岸和田市の塗装前のクラック補修でエポキシ樹脂を使用しました!


岸和田市の現場で足場を建てます
岸和田市の現場の足場にメッシュシートを張りました!
岸和田市の屋根の鬼瓦の取り合いなどの漆喰の詰め直しと外壁塗装工事で前回、屋根の漆喰工事をお伝えしたので、今回は外壁塗装に伴う壁のクラック補修の様子をご紹介します。
先に塗装工事で使用する仮設足場を設置しました。

F様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、クラック(ひび割れ)がいくつかありました。
クラックの上から塗装すると、一見きれいに見えますが、修理される訳ではないので、またひび割れが顔を出します。

髪の毛ほどの細さのひび割れなら弾性の塗料を擦り込んだり、シーリングを充填する方法で処置できますが、幅が広くなると躯体補修を行わないといけません。

岸和田市の外壁のひび割れ
外壁にこのようなひび割れが数か所ありました。

外壁のひび割れた部分から雨水が浸入し、外壁の劣化を早めたり、雨漏りすることがありますので、塗装だけでは防水性能を確保することができません。
ですので、塗装前にひび割れなどの傷んだ部分をきちんと修繕することが何よりも大切です。
岸和田市の外壁の誘発目地が割れています
壁の誘発目地もひび割れていました。
誘発目地とは、ひび割れが発生しそうな個所にあらかじめ設ける目地のことで、この目地を設けることで周りに発生するひび割れを少なくできます。
誘発目地がひび割れると役目を果たしているのですが、そのまま放置はできないのでシーリングを充填して処置します。
岸和田市の外壁に電動カッターでひび割れ面を広げます

それでは、外壁に発生したクラック補修の様子をご紹介します。
まずは、ひび割れ面に沿って電動カッターを入れて、ひび割れの溝を広げます。
「外壁を傷付けて大丈夫なの?」と心配されるかもしれませんが、この方法がより強固に補修できるのです。
ひび割れの溝が広くなると、補修材を厚く充填できますし、割れの奥の方までしっかりと充填することができるからです。
岸和田市のひび割れの溝の中をきれいに掃除します!

電動カッターでひび割れ面を広げ、その溝の中を刷毛できれいに掃除します。
溝の中にはカッター切した時の粉塵が残っていますので、そのまま補修材を充填するとうまく密着しないですし、粉塵が絡んでいるので剥がれやすくなってしまいます。
ですので、刷毛で掃除しないといけないのです。
岸和田市の外壁のひび割れにプライマーを塗布します!
続いて、溝の中にプライマーを塗布します。
プライマーは、接着剤の役割がある塗料ですので、ムラなく丁寧に塗布しないといけません。
塗りムラがあると、そこだけ補修材の密着力が悪くなり、剥がれの原因になってしまいます。
岸和田市の外壁のヒビ割れにエポキシ樹脂モルタルを充填!
プライマー塗布後、エポキシ樹脂モルタルを充填します。

エポキシ樹脂モルタルは主剤と硬化剤をよく練り混ぜて使用する補修材です。非常に軽量で、強固なので、充填した箇所が割れることはありません。
岸和田市のひび割れ補修面をヘラで押さえてしっかりと充填
ひび割れの奥に空洞ができるといけないので、ヘラを使って奥までしっかりと充填し、表面を整えて仕上げます。

この後、塗装を行いますが、補修した面が平らなのでそこだけが浮いて見えて目立ってしまいます。
少しでも外壁に馴染むように、塗料でパターン付け(外壁に似た模様をつける)してから塗装します。
岸和田市の外壁の誘発目地をきれいに掃除します
誘発目地のひび割れも補修します。

まずは目地を刷毛できれいに掃除します。(目地に汚れが溜まっていると、シーリングがうまく密着しないため)
岸和田市の外壁の誘発目地にプライマー塗布
続いて、誘発目地にプライマーを塗布します。
プライマーはシーリングを密着させる重要な役割がありますので、丁寧に塗布します。
岸和田市の誘発目地にシーリング充填
誘発目地にはシーリングを充填します。
シーリングは弾力がありますので、地震などで建物が揺れた時に追従してくれます。
シーリング充填後、表面をヘラで押さえて奥までしっかりと押し込みながら表面を整えます。
岸和田市の各所にシーリング充填完了
外壁に付帯している部分、換気カバーや庇の取り合い、窓周りなどにもシーリングを充填して防水しました。

取り合い部分のシーリングが劣化して切れてくると、雨漏りのリスクが高くなってしまいますので、塗り替えの時には必ず打ち替えます。

塗装工事は、ただ塗装すればいいと言う訳ではありません。
建物の傷んだ部分をきちんと修繕してから塗装しないと、防水性能が確保できないからです。
ひとつひとつの工程を確実に積み重ねることで、塗料の性能を最大限に引き出せるのです。

街の屋根やさん岸和田店は、事前の調査で建物の状態をしっかりと確認し、それをもとにより良いご提案をさせていただいておりますのでご安心ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の外壁を塗装します

泉大津市で台風21号で雨漏りが発生し、屋根のケラバ水切りやカラーベストの差し替えなどを行いました。現地調査の時のご相談で屋根や外壁の塗装もそろそろかな、というお話があり、屋根を修理した後に続いて塗装工事も行いました。前回、屋根塗装をご紹介し...........

泉大津市の屋根・外壁塗装

泉大津市の屋根・外壁塗装のご紹介です。A様からの初めのご相談は、「台風で屋根材が飛散し、雨漏りが発生した」とのことでしたが、現地調査の際に、「そろそろ塗装もした方がいいですよね・・・」と、お見積りの依頼があり、屋根修理後、塗装も行うことにな...........

泉佐野市の塗装前の様子

泉佐野市の築12年の戸建て住宅の塗装工事で今回は外壁塗装の様子をご紹介します。T様邸の外壁はサイディングの外壁で、目地のシーリングが劣化して割れてきていたので塗装前に各所のシーリングをすべて打ち替えました。その後、高圧洗浄で汚れや傷んだ塗膜...........