オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のベランダを密着工法で防水!補強のメッシュクロス入りです


岸和田市のベランダのひび割れをカッター切して面を広げます
岸和田市のベランダにカチオンクリートを塗って下地を調整
前回に引き続き、岸和田市のベランダ防水工事のご紹介です。
U様邸は1階のお部屋で雨漏りが発生し、上にあるベランダが劣化いる状態でしたのでウレタン樹脂塗膜防水(密着工法)を施すことになりました。
前回は、ベランダのひび割れの補修や下地調整までを詳しくご紹介したので、今回は防水層の形成(ウレタン樹脂の塗布)からトップコート塗布・完成までをお伝えします。

ベランダ防水では防水を施す面にひび割れがあったり、汚れていたりすると防水層が密着しないので、必ず下地調整を行います。ひび割れなどをきちんと補修し、ケレン(清掃)、カチオンクリートで下地をリセット(調整)しました。
岸和田市のベランダにプライマーを塗布します

下地調整で塗布したカチオンクリートが乾いた後、壁の立ち上がり部分から床全体にかけてプライマーを塗布します。

プライマーは透明の接着剤のような塗料で、防水層と下地を密着させる役割があります。

プライマーが薄塗りだったり、ムラがあったりすると、その部分だけ密着力が弱くなり早い段階で浮きや剥がれの症状が出てくることがあります。

この工程を省くとせっかく形成した防水層が長持ちしないので必ず行います。
岸和田市のベランダにメッシュを敷いてウレタン樹脂を塗布

プライマーをムラなく塗布した後、メッシュクロスを敷いてその上に液体状のウレタン樹脂1回目を流し込んで均等になるようにローラーで伸ばします。(合計2回塗布します)

メッシュクロスは網状のシートで、ベランダの大きさにカットして使用します。
メッシュクロスを敷くと、ウレタン樹脂が厚膜に仕上がり、クラック(ひび割れ)に対応した補強ができます。
岸和田市のベランダのウレタン樹脂が乾いてから二回目を塗布します
ウレタン樹脂は液体状ですので、様々な形状の場所に施工でき、継ぎ目のない防水層をつくることができます。
乾くとゴム状になり、水を通さない防水層になります。
厚みによって耐久性が変わってきますので、既定の厚みを確保して肉厚に仕上げないといけません。
岸和田市のベランダのウレタン樹脂二回目塗布
1回目のウレタン樹脂がしっかりと乾いてから2回目の塗布を行います。

2回に分けて塗り重ねることで、厚みのある防水層になります。
岸和田市のベランダにウレタンをたっぷりと塗布して厚膜に仕上げます
ウレタン樹脂をたっぷりと塗布していきます。

防水層自体は2層ですが、一番初めに塗布したプライマーと、この後に塗布するトップコートを合わせると4層になります。下地の状態によってはウレタン樹脂を3回塗布する場合がありますが、この方法が一般的な密着工法の防水です。
岸和田市のベランダをトップコートで仕上げます
ウレタン樹脂が乾いてからトップコート(一番上に塗る塗料)を塗布して仕上げます。

ウレタン樹脂は紫外線に直接あたると劣化が進んでしまいますので、必ずトップコートを塗布して保護する必要があります。また、ウレタン樹脂はベタベタしているので歩行に不向きですがトップコートで仕上げると歩行可能になります。
岸和田市のベランダ塗膜防水完了状況
ウレタン樹脂塗膜防水施工完了です。

今後は、約5年に一度くらいにトップコートの塗り替えを行うと、下にある防水層が劣化しにくくなり長持ちします。
トップコートがひび割れたり剥がれたりして防水層が露になると、劣化が進み、今回のように防水層から施工しないといけなくなり、費用もかさんでしまいます。
岸和田市のベランダにドレンも交換したので安心です
ベランダの劣化部分・ひび割れを補修してから防水し、古くなってきていたドレン(排水口)も交換したので安心ですね。

ベランダからの雨漏りは意外と多く発生していますので、異変に気づいたら早急に業者に見てもらいましょう。
街の屋根やさん岸和田店は、数多くの雨漏り修理の実績があり、屋根専門の職人も在籍していますので、心配なことがございましたらご相談くださいね。

次は雨漏りで腐食した窓枠の交換やその他の工事をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)
施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市で足場を設置しました

泉佐野市の出窓に発生した雨漏り修理です。Y様邸は鉄骨造の3階建てで、3階にある洋室の出窓の天井から雨水が浸入しました。調査を行うと、出窓の天板とサッシとの取り合い部に充填しているシーリングが劣化し、割れて隙間があいていることが分かり、この工...........

泉佐野市の出窓から雨漏りしているとのご相談

泉佐野市の出窓に発生した雨漏りの現地調査です。Y様邸は3階建ての鉄骨造で、3階の出窓から雨漏りし、出窓の天井板に水が廻って表面が割れて剥がれてきており、窓の下にまで雨水が達して壁のクロスも浮いてきている状態です。外部から出窓を確認すると、出...........

貝塚市の軒裏に雨水が伝ってくるとのご相談

貝塚市にお住いのT様より「軒裏に水が伝ってきてる気がするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。T様邸は2階建ての和風建築で、軒裏に垂木が見えている形状です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747