岸和田市の耐震工事のご相談/屋根葺き替えや塗装などの現地調査


岸和田市の屋根葺き替えなどの現地調査
岸和田市のN様より「今後発生するかもしれない大地震に備えて、安心して暮らせるように屋根葺き替えなどをかんがえてるんです」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
築30年の住宅で、建具の建付けが悪くなったり、隙間が開いているので心配になったそうです。

N様邸の屋根は洋瓦で、土葺き工法の屋根です。
土葺き工法は、大量の土を下地にして屋根瓦を固定している屋根で、昔は多くの住宅の屋根で採用されていた施工方法ですが、最近では地震時の影響を少なくするために土を使用せずに瓦を葺ける引っ掛け桟工法が主流になっています。
岸和田市の屋根の瓦が全体的にズレています
N様邸の屋根の瓦は、下屋も含めて全体的に下方向にズレてきている状態でした。
瓦を葺いた当初は葺き土に粘り気があるので瓦が密着されていますが、月日と共に土が乾燥してきます。土が乾燥すると瓦を固定している力が弱くなるので強風や地震などの力が加わった時にズレやすくなります。
そして、瓦に隙間ができるとそこから雨水が浸入して、下地の傷んだ部分から雨漏りする可能性がありますし、瓦の内側に水が廻って下地の土が流されて、更にズレがひどくなる悪循環になってしまいます。

岸和田市の瓦の下地の土が流れています
瓦を一枚そっとめくると、やはり下地の土が雨水と一緒に流されて痩せていました。
この状態では、強風で瓦が飛散したり、雨漏りに発展する可能性もあります。
岸和田市の屋根の漆喰が剥がれてきています
谷樋(屋根の谷部分に設けた雨樋)はカラー鋼板で錆びついており、谷樋沿いの漆喰が剥がれてポロポロと落ちていました。
谷樋は雨水が集中するので、傷みやすく雨漏りしやすい箇所です。谷樋の錆が進んで穴が開くと雨漏りのリスクが高くなってしまいますので、現在では錆に強いガルバリウム鋼板やステンレス素材の谷樋を採用することがほとんどです。
ご相談の結果、瓦と土を降ろして軽い屋根材(カラーベスト)に葺き替えることになりました。
屋根を軽くすることで建物の重心が下になり、地震発生した時に揺れが少なくなります。
土葺きの屋根は屋根にたくさんの土が載っておりかなりの重量ですので、土を降ろして屋根を葺き替えると、耐震診断での数値(倒壊の危険性のレベル)がぐっと改善されます。
岸和田市の外壁がチョーキングを起こしています

続いて外壁の調査を行いました。
N様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、塗膜が傷んで素地から剥がれてきていました。
外壁の塗膜の劣化を確認するには、外壁を手でこすってみることです。写真のように、手のひらに白い粉状のものが付着すると、塗り替えの時期にきている状態です。(この症状をチョーキングといいます)
塗料は塗った当初は素地に密着していますが、紫外線や雨風などの影響で次第に粉化して剥がれてきます。その粉化した塗膜が手に付くと言う訳です。(チョーキングを起こしにくい塗料もあります)

岸和田市の外壁のクラック

外壁の劣化の症状で代表的なものが「クラック」です。
クラックとはひび割れのことで、モルタルの外壁によく見られます。(サイディングなども割れます)
クラックは、その大きさによってメンテナンス方法が異なり、大きいクラックは放っておくと雨漏りの原因になったり、建物の強度にかかわることもありますので、見るからに大きなクラックを見つけたら一度業者に見てもらいましょう。

今回は、屋根葺き替えで足場を建てることもあり、せっかくなので外壁のクラックをきちんと補修してから塗装することになりました。
岸和田市のベランダをウレタン防水します
屋根を葺き替えて、外壁を塗装すると、建物の防水性能が高くなりますが、気をつけにといけないのがベランダやバルコニーです。
ベランダには必ず防水処置が施されていますが、外部に面しているので紫外線や雨風の影響を受け、日を追うごとに劣化していきます。防水部分が傷んでくると、雨漏りしてしまうことがありますので、定期的なメンテナンスが必要となります。
屋根や外壁に手を加えたのにベランダがそのままの状態だと、その部分が致命傷となり雨漏りに発展・・・となるととても残念ですね。ですので、今回の工事でベランダにウレタン樹脂塗膜防水を施すことになりました。

岸和田市のベランダ手すりをアルミの笠木付き手すりに入替え
ベランダの手すりも笠木付きのアルミ手摺に交換します。
鉄製の手すりは錆が発生し、穴が開いて強度が落ちたり、手すりの支柱の根元部分から雨水が入って、内部にまで達するなど問題が起こっているからです。
笠木付きのアルミ手摺に交換すると、錆の発生や雨漏りなど、そういった心配をしなくて済みます。
岸和田市のテラス屋根を入れ替えます
今後、手を加えなくてもいいように、今回の工事でベランダのテラス屋根もアルミ製に入替えることになりました。
黄色く変色した波板は、透明感のある平板のパネルになります。
岸和田市の塀を撤去してカーポートを入れ替えます
同時に外構のご相談もありました。
ご家族様が快適に暮らせるように、前面の塀を撤去し、カーポートを入替えて、すぐ隣にサイクルポートも設置します。
植木も撤去するので外構が今よりもスッキリとしますね。
岸和田市で制振装置を取付けます
今回の工事の課題は「地震に強い家に」ということなので、屋根の葺き替えに加えて制振装置も取付けることになりました。
こちらの装置は特許取得のマックワンです。
マックワンを数基取付けると、地震の揺れを吸収してくれるので揺れが半減!低価格で地震対策ができます。
他にもお風呂・洗面台入替や、廊下の床張り替え、玄関ドア入替なども行います。

いつか起こるかもしれない巨大地震に備える工事ということで、N様が安心して暮らせるようにしっかりと工事をさせていただきました。
次は工事の様子をお伝えします。


街の屋根やさん岸和田店は、耐震工事のご相談も承っておりますので、お気軽にご相談くださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)
施工事例

岸和田市土生町で屋根の洋瓦(エアルーフフレンチ)葺き替え工事

岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
エアルーフフレンチ
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
20年間
工事費用
約170万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

高石市の屋根に野地板設置完了です

高石市の屋根葺き替え工事のご紹介です。前日、既存の瓦と葺き土の撤去からゴムアスルーフィング張りまでの様子をご紹介しました。(上の写真はその時の様子です)今回は、屋根材を葺いている様子をご紹介します。K様邸は土葺きの瓦屋根でしたが、雨漏りが発...........

高石市の足場を組み立てます

高石市で大雨の日に雨漏りが発生し、今後の地震にも備えたいとのことで屋根を葺き替えることになりました。土葺きの重い瓦屋根からカラーベストに葺き替えるので、建物の重心が下に下がり、地震の揺れが発生した時に重い屋根よりも安定して有利になります。今...........

高石市の2階の天井で雨漏りしています

高石市にお住いのK様より「大雨が続いた日に2階の天井に雨漏りの跡が付いていて、天気のいい日に小屋裏を確認したら、日差しが入ってきているのが見えたんです。家自体が古くなってきているし、この機会に屋根を葺き替えようと思っているので相談にのっても...........