オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の付帯部の塗装で塗膜が剥がれた破風板も塗り替えました


岸和田市の外壁塗装の付帯部の塗装です。付帯部とは、外壁にくっついている外壁以外の部分のことです。外壁を塗装すると、古くなった付帯部(雨戸や雨樋、軒天など)が目立ってしまいますので、同時に塗装することがほとんどで、事前に塗り替えのご提案もさせていただいております。
O様邸は破風板の塗膜が劣化し、ポロポロと剥がれてきており、玄関先から見上げるととても目立っていました。破風板とは屋根の妻側(雨樋が付いていない三角の面の端)に取り付ける板のことで、雨や風が屋根裏に浸入するのを防ぐ役割があります。O様邸の破風板はケイカル板を張っており、表面を塗装して仕上げている形状です。破風板の剥がれてきている塗膜をケレン(汚れや旧塗膜などを落とす作業)してから塗装します。他、雨樋や雨戸、庇などの付帯部もきちんと塗装しました。
岸和田市の破風板の塗膜が剥がれています
O様邸の破風板です。この破風板は、家の前面道路に面しておりよく見える状態で、表面の塗膜が剥がれて美観性を損ねていました。
破風板に使用する材は住宅によって木製、金属製、不燃材など様々ですが、O様邸にはケイカル板(ケイ酸カルシウム板)という耐火性と耐水性などを兼ね備えたボードを張っていました。ケイカル板は水回りや半外部でも使用できる耐久性があるボードですが、雨水や外気の影響で傷んできます。そのため、表面を塗装して保護していることがほとんどです。O様邸の破風板は黒で塗装されていました。もともとの色が白ですので塗膜が剥がれるととても目立ってしまいます。
岸和田市の破風板の傷んだ塗膜を剥がします
破風板の剥がれてきている塗膜をケレンしていきます。
ケレンとは鉄部や木部に対して施す作業のことで、電動工具やヤスリなどを使用して錆や旧塗膜、汚れなどを落とす作業のことです。
破風板の表面の剥がれかかっている塗膜をヘラでそぎ落とし、下地を調整します。
岸和田市の破風板を3回塗装します
十分にケレン作業を行ってから、塗装の工程に入ります。
屋根や外壁と同様に、下塗り・中塗り・上塗りの3工程に分けて塗装します。
O様邸は、「現状とイメージを変えずに」とのことでしたので、現状復旧で黒で塗装させていただきました。
雨樋が取り付けられている「鼻隠し」という板も同じ色で塗装しています。
岸和田市の雨戸の周囲をシートで覆います
雨戸も付帯部に含まれます。
雨戸の枠はアルミ製ですので塗装せず、内側のルーバーは鉄部ですので塗装します。アルミ製品は製造の段階で特殊な工法で塗装されており、上に塗料を塗っても剥がれやすいことから塗り替えをお勧めしていません。
今回は雨戸を吹き付けで塗装しますので、塗料が周囲に飛散するのを防ぐためにシートで囲いました。
岸和田市の雨戸は吹き付けで塗装します
雨戸の塗装前には紙やすりで「目粗し」を行いました。塗装する部分に紙やすりなどで細かい傷をつける作業のことを目粗しと言います。目粗しは下地処理の工程で、塗料をしっかりと密着させるための作業です。
目粗ししてから吹き付けで丁寧に塗装しました。
岸和田市の雨戸塗装完了
吹き付け塗装後、周囲の養生をめくりました。腰窓と掃き出し窓、すべての雨戸を塗装しました。
雨戸も表面を塗装されており、経年で塗膜が傷んでくると汚れが付きやすくなり、錆も発生します。全体的な美観性を高め、錆などの劣化症状を抑えるためにも外壁塗装の際は同時に塗装することをお勧めしています。
岸和田市の出窓も塗り替えます
出窓の鉄部も塗装しました。
出窓の窓枠はアルミ製ですので、屋根面のみの塗装になります。
岸和田市の庇も塗装します
庇も塗装しました。
庇などの鉄部は劣化が進むと錆が発生し、さらに劣化が進行すると穴があいたり雨漏りしてしまいます。鉄部はできるだけ錆が発生する前に塗り替えてあげると長持ちします。
岸和田市の雨樋もきれいになりました
雨樋もすべて塗装しました。
塩ビ製の雨樋は紫外線にあたると劣化が進み、色褪せて硬くなってくると割れやすくなってしまいます。このように塗膜で覆ってあげると紫外線に直接あたるのを防ぐことができ、劣化を遅らせることができます。
雨樋の塗装は、足場がないとできませんので、足場があるうちに塗り替えや交換などのメンテナンスをしましょう。
岸和田市のベランダにトップコートを塗布します
ベランダのトップコートも塗り替えました。
ベランダは外部に設置されていますので、必ず防水処置されています。防水の方法は各住宅によって様々ですが、定期的にメンテナンスしないと下のお部屋や外部で雨漏りしてしまいます。
O様邸のベランダは防水層の上にトップコートを塗って保護していますが、トップコートが傷んできていたのでこの機会に塗り替えることになりました。防水層は紫外線にあたると急速に劣化しますのでトップコートが傷む前に塗り替えてあげると長持ちします。
岸和田市の外壁塗装完了
塗装工事完了後、足場を解体しました。
塗膜が劣化し、チョーキング(塗膜が劣化して粉状になって剥がれる現象)を起こしていた外壁が美しく蘇りました。
塗膜が剥がれてきていた破風板も下地をきちんと処置して塗装したので安心です。
岸和田市のツバメの巣は無事でした
玄関先の天井にあったツバメの巣は、またツバメが帰ってこられるように塗装工事中はシートをかけて保護していました。作業中も注意を払っていたので、傷つけることなく残されています。
屋根や外壁の塗り替えは、大切な住まいを雨水や外気の影響から守り、長持ちさせるために必要です。塗膜が劣化すると、屋根材や外壁材の劣化が進むばかりか雨漏りに発展することもあります。10年から15年に一度、定期的に塗り替える将来設計をし、建物の寿命を延ばすことを視野に入れましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊取町の屋根と外壁塗装のビフォーアフターを施工事例でご紹介!

熊取町の化粧スレートの屋根
熊取町の屋根の板金もきれいになりました
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・ニッペ(日本ペイント)サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス、アーバントーン
築年数
築18年
建坪
約19坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場費用・約20万円 屋根塗装・約39万円 外壁塗装・108万円 シーリング打ち替え・25万円(税込)
施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の外壁に石目調の模様が付きました

熊取町にお住いの方で外壁塗装をご検討されている方はおられますか?今回の現場ブログでは、熊取町で行ったサイディングの外壁塗装の様子をご紹介します。I様邸の既存の外壁はレンガ調の模様が入っていましたが、上から塗装すると基本的には模様が塗膜で隠れ...........

熊取町の外壁の目地のシーリングを打ち替えます

熊取町の皆さまこんにちは!サイディングの外壁で、目地のシーリングの劣化が気になっている方はおられますか?最近の塗料は性能が向上して塗膜の劣化が目立たなくなってきているので、あまり古くなった印象を受けないかもしれません。ですが、サイディングの...........

貝塚市の外壁を塗装します

貝塚市で行った外壁塗装の様子をご紹介します。T様邸はプレキャストコンクリート造の2階建ての長屋です。  プレキャストコンクリートとは?  規格サイズの壁などの部材をあらかじめ工場で製造して、現場で組み立てるコン...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747