泉佐野市の外壁塗装で石目模様が付く多彩模様塗料を使用しました


泉佐野市の陸屋根防水と躯体補修、外壁塗装工事で今回は外壁塗装の様子をご紹介します。
塗装前にひび割れをきちんと補修し、高圧洗浄で塗装面をきれいに洗いました。
H様邸はモルタルの外壁で、仕上げ塗り(上塗り)で細かい模様が付く多彩模様の塗料を使用します。下塗り、中塗り、上塗りの3回塗装となります。
泉佐野市の軒天井のクラックも補修します
クラック補修(ひび割れ)の様子です。

H様邸はモルタル外壁で数カ所にわたって大きなひび割れが発生していました。
泉佐野市のクラック跡を外壁に近いパターンを付けました
クラック補修後、補修跡が目立たないようにパターン付けを行い、できるだけ外壁に馴染ませました。
泉佐野市の軒天や外壁の洗浄
塗装前に塗装面をきれいに洗浄しました。
塗装面が汚れたまま塗装すると、汚れや古い塗膜が間にはさまり塗料がしっかりと密着せず剥がれる危険性がありますので、すみずみ洗浄しました。
泉佐野市の塗料の密着を良くする下塗り
高圧洗浄後しっかりと乾燥させてから、窓や玄関ドア、樋などに塗料が付かないよう養生(保護)してから塗装の工程に入ります。
一番初めに塗る工程を「下塗り」と言います。
泉佐野市で塗料をたっぷりとつけて塗装
下塗りはこの上に塗る中塗り、上塗り塗料を密着させる工程です。下塗りをしないで上塗りだけで済ましてしまうと、塗装後はきれいに見えますが、数年後に剥がれなどの症状が出てしまう可能性があります。ですので、ローラーを往復させて、丁寧に塗布することが大切です。
泉佐野市の外壁を続いて中塗りします
中塗りは字の通り、下塗りと上塗りの間に塗る工程です。
一般的に中塗りと上塗りは同じ塗料を使用し塗り重ねます。中塗り1回で仕上げると必ず塗りムラができますし、塗膜に厚みが付かないので乾燥後に上塗りします。
今回は上塗りで多彩模様塗料を使用しますので、中塗りがベースの色になります。
泉佐野市の外壁に多彩模様塗料を吹き付け
中塗り乾燥後、上塗りします。
多彩模様塗料は、塗料の中に色のついた細かい粒が入っており、均等に塗布するために吹き付けで塗装します。
泉佐野市の外壁が石目模様の外壁に
平坦だった外壁面が石目模様になります。
多彩模様塗料は、色も多数取り揃えておりますので、建物の外観に合わせてお選びいただけます。
多彩模様は高級感のある仕上がりを得られますし、雨による自浄作用があるのできれいな状態が長く続きます。
泉佐野市の雨戸を紙やすりで目粗し
外壁塗装後、付帯部分の塗装も行います。

付帯部分とは雨樋や雨戸、メーターボックス、配管など外壁に付帯している部分のことです。
外壁がきれいになったのに、雨戸や雨樋が古いままだと全体的な印象が古びて見えてしまうので一緒に塗装することがほとんどです。

雨戸の塗装で、先に紙やすりを表面にあてて目粗しします。
泉佐野市の雨戸を吹き付けで塗装
目粗しとは、紙やすりなどで表面に付着した汚れや錆などを落としつつ細かい傷をつけることで塗料の付着を良くする作業のことです。
目粗ししてから塗装すると塗料がしっかりとのるのでピカピカに仕上がります。
泉佐野市の門扉の錆を落として塗装
鉄製の門扉も塗装します。

雨戸と同様に錆を落としてから塗装します。
刷毛で裏側もきれいに塗り込みます。
泉佐野市の外壁塗装完了です
雨樋なども塗装して工事完了です。
遠目では白い外壁に見えますが、近づくと細かい石目模様になっていて味わいがあります。
青空に映えるきれいな外観になりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の破風板が破損しています

泉佐野市で「台風で破風板が剥がれて換気フードも飛ばされたんです」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。お話をお聞きすると、サイディングの外壁の継ぎ目に充填しているシーリングの劣化が進んでるので、足場を建てるなら一緒にシーリング工事もして...........

泉佐野市の外壁塗装と防水のご相談

泉佐野市の陸屋根防水と外壁塗装などのご相談で、現地調査にお伺いしました。H様邸は木造と鉄骨造の二ふた棟がつながった住宅で、今回は鉄骨造の外部の改修をご検討されていました。

泉大津市の外壁を塗装します

泉大津市で台風21号で雨漏りが発生し、屋根のケラバ水切りやカラーベストの差し替えなどを行いました。現地調査の時のご相談で屋根や外壁の塗装もそろそろかな、というお話があり、屋根を修理した後に続いて塗装工事も行いました。前回、屋根塗装をご紹介し...........