オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の淡路瓦葺きの屋根調査で台風の飛散物で瓦が割れていました


以前街の屋根やさん岸和田店で屋根の葺き替えなどの工事をしていただいた熊取町のF様より「台風で瓦が割れたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。F様邸は、土葺きの屋根を下ろして、土を使用しない引っかけ桟瓦葺きの屋根に葺き替えました。屋根面に長い桟を打ち付けて、そこに瓦を釘留めして葺いていますので、台風の強風で飛散はしませんでしたが、飛散物がぶつかって割れる被害に遭いました。また、軒先の瓦がズレたり、釘留めされていない棟の丸瓦が飛散してしまいました。銅製の雨樋も風に押されて変形している状態です。
熊取町の屋根の現地調査です
F様邸の外観です。木造2階建ての立派な和風建築の住宅です。当時屋根の葺き替えを担当した屋根職人が屋根に上がって調査をしました。葺き替えた屋根が被害に遭った、とお聞きし、早急にお伺いさせていただきました。
F様邸は周囲に住宅などが隣接しておらず、裏手には広い面積の田んぼがあります。そのため、台風の強風を遮るものがなくまともに受け、あちこちから飛んできた飛散物で瓦が割れてしまいました。
熊取町の屋根の瓦が飛散物により瓦が割れてしまいました
大屋根(一番高い屋根)の被害状況です。

台風の強風で飛ばされてきた飛散物がぶつかり、あちこちで瓦が割れてしまいました。
F様邸の屋根は葺き土を使用しない引っかけ桟瓦葺きに葺き替えていますので、瓦の下には耐久性のあるルーフィングを敷いてしっかりと防水しています。ですので、このように瓦が割れてしまってもすぐに雨漏りすることはありません。

熊取町の瓦が釘でしっかりと固定されています
引っかけ桟瓦葺きの屋根は、屋根面に長い桟を打ち付けて、そこに瓦を引っ掛けて瓦を釘で固定しています。使用している釘は抜けにくいステンレス製のスクリュー釘ですので、台風の強風に煽られても瓦が飛散する被害には遭いませんでした。
しかし、2018年9月に発生した台風21号は凄まじい強風が吹き荒れ、大きな木や電柱が倒れたり、大小様々なものが宙を舞いました。その時の飛散物の影響で屋根や外壁が傷つけられてしまいました。
熊取町の瓦が多数割れています
屋根の被害状況です。
このように、瓦自体がめくれることはありませんでしたが、飛散物がぶつかり割れた破片が飛ばされていました。
熊取町の台風被害に遭った屋根の状況
飛散物がぶつかった衝撃で、瓦が粉々に割れています。
修理工事では、割れた瓦はすべて新しい瓦に差し替えます。葺き替え時に使用した淡路瓦をご用意させていただくことになりました。
熊取町の屋根の丸瓦と袖瓦が飛散
葺き土を使用しない屋根でも、部分的に土を使用していることがあります。F様邸の屋根も棟部分と風切丸に土をのせていました。風切丸部に葺いている丸瓦は下地に葺き土をのせて固定している為、強風を受けて一部飛散していました。また、丸瓦の下にある袖瓦も一部落下しています。

棟・・・屋根の頂点の取り合い部
風切丸・・・屋根面の瓦と袖瓦との継ぎ目を覆うための丸瓦の列
熊取町の棟の冠瓦が割れています
棟の冠瓦も一部割れていました。
棟は屋根の頂点の水平部のことで、屋根同士の取り合いです。そこに生じる隙間を雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)するために四角いのし瓦を数段積み上げて一番上に半丸状の冠瓦(丸瓦)を固定しています。のし瓦は棟に落ちてきた雨水が屋根面へ流れるように勾配を付けて積まれています。のし瓦を積み上げる段数が多いほど豪華に見えますが、その分風や地震の揺れの被害を受けやすくなってしまいます。
熊取町の軒先瓦がズレています
軒先瓦は、飛散はしていませんでしたが、同じ方向にズレていました。のし瓦も屋根面の瓦と同様に釘で固定されていますので、飛散はしてませんでしたが、風を受けた方向へズレてしまいました。もし、釘留めされていなかったら、すべて地面に落下していたことでしょう。
修理工事では、軒先瓦のズレを戻して、上からパッキン付きのビスで固定・補強させていただきます。
熊取町の下屋の瓦も割れています
下屋の瓦も大屋根と同じように数カ所で割れていました。

修理工事の際に割れて瓦はすべて交換しますが、上に既存の瓦があるため釘留めすることができません。そのため、桟に瓦を引っ掛けて、シーリングを充填して固定することになります。(部分的な差し替えですのでシーリングでも問題ありません)
熊取町の谷樋の際の瓦が割れています
下屋の谷樋の際の瓦も割れていました。

谷樋とは屋根の谷になっている部分に設ける雨樋のことです。樋は瓦の奥まで伸ばしており、雨水が樋を乗り越えないように「水返し」という加工を施していますが、際の瓦が大きく割れると樋の端が露になり、雨水が浸入することがあります。
熊取町の雨樋の変形
雨樋にも被害がありました。F様邸の雨樋は銅製です。銅製の雨樋は錆びることなく長持ちするとされていて昔は多くの住宅で使用されていましたが、近年、雨が酸性になり、その影響で銅が酸化して穴があくケースが多発しています。また、銅は柔らかい素材ですので、物がぶつかったり押されることがあると変形してしまいます。F様邸の軒樋(横方向の雨樋)も、台風の強風に押されて変形してしまいました。
樋をすべて交換するとなると費用がかさんでしまいますので、形を整えて再利用することになりました。変形が著しい箇所の形を元に戻す時に樋が割れる(もしくは割れている)可能性がありますが、シーリングを充填してきちんと防水して処置させていただきます。
熊取町のカーポートの平板が飛散
カーポートの屋根に取り付けていた平板も1枚だけ残してすべて飛散していました。
熊取町のカーポート本体も変形
強風の影響で、カーポートの本体も斜めに倒れて変形していました。
カーポートはお知り合いの方に交換してもらうとのことで、今回は屋根と雨樋の修理などを行うことになりました。

次は工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉大津市の棟板金が飛散しています

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747