オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏りの現地調査で棟から雨水が入っていることが判明


約2年前に大阪に上陸した台風被害の屋根修理の現地調査です。岸和田市にお住いのT様より「台風で2階と1階の部屋に雨漏りしてるんです」とのご相談をいただきました。T様邸は木造・2階建てで土葺きの瓦屋根です。棟(屋根の頂点の水平部分)にはのし瓦を高く積み上げている立派な屋根です。
岸和田市の雨漏りの現地調査
2階のお部屋の天井に発生した雨漏りは、降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)に水が廻っていることが原因で雨漏りした可能性が高いことから、降り棟を積み直すことになりました。

棟は屋根面同士の取り合いで、隙間ができるため瓦を積み上げて雨仕舞しています。屋根面の両側に積み上げた四角いのし瓦は棟に落ちてきた雨水が屋根面の方に流れるように勾配を付けて葺かないといけないのですが、葺き土が痩せるなどして勾配が狂ってくると棟の内側に雨水が入り込んで雨漏りしてしまいます。また、1階のお部屋に発生した雨漏りは棟の面戸漆喰に問題がありました。
岸和田市の2階の洋室の天井で雨漏りしています
雨漏り箇所の確認です。

台風で2階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。
ここは以前も雨漏りしたことがあり、棟の積み直しを行ったことがあるそうです。
雨漏りしている箇所を確認し、屋根の上に上がると降り棟から雨水が入った可能性が高いことが分かりました。
岸和田市の1階のリビングの天井にも雨漏りしています
1階のお部屋の天井にも雨漏りが発生していました。

この上には下屋があり、位置的に外壁と下屋との取り合いから雨水が入った可能性があります。

下記で屋根の調査の様子をご紹介します。
岸和田市の屋根を点検します
2連の長いはしごを架けて大屋根(一番高い屋根)に上がりました。

屋根の調査は危険がつきものです。できるだけ安全にはしごを立てられる箇所を探し、一人が屋根の上に、もう一人が足元ではしごをしっかりと支えます。
岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
こちらが2階の洋室に発生した雨漏り箇所の上にある降り棟です。

雨漏りしている箇所が必ずしも真上だとは限りませんが、位置的に降り棟から浸入した雨水が内部に浸入した可能性が高いという見解です。
岸和田市の棟の内側に雨水が入った形跡があります
降り棟を確認すると、棟の内側に雨水が廻っている形跡が覆っていました。

写真を見ると、地瓦(屋根面に葺く瓦)に筋があるのが分かります。これは棟の内側に入った雨水が瓦の隙間から出てきていることを表しています。
岸和田市の屋根の土や瓦の成分が棟の内側から出てきています
水平棟(横方向の棟)にも内側に雨水が入っている跡がありました。

黒っぽい雨だれの跡は、棟の内部に入った雨水が土のアクや瓦成分と一緒に出てきた跡です。屋根面にも雨水が流れますが、このような黒い筋は、棟の内側に雨水が入らないと残りません。
岸和田市の屋根の全体的に水が廻っている形跡があります
T様邸は屋根の全体的に黒い筋が残っており、屋根内部に雨水が廻っている可能性が高いことが分かりました。

この症状は珍しいことではなく、T様邸に限らず多くの住宅で確認されています。棟の内側に雨水が入るということは、少なからず小屋裏に雨水が廻っていることになります。その中で、部屋内まで雨水が出てくると、雨漏りとして認識されます。
岸和田市の鬼瓦の取り合いのシーリングが傷んでいます
T様邸は鬼瓦の取り合いにシーリングを充填して防水・固定している形状でした。

このシーリングは瓦同士の隙間を埋めて雨水の浸入を防止していますので、このように劣化して剥がれてくると隙間から雨水が入ってしまいます。
修理工事では、既存のシーリングを撤去してきちんと打ち直す必要があります。
岸和田市の降り棟の瓦を積み直します
雨漏りの原因の可能性が高い降り棟は一度解体して葺き直します。

T様邸の降り棟はパッと見た感じでは問題が無いように見えますが、のし瓦の勾配が狂って雨水が棟の内側に入り込んでいる可能性があります。棟の高い位置から雨水が浸入しても軒先に伝って部屋内に出てくることがありますので、雨漏りを止めるために棟を端から端まで積み直します。
岸和田市の水平棟も一部積み直します
棟の積み直しを行う際に、取り合いの水平棟も一部解体して積み直さないといけません。

T様邸は他の棟からも雨水が入っている可能性がありますが、すべての棟を積み直すとなると予定している予算よりオーバーしてしまいます。そのため、部屋内に出てきている雨漏りを止めるために、関係のある降り棟1か所を積み直すことになりました。
岸和田市の下屋の漆喰が手前に出過ぎています!
1階のお部屋の天井に発生した雨漏りは、面戸漆喰の詰めすぎに原因がある可能性が高いことが分かりました。

降り棟と壁際の屋根面との取り合いには隙間が大きくあくため、漆喰が詰められています。(面戸漆喰と言います)
以前、ご主人様がここの漆喰を上から詰め直したそうで、手前に出過ぎている状態でした。漆喰が手前に出ていると、雨水が直接あたり、漆喰が雨水を吸い込んで内部に入ることがあります。
岸和田市の下屋の壁際の瓦を覆うように水切りを取付けます
雨漏り箇所の位置からすると、壁際から雨水が浸入していますので、壁際に詰められた漆喰が雨水にあたらないように大きな板金で覆って雨仕舞することになりました。

壁際から屋根面にかけて形状を合わせて板金を加工して取付けます。
屋根の工事は屋根職人が、板金工事は板金職人が行います。
次は雨漏り修理に伴う降り棟の積み直しの様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747