オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉南市の穴が開いていた軒天張替えのビフォーアフターをご紹介!


泉南市で軒天の張替工事を行いました。

台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま
雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。


野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地の板


軒天(のきてん)とは・・外壁よりも突き出た屋根の裏面のこと


他の業者の方にも見積もりを依頼されたそうですが「下地も交換しないといけないので難しいです」
と断られたとのことで、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

軒天
● 美観性を向上させる

屋根の裏面に軒天を張ることで野地板や垂木(野地板を支える長い材)などの
屋根の構造部分を隠し、すっきりとした外観になります。
また、軒天を張ることで、屋根の構造部分に雨水が直接あたるのを防ぐこともできます。

● 雨水が吹き込んだり、太陽の光を遮る

外壁よりも軒が出ていることで、雨水が吹き込んだり、太陽の光を遮って外壁の劣化を防ぐことができます。
逆に軒天が無い住宅は、紫外線や雨水を直接受けますので、劣化が早く、雨だれ汚れが付きやすいので注意が必要です。

● 火事の延焼を防ぐ

万が一火事が発生して窓から炎が上がった時、軒天が無いと瞬く間に屋根に燃え広がり、屋根が崩れ落ちてしまいます。
そのため、最近ではケイカル板などの不燃材を使用することがほとんどです。

● 屋根裏を換気する

各住宅によって軒天の仕上げは様々ですが、有孔ボード(小さな穴が開いた板)を使用したり、換気口を設けることで湿気がこもりやすい屋根裏を換気し、内部の結露を抑えることができます。



このように、軒天には重要な役割があります。軒天が劣化するとどのような症状が出るか?
など詳しくご紹介していますので参考にして下さい。
↓↓↓↓

それではM様邸の穴が開いた軒天の張替工事の様子を分かりやすくご紹介します

泉南市の袖瓦が飛散
● M様邸は木造・2階建てで土葺きの瓦屋根です。

台風で袖瓦が落下し、応急処置ができないまま約2年が経過して、屋根の下地の野地板と軒天が腐食し穴が開いている状態でした。

泉南市の軒天井に穴が開いています
● 軒天を下から確認すると、大きな穴が開いているのがよく分かります。

野地板の上には防水シートを敷いていますが、葺き土が雨で流れ、紫外線などの影響で破れていました。


泉南市で足場を設置しました
● 屋根工事で使用する足場を設置しました。

M様邸は両隣の住宅が接近していたので、正面と修理箇所に近い側面の一部に足場を設置しました。

■ 足場は必ず必要なの? ■

屋根工事では足場が必要になることがほとんどです。

足場は、職人の安全を確保して、品質のいい工事を行うためのものです。



泉南市のM様邸の軒天は屋根の上から張っています!
● M様邸の軒天は化粧合板で、下から張っているのではなく、屋根を葺く前に先に施工されています。

軒天を張ってから、その上に野地板、防水シートを敷き、土を載せて瓦を葺いている形状です。
そのため、軒天を張り替える時は瓦をめくって土を撤去しないといけません。


泉南市の瓦をめくって野地板と軒天を張り替え
● 瓦を3列めくって土を撤去します。

軒天を固定しないといけないので、軒天の幅よりも余分に瓦をめくりました。

合計3列、瓦と葺き土を撤去し、工事を進めます。

泉南市の棟も一部解体
● 棟瓦も一部解体しました。

棟とは・・棟は屋根の頂点の水平部のことで、そこに積み上げる瓦を「棟瓦」と言います。

穴が開いている軒天の他も傷んでおり、すべて張替えるため、棟も一部解体しました。


泉南市のめくった瓦はきちんと保管
● めくった瓦はきちんと並べて保管しています。

ベランダに設置されているテラスの波板屋根の上に合板を敷き、
そこに瓦を重ねて落下しないように安全に保管しました。

この日は軒天を張り替え、次の日に瓦を復旧する工程ですので、一日この状態で保管します。

泉南市の野地板がボロボロです
● 瓦をめくって葺き土を撤去し、傷んだ防水シートをめくると
野地板が腐食してボロボロになっていました!

周囲の野地板にも水が廻った形跡があります。

瓦が落下したことで瓦の内側に雨水が浸入し、防水シートの劣化により
野地板や軒天にまで水が廻っている状態でした。

M様邸の野地板は昔ながらの「バラ板」という杉板を使用していました。
隙間を開けてバラ板を張ることで、屋根裏の通気をよくするというメリットがありますが、
近年は、下葺き材(防水シート)の防水性が向上し、雨漏りのリスクが少なくなったので、
雨水の影響を受けにくいことを前提に、耐久性のある構造用合板(野地板)が使われています。


泉南市の軒天を張りました
● 劣化した軒天と野地板を撤去し、新しい軒天を張りました。

M様邸の軒天は化粧合板だったので、周囲の軒天との見た目を考慮して同じ化粧合板で仕上げています。

化粧合板とは・・合板の表面に印刷や塗装を施して美しく仕上げた合板

● 屋根の流れの一番端には、瓦の土が流れ出るのを防止する「土止め」を取付けました。




泉南市の野地板張り完了

● 軒天を張った後、その上に構造用合板(野地板)を張りました。

向かって右側に残っている既存の野地板との高さが揃うように合板の厚みで調整しています。

既存の野地板との取り合いに段差ができると、瓦を水平に葺くことができません。

泉南市の屋根に防水シートを敷きます
● 続いて防水シートを敷きました。

使用したのは「ルーフエアテックス」です。

遮熱性を備えた防水シートで、湿気を逃がして雨水は通しません。

防水シートを敷く際には、既存の瓦の方に差し込んで取り合い部分から雨水が浸入しないようにきちんと処置しました。

●●● 屋根を防水しているのは瓦などの屋根材ではなく、下に敷いている防水シートです ●●

昔は黒い「防水紙」が主流でしたが、近年は「ルーフィング」などの防水性が向上した
耐久性のある防水シートが普及されています。

そのため、雨漏りのリスクが少なくなり、屋根自体が長持ちするようになりました。

泉南市の屋根の葺き土を定着しやすくするための材
● 防水シートで屋根をしっかりと防水してから、屋根の葺き土を定着しやすくするために板を張りました。

次の工程で、屋根職人が新しい葺き土をのせて瓦を復旧します。


before1
泉南市の穴が開いた軒天
■ 修理前の軒天です。

台風で瓦が落下し、長い間応急処置ができないままだったので、雨水の影響で野地板と軒天が腐食して穴が開いていました。

このままだと野地板がどんどん腐食して屋根に残っている瓦が落下する危険性がありました。

horizontal
after1
泉南市の軒天張替え後
■ 瓦と葺き土を撤去して化粧合板を張りました。

丈夫な構造用合板を張り、耐久性のある防水シートを敷いたので、以前よりも防水性が向上しています。

見た目も美しく仕上がりました。

工事完了後、M様に写真で確認していただきました。

「きれいに仕上げてもらっていて嬉しいです。下地に穴が開いて
他の業者に断られたので、無事修理ができて安心しました」
街の屋根やさんの無料点検
■■ 街の屋根やさん岸和田店は、屋根や建物の構造に詳しいものが調査にお伺いします ■■

ご相談・調査・お見積りは無料ですので安心してお声かけくださいね。

調査にお伺いした時には、「心配なこと」「不安なこと」「ご要望」など、どんどんお伝えくださいね。
プロの目線でより良いご提案をさせていただきます。

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市の穴が開いたベランダの波板をポリカ波板に交換!

泉南市の波板張替え
泉南市のテラスの波板張替え後
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
約7.4万円(税込み)
施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747