オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市で雨樋の固定や、棟板金・テラス平板の復旧を行いました


岸和田市で足場を建てました
岸和田市のK様より、台風で屋根の鉄板が落ちたり、テラスの屋根が飛んだりしているとのご相談をいただき、現地調査を行い各所修理工事を行いました。
今回は修理工事の様子をご紹介します。

屋根の修理の際に使用する、作業用の足場を一部建てさせていただきました。
岸和田市の棟板金を取付けます
まずは飛散した棟板金の復旧工事です。

棟板金とは、化粧スレート(平型に形成した屋根材)屋根の面と面が合わさる部分に被せる板金部材のことで、これが無いと瓦の内側に雨水が入ってしまいます。
瓦の下には防水シートを敷いているのですぐに雨漏りすることはありませんが、建物にとって水は大敵ですので、放置してはいけません。
岸和田市の棟の貫をビスでしっかりと固定

棟板金の下には「貫板」と呼ばれる長い下地の板があり、そこに板金を釘留めしています。台風の強風では下地の貫板も一緒に飛ばされているケースがありましたが、K様邸は板金のみが飛散している状態でした。
下地の貫板は上に板金を被せているので雨水などに濡れにくいですが、湿気の影響や板金の隙間から入った雨水で腐食してきます。そうなると、板金を留めている釘が効かなくなり、風で飛ばされやすくなってしまいます。
ですので、棟板金が飛散するということは貫板も古くなっているということなので、同時に交換をお勧めします。

屋根に残った貫板を撤去して新しい板を取付けました。
貫板を飛ばされにくくするためにビスでしっかりと固定しました。
岸和田市の棟に板金を取付けます

下地の貫板を屋根に打ち付けて、その上に板金を被せて取付けます。
屋根の棟は長さがあるので、数枚の板金を繋げて固定していきます。
写真の奥の方に屋根の板金が映っていますが、既存の板金はトタン(鉄板を表面加工したもの)なので、経年で錆びてきてしまいます。(トタンは素材が鉄板なので、表面が傷んでくると雨水と空気により酸化して錆が発生します)

今回は錆びに強いガルバリウム鋼板を使用したので長く使用できます。
岸和田市の板金の継ぎ目にコーキング充填
板金同士の継ぎ目にはコーキングを充填して接続・防水します。
岸和田市の棟板金復旧完了
棟板金の復旧完了です。
今回は飛散した部分のみの修理です。
岸和田市の集水器が外れています
同時にご相談があった樋の修理も行いました。
ベランダの水を排出するための集水器(雨水を集めて流すじょうご)が風に煽られて外れていました。
このままでは、取り合いから雨水が漏れてきてしまいます。
岸和田市の集水器をビスで固定
外れた集水器を元に戻して、外壁に向かってビスでしっかりと固定しました。
既存のビス穴を使うとビスが効かないので、別の位置で固定しました。
岸和田市の集水器の取り合いにコーキング充填
ビス頭から雨水が染み込まないようにコーキングを充填しました。
集水器の周囲にもコーキングを充填したので以前よりしっかりと固定できます。
岸和田市の呼び樋を固定している針金が切れています
集水器の下に繋がっている呼び樋(軒樋と竪樋とを結ぶ樋)も強風の影響でズレていました。
こちらの呼び樋は下屋に這わせているので、距離があるため屋根面に針金で固定しています。(瓦の隙間に釘を打ってそこに針金で固定)その針金が切れていました。
岸和田市の呼び樋をステンレス線で固定しました
樋のズレを戻して、今回は錆びに強いステンレス線で固定しました。
屋根の上を這わせている呼び樋は長いことが多く、風に煽られて外れたり割れたりするのでしっかりと固定していると安心ですね。ステンレス線は針金よりも長持ちします。
岸和田市のテラスの平板を復旧します
飛散したテラス屋根の平板の復旧も行いました。
ベランダのテラス屋根の板を復旧する時、張りじまい(一番最後に張る板)の板はベランダの外側から取付けないといけません。
ですので、梯子が架けられなかったり、3階など高い位置の修理で危険を伴う場合は作業用の足場が必要になります。
岸和田市で使用するポリカ平板をカットして使用します。
エクステリア専門の職人が、ポリカーボネート素材の平板をカットし、施工します。
ポリカーボネートは衝撃に強いので、物がぶつかってもそうそう割れることはありません。昔多く使われていたアクリル板は経年で割れやすくなりますが、それに比べてポリカーボネートは断然長持ちします。
岸和田市のテラス屋根復旧完了
飛散した平板の復旧完了です。
既存の平板は紫外線などの影響で色褪せているので、新しく張った平板と新旧の差がありますが、基本的には同じ色で合わせています。
和田市の面格子交換完了
物がぶつかって破損していた窓の面格子も新しく交換しました。
面格子が破損すると、見た目も悪くなりますし、破損の状態によっては防犯面でも心配ですが、新品になったので安心ですね。
「台風で屋根とかに被害が出てずっと気になっていたけど、これで安心して暮らせます。また何かあったらお願いします」
K様より嬉しいお言葉をいただきました。お力に慣れて本当に良かったです。
今後ともよろしくお願い致します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金が浮いているとのご相談

忠岡町で棟板金の固定工事を行いました。お隣の方に「窓から板金が浮いているのが見える」と教えていただき、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747