オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の倉庫の雨漏り修理で波型スレート屋根のフックボルトを防水


和泉市の倉庫の屋根の雨漏り修理です。以前、天井の明かり取り付近から雨漏りが発生し、周辺のスレートのひび割れなどを補修させていただいたのですが、また同じところから雨漏りするんです、とのご報告を受けて再度現地確認し、怪しい箇所を処置しました。明かり取りの波型スレートの上に、エポライトという透明の波板を被せて固定し、全体を保護します。また、波型スレートを固定しているフックボルトが錆びつき、取り合いから雨水が浸入する可能性があったので、明かり取りの左右約5mと上下約2mの範囲のボルトの頭にシーリングを充填して防水させていただきました。
和泉市の倉庫の床に雨水が落ちてきています
以前の補修でしばらく雨漏りしていなかったのですが、雨の量や風向きによって、床に雨水がポタポタと落ちてくる状態です。
雨が降った時に確認にお伺いすると、床に雨水が落ちてきていました。
和泉市の倉庫の明かり取りの窓付近から雨水が落ちてきています
雨水が落ちてくる床の上には明かり取りがあります。
倉庫の内部は暗い為、光を通す波型スレートを部分的に取付けて光を取り込んでいます。
和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
屋根の上の状況です。
明かり取りの波型スレートの上にエポライトという透明の波板を重ねて取付け、保護します。
エポライトとは、FRP製の採光材料です。防水性、断熱性、耐候性を兼ね備えており、透明なので光を取り込むことができます。
FRPとは、ガラス繊維強化プラスチックのことで、ベランダの防水などでも使用されています。
和泉市のエポライトを金属のフックで固定します
波型スレートを固定している既存のフックボルトを外し、上にエポライトを重ねて、2枚一緒にフックボルトでしっかりと固定します。
既存のボルトは錆びついていたので新しいボルトで固定させていただきました。
和泉市の倉庫の屋根の上の波板の下に差し込みました
上にある既存の波型スレートの隙間にエポライトを差し込んで固定しました。取り合いの下に差し込まないと、雨水を受けて内側に浸入しますので、元も子もありません。
既存の波型スレートと同じ長さで同じ波型のエポライトなので隙間なく覆えます。これで、雨水が落ちてきても安心です。

雨漏りを止めるために、明り取り周りの波型スレートを固定している錆びついたフックボルトにシーリングを充填して防水することになりました。
波型スレートを固定しているフックボルトが錆びついたり緩んでくると、取り合いから雨水が浸入して雨漏りすることがあります。波型スレートは耐用年数が長く、長期に渡ってメンテナンスが不要と言われていますが、スレートを固定しているフックは定期的に点検しないと雨漏りの原因になってしまいます。
和泉市の浪型スレートを固定している金具周りの汚れをとります
屋根全体のフックボルトを交換する、もしくはシーリングで処置するとなると範囲が広く、費用もその分かさんでしまいます。ですので、雨漏り箇所の周辺で、左右約10m、上下約5mの範囲を処置させていただくことになりました。

まずはフックボルトの周りに付いている汚れを取り除きます。(汚れを取り除かないとシーリングがうまく密着しないからです)
和泉市のフックボルトにプライマーを塗布します
続いてフックボルト周りにプライマーを塗布します。

プライマーは接着性がある透明の塗料で、この上に充填するシーリングをしっかりと密着させる働きがあります。
シーリングをできるだけ長くもたせるためにはプライマーが必要不可欠です。
和泉市のフックボルト周りにシーリング充填
プライマー塗布後、フックボルト周りにシーリングを充填して防水しました。
フックボルトと屋根面に隙間ができないように充填します。
和泉市のフックボルトをヘラで押さえます
シーリング充填後、ヘラで押さえて空洞や隙間ができないようにきちんと充填しました。
シーリングを盛りすぎても雨水を受けてしまいますので、ヘラで伸ばしながら調整します。
和泉市の倉庫の屋根の補修完了
この流れで、ひとつひとつフックボルトを補修していきました。
左右約10m、上下約5mの範囲ですが、職人二人がかりで作業をしても半日ほどかかりました。
和泉市の倉庫の屋根の補修完了です
補修後の屋根の全景です。
クリアのシーリングを使用したので、補修箇所は目立ちません。
雨水は屋根の下地(今回は鋼材)を伝ってあらゆる箇所から出てきます。そのため、今回は範囲を広げて補修させていただきました。
雨が降った時に確認させていただきましたが、今のところ雨漏りしていない、とのことです。

波型スレートは丈夫で長持ちしますが、汚れが付着しやすく、劣化が進むと割れやすいというデメリットがあります。長い間メンテナンスしておらず、雨漏りしているなど不具合があれば街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747