ちて、下地の土も流れてきている状態です。
修復時には、風切り丸やのし瓦を一部めくって積み直します。
泉佐野市の屋根に板金を差し込んで応急処置されています
地瓦も数枚割れており、瓦の隙間に加工した板金を差し込んで応急処置されていました。
地瓦とは屋根面で使用される瓦のことです。地瓦が割れたり飛散することがあると、雨漏りの原因になりやすいので注意が必要です。
地瓦は屋根面の瓦で、雨水が流れる経路になりますので、その部分に被害があると雨漏りしやすいと言えます。
泉佐野市ののし瓦が抜け落ちています
屋根の腰上げ部分に積み上げているのし瓦が1枚だけ抜け落ちていました。
のし瓦は雨水が軒先側に流れるように積み上げないと雨水を内側に呼んでしまいますので、修理する際もデリケートな箇所です。
数カ所のみの修理なら問題ありませんが、解体して復旧する際には技術が必要です。
修理のご提案をさせていただき、後日屋根の修理を行いました。

次は修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

泉佐野市の破風板と鼻隠し

泉佐野市の破風(はふ)と鼻隠し(はなかくし)の板金包み工事です。破風とは、屋根の妻側(雨樋が付いていない面)の端のことで、そこに取り付ける板のことを破風板と言います。対して鼻隠しとは、雨樋が付いている軒先部分のことで、雨樋の下地板としての役...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747