熊取町で窓周りから雨漏りが発生し外壁にクラックがありました


泉南郡熊取町で「台風の時に1階の窓枠から大量に雨漏りしてるんです」とのお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。S様邸は化粧スレートの屋根で外壁はモルタル塗装仕上げです。
熊取町の雨漏りの現地調査
雨漏りしているのは1階のお部屋で、真上にあるお部屋には雨漏りしないないことから、原因は屋根ではなく外壁や窓周りにある可能性があります。
屋根に雨漏りの原因があると、屋根の下のお部屋、2階部分にも雨漏りが発生することがほとんどです。
熊取町の1階リビングの窓枠から雨漏り発生
雨漏りしている1階の腰窓です。
台風の時に窓の上から雨水がポタポタと落ちてきて、下にビニールシートを敷いて養生されていました。
熊取町の窓枠のクロスが浮いています
S様邸は窓枠にクロスを張ってい仕上げているのですが、雨水が死にこんで浮いてきていました。
熊取町の壁まで水が伝っています
窓の上から染み込んだ雨水は壁を伝って、雨染みが残っていました。
台風当時は大量の水が入ってきたそうです。
熊取町の窓の上を確認します
窓枠からの雨漏りは実は多く発生しています。
窓枠の雨漏りの原因として多いのが、窓周りに施したシーリング(弾力のある防水材・コーキングとも言います)の劣化です。窓を取付ける時に、窓枠を外壁にはめ込むのですが、取り合いには必ず隙間ができます。その隙間から雨水が入らないようにシーリングを充填して防水しているので、そのシーリングが劣化して割れてくると雨漏りのリスクが高まります。
そして、窓周りだけでなく、上の外壁にひび割れがあると、そこからも雨水が浸入することがあります。

お部屋の中の雨漏り状況を確認させていただきましたので、続いて外部から調査します。
熊取町の庇の上に大きなクラックがあります

窓の上の庇を確認すると、やはり外壁に大きなクラック(ひび割れ)がありました。
台風など、雨が吹き降りの時には外壁に直接、大量の雨水が打ち付けますので、このようなひび割れから雨水が浸入することがあります。
普段の雨ならそれほど入ることはないかもしれませんが、シーリングを充填するなど処置が必要です。
熊取町の外壁の目地のシーリングも割れています

庇の上の外壁で、目地のシーリングも割れていました。

モルタル外壁は、地震の影響や経年で必ずクラックが発生します。そのことを踏まえて、クラックが発生しやすい箇所にあらかじめ目地を設けているのですが、その目地に充填しているシーリングが割れてきていました。
目地のシーリングの劣化でも雨漏りの原因になる可能性がありますので修理工事の際はシーリングを打ち直します。
熊取町の窓の上もシーリング充填のご提案
窓周りの状態も確認しました。大きなひび割れはありませんでしたが、念のため窓周りもシーリングで防水するご提案をさせていただきました。
熊取町の竪樋のつかみ金物が外れています
雨漏りとは直接関係ないですが、竪樋を外壁に固定しているつかみ金物が破損していました。
熊取町の伸縮ゲートの駒が外れています
また、外構の伸縮ゲートの駒も外れていました。
雨漏りは、雨水を拭き取るだけでは止まりません。原因を探って、修理を行わないといつまでも雨漏りする可能性があります。雨漏りを放置すると、木部の腐食やカビの発生、シロアリの被害に遭うなど、様々な悪影響を及ぼしますので、できるだけ早めに業者に見てもらい処置しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........