オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!


工事のきっかけ

岸和田市 雨漏り修理,防水工事

ビフォーアフター

before
岸和田市のベランダ防水前
horizontal
after
岸和田市のベランダ防水後

工事基本情報

施工内容
雨漏り修理,防水工事
施工期間
6日間
使用材料
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
施工内容その他
築年数
約26年
保証年数
2年
工事費用
約31万円(税込み)
建坪
約23坪
ハウスメーカー
●● 岸和田市のベランダ防水の施工事例です ●●

ベランダの下にあるキッチンの窓枠から雨漏りが発生し、
街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

ベランダを確認すると、床や立ち上がり部分など、あちこちにひび割れが発生しており、
雨漏りのリスクが高くなっていたので、ベランダ全体を防水しなおすことになりました。

防水の種類は「ウレタン塗膜防水」です。


岸和田市のキッチンの窓枠が腐食して垂れ下がってきています

● U様邸のキッチンで発生した雨漏りの状況です。

キッチンの掃き出し窓の上の方から雨水が浸入し、
窓枠が腐食して垂れ下がっていました。

以前から雨漏りしていたそうですが、2階にも水回りがあり、1階はほとんど立ち入ることが無かったので様子を見られていましたが、今後、1階で生活する可能性がでてきたのできちんと修理したい、とのご希望です。

岸和田市の窓の際の床板まで濡れて変色しています

● 窓枠から雨水が落ちてきて、床まで達していました。

長い間、何度も水に濡れたので床板が変色していました。

窓の上の壁のクロスにも水が廻った形跡があったので、雨水が浸入しているのは窓枠ではなく、上に設置されているベランダだという見解でベランダを防水することになりました。

岸和田市の約8畳ほどの大きなベランダです!
● 雨漏りしているキッチンの上には約8帖ほどの広いベランダがあります。

防水層の上に保護モルタルを敷いた形状でした。

以前にも雨漏りしたことがあり、ご主人様が防水系の塗料を塗って応急処置されたそうです。



岸和田市のベランダのひび割れから雨水が浸入してしまいます

● ベランダを確認すると、床や立ち上がり部など、あちこちひび割れが発生している状態でした。

ベランダは外部に設置されているので、雨水の影響を受けやすい箇所です。

そのため、何かしらの方法で防水されていますが、このようにひび割れが発生すると雨水が浸入して雨漏りすることがあります!


岸和田市のベランダの塗膜が剥がれています

● 以前雨漏りした時に、ご主人様が施した防水系の保護塗料の塗膜が剥がれている箇所もありました。

よく確認すると、塗膜が剥がれた部分がひび割れています。

ベランダは雨水が排水溝に流れるように勾配が付けられているので、ひび割れから浸入した雨水は低い方へ流れていきます。

そのため、雨漏り箇所から離れた箇所のひび割れでも雨漏りの原因の可能性があるため、ベランダ全体を防水しないといけません。


U様邸のベランダのウレタン塗膜防水工事の様子をご紹介します!

岸和田市のベランダにウレタン塗膜防水を施します!

● ベランダの状態を確認すると、劣化により雨漏りのリスクが高くなっていたので、
雨漏りを止めるために防水することになりました。

防水の種類は「ウレタン塗膜防水」です。

防水の種類はいくつかありますが、U様邸のベランダは面積が広く、
手すりを支える土台があるなど複雑な形状でしたので、それに対応できる
ウレタン塗膜防水のご提案をさせていただきました。


ウレタン防水とは

●● では、ウレタン塗膜防水(ウレタン防水)とは、どんな防水なのでしょうか ●●

ウレタン塗膜防水は、液体状の防水材(ウレタン樹脂)を防水面に塗布して、防水層をつくる防水工法です。

ウレタン樹脂は粘り気のある液体状ですが、乾燥するにつれて硬化して弾力のあるゴム状になります。

☆ 液体状なので、段差や複雑な形状にも継ぎ目なく施工することができるのが最大のメリットです。

それでは、U様邸のベランダのウレタン塗膜防水工事の様子を順番にご紹介します!


岸和田市のベランダ防水のケレン作業
1.ケレン・清掃・躯体補修

まずは、剥がれてきている塗膜をヘラなどの道具を用いて剥がしていきます。

密着性が低下している塗膜が残っていると、この上に施工する防水層が浮いたり剥がれてくる可能性があるため、剥がさにといけません。

この作業を「ケレン」と言います。




岸和田市のベランダのひび割れをカッター切して面を広げます
2.躯体補修(くたいほしゅう)を行います

躯体補修とは、躯体や下地を補修することで、破損している箇所を補修することも含まれます。

防水面になるベランダに発生したひび割れを
補修していきます。

ひび割れの溝の奥まで補修材を行き届かせるため、
電動工具でカッター切りしてひび割れ面を広げました。


岸和田市のベランダのひび割れに樹脂を詰めて補修します
3.次に、ひび割れの中に補修材を詰めます

今回は、樹脂を詰めて補修しました。

ひび割れの補修で使用される補修材はシーリングやエポキシ樹脂など、いくつかあります。

上に施工する防水材と相性のいい補修材を使用しないと、密着しない場合があるので、何でもいいという訳ではありません。



岸和田市のベランダのドレン周りを削って設置
4. ドレンを交換します

ドレンとは、排水溝のことです。

ベランダには水を排出するために必ずドレンが設けられていますが、そのドレンが劣化すると雨漏りの原因になります。

特にドレンは雨水が集まる箇所なのできちんと防水しないといけません。

既存のドレンを撤去すると周囲を傷つけてかえって防水性が低下するので、上にはめ込むことができる「改修用のドレン」を使用します。

ドレンの周りを削らないとドレンとの取り合いに段差ができて雨水が流れないようになるので、削って位置を低くします。


岸和田市のベランダにドレンを設置して取り合いをコーキングで防水
5. 改修用のドレンをはめ込んで取付けました

ベランダの床との取り合いから雨水が浸入しないように、コーキングを充填してきちんと防水!!

この上にウレタン塗膜防水を施すと、更に防水性が向上します。

岸和田市のベランダにカチオンクリートを塗って下地を調整
6.カチオンクリートで下地を調整します

カチオンクリートをベランダ全体に塗布して新しい下地をつくります。

カチオンクリートはモルタルやコンクリートなど、様々な下地にしっかりと密着します。

薄塗で新しい下地をつくれるので、重くならず建物に負担をかけることがありません。

岸和田市のベランダのパラペット部分も防水します
7.ベランダのパラペットも防水するのでカチオンクリートで下地を調整します。

パラペットとは・・ベランダや陸屋根などの周囲に設けられた低い立ち上がり壁のこと

パラペットの天端が劣化してひび割れると、雨水を直接受けて雨漏りしてしまうので、防水工事の時は防水材で覆って防水性を向上させます。


岸和田市のベランダの下地調整完了
8.カチオンクリートを塗布して下地調整完了です!

防水面全体に新しい下地を形成したので、防水層もしっかりと密着します。

カチオンクリートはあくまでも下地なので、この上に防水を施さないといけません。


岸和田市のベランダにプライマーを塗布します
9.カチオンクリートを乾燥させてからプライマーを塗布します。

プライマーは接着効果がある透明の塗料です。

この上に施工する防水層がしっかりと密着するように、必ず行う工程です。

逆にプライマーを塗布しないと、防水層が浮いたり剥がれる危険性があります!


岸和田市のベランダにメッシュを敷いてウレタン樹脂を塗布
10.プライマー塗布後、ウレタン樹脂(ウレタン防水材)を塗布します。

U様邸のベランダは面積が広いので、後のひび割れを防ぐためにメッシュを敷いて補強しました。

メッシュを敷いて防水材を塗布することで、地震などの揺れを受けた時に割れにくくなります。


岸和田市のベランダのウレタン樹脂二回目塗布
11.補強のメッシュを敷き、ウレタン樹脂が乾いた後に2回目を塗布します。

ウレタン樹脂は乾くと弾力のあるゴム状になって雨水をシャットアウトしてくれますが、塗膜が薄いとその性能を発揮させることができません。

そのため、重ね塗りして塗膜に厚みをもたせていきます。

岸和田市のベランダをトップコートで仕上げます
12.ウレタン樹脂を2階塗り重ねた後、乾燥させてからトップコートを塗布して仕上げます。

トップコートは一番上に塗る塗料のことで、下にある防水層(ウレタン樹脂)を紫外線から守る役割があります。

ウレタン樹脂は紫外線にあたると劣化が進むので、トップコートで保護しないといけません。

トップコートには防水性が無く、あくまでも防水層を保護するためのものです。

岸和田市のベランダ塗膜防水完了状況

●●● ウレタン塗膜防水完了です!!●●●

トップコートを塗布し、見た目も美しく仕上がりました。

トップコートが劣化して割れたり剥がれてくると、防水層が紫外線に晒されて劣化が急速に進み、
雨漏りしてしまうので、今後はトップコートの塗り替えを定期的(5年くらいを目安に)に行いましょう。


⚠ ウレタン防水の難しいところは「塗膜を均等に施工しないといけない」ことです。
塗膜の厚みにばらつきがあると、雨水が溜まったり、劣化しやすくなってしまいます。

街の屋根やさん岸和田店は防水専門の職人により作業させていただきますので、安心してお任せ下さいね!

ベランダ防水後は、雨漏りしていないのでU様にお喜びいただけました!


この施工事例の現地調査から工事の様子を詳しくご紹介しています
↓↓↓↓

工事後のU様の声

岸和田市の雨漏り修理に伴うベランダ防水完了

「工事日などきちんとスケジュールを組んでいただいてこちらも動きやすかったです。すぐに見積書などを出していただき、即実行がすごいと思いました。これからも何かあったらお願いしますね」

雨漏りが止まって、安心してお過ごしいただいているとのことで、本当に良かったです。

また、何か心配なことがありましたらいつでもお声かけくださいね!


雨漏り修理は街の屋根やさん岸和田店へ!

◇◆ 街の屋根やさん岸和田店は雨漏りのご相談も承っております ◆◇

雨漏りでお困りの方は、お気軽にご相談くださいね!

また、防水工事は防水専門の職人が行っていますので安心してお任せください。

◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

【工事完了後】

岸和田市のベランダの入隅のクラックも補修
● ベランダの防水工事で、防水性を向上させるために、ベランダに面した外壁のクラック(ひび割れ)もコーキングで補修しました。
岸和田市の雨漏りで腐食している木材は交換します
● ベランダ防水後、雨漏りが完全に止まってから室内の改修を行いました。

雨漏りで腐食した窓枠や木部を交換し、クロスで仕上げています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)
施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の庭に落ちていた棟板金を再利用してビスで復旧!

岸和田市の棟板金飛散
岸和田市の棟板金取付完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
仮設足場、スレート、貫板(左右4m2本)、既存棟板金加工・固定、コーキング
築年数
築約21年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・約13万円(税込み)足場費用・9.3万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747