オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏り修理でベランダのFRP防水を改修しました


岸和田市のベランダ防水工事のご紹介です。ベランダの下の和室と玄関の天井に雨漏りが発生し、ご相談をいただきました。
岸和田市のベランダにはしごを立てて外部から作業します
ベランダは外部にありますので、雨水から守るために防水を施しています。

S様邸のベランダはFRP防水という防水を施工されていましたが、防水層を保護している表面のトップコートがひび割れて、そこから雨水が浸入したとの見解で、防水を一からし直すことになりました。
FRP防水とは、FRP樹脂とガラス繊により防水層を形成する工法のことで、耐久性が高く、継ぎ目がありませんので耐水性にも優れています。
岸和田市のベランダの既存のトップコートをめくります
FRP防水層の上には、トップコート(一番上に塗る保護塗料)を塗布しています。そのトップコートや汚れなどを落とす作業(ケレン)を行います。
傷んだトップコートの上に防水層を形成しても、下地から剥がれてしまうからです。
岸和田市のベランダのガラス繊維です
トップコートを剥がすと、下にあるFRP防水層が現れます。
ガラス繊維のマット部分が、ベランダを防水している層です。トップコートが傷んでいるだけなら、トップコートの塗り替えのみでメンテナンスができますが、今回は雨漏りしていますので、防水層から施工しなおす必要があります。ですので、防水層も撤去します。
岸和田市の防水面の目粗し
続いて不良部の目荒らしを行います。
電動工具で表面に細かい傷をつけて、防水層の密着を良くする作業です。ツルツルの面よりもガサガサしている方が塗料の付着が良くなります。
岸和田市のベランダをアセトンで油分や汚れを取り除きます
アセトンで防水面をきれいに拭き取り、FRPの油膜を取り除きます。
表面に油膜が付いた状態で次の工程を進めると、プライマーと言う接着塗料を塗布しても剥がれの原因になります。
岸和田市のベランダを立ち上がり部も含めて丁寧に塗布します
アセトンで油膜や汚れを拭き取った後、プライマーを塗布します。
先ほどもお伝えしましたが、プライマーは接着剤の効果がある塗料で、この上に施工する防水層をしっかりと密着させるための工程です。
岸和田市のベランダにFRP樹脂を塗布します
プライマー塗布後、FRP樹脂を塗布します。ベランダの立ち上がり部から床面にかけて防水層を形成しますので、丁寧に塗布していきます。
岸和田市のベランダにガラスマットを敷いてFRP樹脂を染み込ませます
続いて、ガラス繊維のマットを敷き、ローラーにFRP樹脂を含ませて上から塗布します。
FRP樹脂は乾燥すると硬化し、丈夫な防水層になります。ガラス繊維の隙間にたっぷりと染み込ませて、厚みのある防水層を形成します。
岸和田市のベランダ防水で脱泡しながら作業します
ガラスマットを貼る作業時には、硬いローラーで樹脂の中にある気泡を取り除きながら貼ることが重要です。
この作業を「脱泡」と言います。
岸和田市のベランダにトップコートを塗布します
ガラスマットを貼って乾燥させた後、トップコートを塗布します。FRP樹脂は紫外線に弱いので、表面にトップコートを塗布して保護する必要があります。
トップコートは一番上に塗る塗料のことですが、今回は厚みを持たせるために2回塗り重ねますので、中塗りになります。
岸和田市のベランダにトップコートを上塗り
中塗りのトップコートが乾燥してから上塗りして仕上げます。
トップコートは紫外線から防水層を守る役割があるため、劣化して割れると下にある防水層が直接紫外線にあたりますので、防水層自体が傷んでしまいます。そうなると、雨漏りの原因になりますので、定期的な塗り替えをお勧めします。
岸和田市のベランダ防水完了
FRP防水施工完了です。

ベランダは外気の影響を受けやすいため、傷みやすい箇所です。雨漏りが発生してから初めてベランダの劣化状況に気づかれる方がほとんどですが、劣化の度合いが分かりにくい場合があります。ベランダが傷んできているかも、と心配されている方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽のご相談ください。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉佐野市の階段室の窓から雨漏りするとのご相談

泉佐野市の雨漏り調査です。「1階のサッシ枠から雨水が入ってくるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。T様邸は木造の2階建てです。雨漏りしているのは玄関横にある階段室の小窓です。雨が降ると、サッシ枠からかなりの量の雨水が浸入...........

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747