和泉市の屋根点検/ドーマーの棟板金が飛散しカラーベストが破損!


和泉市の屋根の調査
和泉市の住宅の台風被害に遭った屋根の調査です。
「台風で屋根の板金が飛ばされて、業者に見てもらって見積もりしてもらったんですが、修理費用が思った以上に高額で、しかも保険が少ししか下りなくて困ってるんです。それで、一度別の方に見てもらおうと思いまして・・・」とご相談を頂き現地調査にお伺いしました。
こちらのお宅はカラーベストの屋根(平型の薄い屋根材)で、外壁はモルタルの塗り壁です。
和泉市の屋根にテレビのアンテナの針金が残っていました

屋根に上がると、テレビのアンテナがあったのか、屋根に錆が付着しており、針金が残っていました。

台風21号では強風が吹き荒れて、その影響で屋根に設置しているテレビのアンテナが倒壊する被害が相次ぎました。
また台風が来たら倒れるかもしれないと心配されて、アンテナを撤去してケーブルに変更する方もおられました。
和泉市のドーマーの棟板金が飛散
和泉市の屋根のドーマー
屋根を点検すると、ドーマー部分の棟板金と下地の貫板が飛散していました。

ドーマーとは屋根から突き出るように設置された三角や片流れの屋根、そしてその窓のことで、主に採光や採風を目的とされています。ドーマーの屋根は小さいですが棟があり、そこに取付けられていた板金が飛ばされていました。

棟とは屋根と屋根とが合流する部分のことで、必ず隙間ができます。そこから雨水が入るのを防ぐために板金や棟瓦を施工しています。棟は屋根の高い位置にありますので風の影響を受けやすく、板金が飛ばされたり棟瓦が崩れることがあります。
和泉市のカラーベストも数枚破損しています

棟板金の下にあるカラーベストも数枚、破損していました。

棟板金の下には下地の「貫板・ぬきいた」と呼ばれる木材があり、貫板は屋根面に向かって釘留めされています。
貫板が飛散する時に、屋根材も一緒に剥がれてしまったのでしょう。
和泉市の屋根の谷樋が錆びついています
ドーマーは屋根から突き出るように設置されており、その取り合い部分には谷ができます。その谷部分の雨仕舞で板金で谷樋を取付けているのですが、経年で錆びついていました。
錆が進むと谷樋に穴が開いて雨漏りしてしまいますので、塗装するか交換をお勧めしますが、谷樋を交換するとなると両側の屋根材をめくらないといけませんので、塗装で改修するほうが現実的で、費用が抑えられます。
和泉市の屋根点検/屋根の塗り替え時期
屋根全体を点検しましたが、ドーマーの棟板金以外に被害はありませんでした。
被害箇所以外に気になったところは、塗装のことです。
カラーベストは表面の塗膜が傷んでくると、雨水を吸い込んでしまい、屋根材の反りや割れの原因になります。それらの劣化を抑えるために定期的な塗り替えが必要となります。こちらのお宅の屋根はそろそろ塗り替えに時期にきている状態でした。
和泉市の屋根を防水シートを張って応急処置
「こんな時期なので屋根を修理するまでに時間がかかるかと思います。それまで心配なので、応急処置してもらえませんか?」とのご相談で、棟に防水シートを張って養生させていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は、棟板金の交換や屋根の塗装工事も承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の住宅で一部足場を建てました

和泉市で台風被害で屋根のドーマー部分の棟板金やカラーベストが飛散し、修復工事を行いました。台風直後に業者に見てもらったそうですが、工事費用が予想以上に高く、別の業者に見てもらおうと、街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。

泉大津市の屋根材がめくれています

泉大津市の台風被害に遭った住宅の屋根修復工事のご紹介です。化粧スレート(平型の薄い屋根材)の屋根で、台風の強風でスレートが数枚めくれて棟の板金も飛散していました。

阪南市で棟板金などのご相談で現地調査

阪南市にお住いのO様より「台風で屋根の棟板金が飛ばされたんです」とのご相談があり、現地調査を行い棟板金復旧工事を行いました。