オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の外壁塗装で3回に塗り分けて厚膜に仕上げました


岸和田市T様邸の耐震工事に伴う屋根葺き替えや外壁塗装などの工事で今回は外壁の塗装の様子をご紹介します。土葺きの重い屋根を化粧スレートに葺き替え、外壁の劣化事象(ひび割れなど)を補修し、塗装に至ります。
岸和田市のクラックにエポキシ樹脂モルタルを充填
外壁に発生していた大きなクラックは、エポキシ樹脂モルタルという高強度がある補修材できちんと補修しました。
ひび割れを補修しないまま塗装すると、塗った当初はきれいに見えますが、また同じところから割れてきますし、建物の防水性能が低下したままの状態ですので意味がありません。
雨漏りの危険性や耐久性を脅かす箇所は塗装する前にきちんと修繕することが大切です。
岸和田市のクラックの補修箇所をパターン付け
T様邸の外壁には凹凸(模様)が付いており、クラックを補修した箇所は平らになっていますので、そのまま塗装すると補修箇所が浮いて見えてかなり目立ってしまいます。ですので、先に弾性塗料で補修箇所をパターン付けしました。
パターン付けとは、弾性塗料を用いて既存の外壁に似た模様を付ける作業のことです。パターン付けしてから塗装すると、補修箇所はあまり目立たなくなりますが、完全に馴染むわけではありません。
岸和田市の外壁を洗浄します
外壁に発生したクラックなどをきちんと補修してから高圧洗浄を行いました。
塗装工事にはこの高圧洗浄の工程が必須で、必ずお見積書の中にも記載されています。
なぜ高圧洗浄が必要なのかというと、外壁には汚れや苔、古くなり剥がれてきている塗膜などが付着しています。その汚れなどを落とさずに塗装してしまうと、塗料がきちんと密着しないので早い段階で剥がれてくる危険性があるからです。
岸和田市の雨戸や窓も洗浄します
外壁はもちろん、雨戸や窓も洗浄します。
洗浄時に雨戸を動かして窓を洗いますので、窓は施錠して雨戸は動くようにしておいてください。

古くなった網戸に水をあてると、水圧で破れることがありますので、状態を確認し、水圧を調整しながら洗浄していきます。
岸和田市の窓などを養生
外壁などについた汚れや旧塗膜などをきれいに洗浄し、乾燥させてから各所の養生を行います。
塗装工事における養生とは、塗装する際に、塗料が他の部分につかないようにシートで保護することです。雨戸や雨樋、配管などは外壁を塗装した後に塗装しますが、養生しておいた方が外壁部分の作業がしやすいので、必ず養生します。
岸和田市の外壁を下塗り
各所を養生した後、塗装の工程に移ります。

屋根や外壁の塗装は一般的に数回に分けて塗装します。
「下塗り・中塗り上塗り」の3回塗装が一般的です。
下塗りは、塗装面を整えて上塗りの塗料をしっかりと密着させる工程です。上に塗料を塗り重ねると下塗りが見えなくなりますが、塗りムラなくきちんと塗装します。
岸和田市の外壁の中塗り
下塗り後、中塗りします。
中塗りと上塗りは同じ塗料を使用することがほとんどです。
ですので、中塗りの色が仕上がりの色となり、お好みの色をお選びいただけます。
中塗りと上塗りは着色し、丈夫な塗膜を形成する工程となります。
岸和田市の外壁を上塗りで厚膜に仕上げます
中塗りを乾燥させてから上塗りします。
なぜ乾燥させるかというと、中塗り後、すぐに上塗りすると、塗料が垂れたり、だまになったりしてきれいに仕上がらないですし、塗膜を厚膜に形成できないからです。
乾燥後に上塗りすることで、塗膜が2重になり、耐久性のある塗膜に仕上がります。
岸和田市のピカピカの外壁です
下塗り・中塗り・上塗りで外壁塗装完了です。

艶がありますが上品で美しい外壁になりました。
岸和田市の雨戸を目粗し
岸和田市の雨戸を刷毛で塗装
外壁塗装後、付帯部分の塗装を行います。
付帯部分とは、外壁に付いている部分のことです。

写真は雨戸を塗装している様子です。
雨戸は経年で色褪せや錆の発生などの症状が現れて古びて見えてきますが、塗装してあげると見違えるようにきれいになります。
雨戸の塗装では、初めに紙やすりなどで目粗しします。紙やすりなどで表面に細かい傷をつけることで塗料の付着を良くする作業のことです。目粗ししてから刷毛や吹き付けなどで塗装します。
岸和田市の木部もきれいに塗装します
玄関天井や庇の天井などの木部も塗装します。
天井部分は化粧合板なので、上に塗膜をつくる塗装ですが、垂木などは浸透性のある塗料を染み込ませての塗装です。
岸和田市の木部塗装
玄関天井の塗装完了です。
板の部分と垂木の色を変えてメリハリのある仕上がりになりました。
木部が色褪せてくると、古い印象を与えてしまいますので、きれいになると嬉しいですね。
岸和田市の外壁塗装完了
塗装完了後、足場を撤去した様子です。
以前は土葺きの瓦屋根でしたが今回の耐震工事で、重い屋根から軽いスレートに葺き替えたので、和風の建物から洋風にイメージチェンジされました。外壁もきれいに塗り替えたので美観性も高まりました。何より、ひび割れなどの劣化箇所をきちんと補修したので防水性能を確保できたので安心ですね。

街の屋根やさん岸和田店は耐震診断及び耐震改修工事も行っておりますので、建物の耐久性など気になる方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747