オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の増築したお部屋の天井の雨漏り調査/タイル貼のバルコニーも確認!


岸和田市の雨漏りの現地調査
岸和田市で「以前から一階の天井に雨漏りしてたんですが、最近ひどくなってきたので、状態を見てもらっていいアドバイスをいただけませんか?」とご相談があり、雨漏りの現地調査にお伺いしました。

雨漏りしているのは以前増築されたというお部屋の天井で、広範囲にわたり雨漏りしていました。
増築部は鉄骨造で、本宅側は木造の建物です。
雨漏りしているお部屋の上はバルコニーになっていて、建物がお部屋の上にのっていないことから雨漏りの原因の可能性が高いので、しっかりと調査を行いました。
岸和田市の増築部の雨漏り箇所
最近ひどくなってきたという雨漏り箇所は、増築部と本宅との取り合い(継ぎ目)で、天井の端から端まで雨漏りしていました。雨水に濡れた天井板が変色し、雨漏りの跡が残っていました。
岸和田市の増築部で反対側の天井も雨漏りしています!
増築部と本宅との取り合いの壁と反対側の天井にも雨漏りの跡が残っていました。
「強い雨の時しか雨漏りしない」からといって雨漏りを放置すると、目に見えない部分で被害が進んでいる可能性もありますので、雨漏りを見つけたらできるだけ早めに業者に見てもらいましょう。
岸和田市の増築部の建具も濡れています
天井に出てきた雨漏りは下の壁を伝い、木製の建具に染み込んで、雨染みとなって残っていました。
岸和田市の増築部で雨水が床まで達しています!
更に、建具までではとどまらず、床まで雨漏りの被害に遭っていました。
ポタポタと落ちてくる雨漏りならバケツで受けて対処できますが、伝ってくる雨漏りは、天井や壁、床まで濡れてしまいます。
また、雨水の通り道に電気機器や配線などがあると、注意が必要です。
本来なら漏電しないように絶縁処理されていますが、何かしらの理由で損傷していたり水気を帯びたりすると、漏電することがあります。漏電は本来流れる電気の通り道以外に電流が流れて(漏れて)しまう現象で、感電や火災の原因になります。
岸和田市の増築部の板壁がめくれています!
この写真は、雨漏りしていた天井の下の板壁の表面が、何度も雨水に濡れて表面がめくれてし待っている様子です。
プリント合板は薄い板を何枚も貼り合わせてできており、水に弱いので、何度も濡れてしまうと表面の板がふやけて波打ったり剥がれてきてしまいます。
このように雨漏りを放置し続けると、初めは天井だけの被害だったのに、どんどん被害が拡大してしまいます。それに伴い工事費用もどんどん増えていきますので、早め早めに対処しましょう。
岸和田市の増築部の天井に穴を開けて確認
雨漏りがひどくて心配になったご主人様が、一番ひどい部分の天井板をめくって中を確認されたそうです。

冒頭でお伝えしましたが、このお部屋は増築されていて、小屋裏点検庫がありませんでした。天井を修理すること前提で天井板をめくったそうです。
岸和田市の小屋裏の梁が濡れて鉄部も錆びています
この増築部は鉄骨造で、本宅は木造です。
本宅側の木造の梁の上に鉄骨部分のデッキが乗っていました。木造の梁が濡れて鉄部も錆びついていました。
岸和田市のタイル貼りのバルコニー
雨漏りしているお部屋の上にあるバルコニーを確認しました。
このバルコニーは防水モルタル(モルタルに防水材を混ぜたもの)の上にタイルを貼って仕上げていました。
状態からして、表面のタイル部分の劣化と共に下にある保護モルタルも傷んでいるようでした。

数十年前はベランダやバルコニーを防水する、という考えが定着していなくて、当時建てられた建物には「防水モルタル仕上げ」されたバルコニーが多くあります。先ほどもお伝えしたように、防水モルタルはモルタルに防水材を混ぜた材料なので、防水工事として保証がでることはありません。したがって、防水モルタルが傷むと雨漏りに繋がってしまいます。

岸和田市のバルコニーのタイルが割れています!
防水モルタルの上に貼ったタイルも劣化してひび割れている箇所が数か所ありました。
岸和田市のバルコニーの目地のセメントが割れています!
タイルの継ぎ目に施している目地のセメントがひび割れて大きく口を開けていました。
タイルが劣化して割れてくると、この下にある防水モルタルに雨水が染み込んでいきます。
岸和田市のバルコニーの鉄の手すりが錆びています
バルコニーの鉄製の手すりも傷んでいました。
経年劣化で表面の塗膜が剥離し、その部分から錆が広がっていました。
このまま放置しつづけると腐食した部分からあながあいてしまい、強度的にも問題が出てきてしまいます。
岸和田市のバルコニーの手すりの支柱の根元が割れています
また、手すりの支柱の根元部分がひび割れていました。
雨水はこういったあらゆるひび割れから浸入し、建物内部に顏を出します。
岸和田市のバルコニーの取り合いの立ち上がりの壁がひび割れています!
本宅との取り合いの立ち上がりの壁にもひび割れがいくつかありました。
下のお部屋で雨漏りしている部分の真上がこの取り合いです。
バルコニー全体の劣化が進み、どの部分から雨漏りしてもおかしくない状態でした。また、バルコニーはわずかに傾斜を取っていますので、高い位置から浸入した雨水が下の方に流れて出てしまうこともあります。

今回は、雨漏りがひどい増築した部分と本宅の取り合いの仕様がよく分かり、増築した部分の構造に詳しい、建てられた業者の方に一度ご相談されることになりました。

もしあなたも雨漏りに気づいたらなるべく早めにご相談くださいね。
街の屋根やさん岸和田店0120-169-747まで。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉佐野市の階段室の窓から雨漏りするとのご相談

泉佐野市の雨漏り調査です。「1階のサッシ枠から雨水が入ってくるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。T様邸は木造の2階建てです。雨漏りしているのは玄関横にある階段室の小窓です。雨が降ると、サッシ枠からかなりの量の雨水が浸入...........

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747