オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市で台風で瓦が落ちて雨漏り発生!地震にもお気をつけ下さい


泉大津市の皆様こんにちは!

街の屋根やさん岸和田店の小南です。

最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。

台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。

「台風」「地震」「突風」「豪雨」などの自然災害時に受ける被害を最小限に抑えるために、
今一度「屋根の点検」を実施してはいかがでしょうか。

街の屋根やさんの無料点検

台風や地震で屋根の瓦が落下するかもしれません。

また、屋根に被害を受けて雨漏りするかもしれません。

それらの被害を抑えるためには定期的な点検・メンテナンスが必須です!

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検はもちろん、
お住いの点検のご相談を承っております!
↓↓↓↓


それでは、台風被害に遭った泉大津市S様邸の事例をご紹介します!!

泉大津市の台風で被害に遭った屋根の調査

泉大津市・W様邸は築50年ほどの、木造・2階建ての住宅です。

屋根は土葺きで、シルバーの釉薬瓦(ゆうやくかわら)を葺いています。

釉薬瓦とは・・粘土を瓦の形に整えて、釉薬というウワグスリをかけて焼いた瓦のこと。
表面がガラス質に覆われてツルツルしているのが特徴です。

台風の強い風で屋根の瓦がバラバラに飛ばされて、室内に雨漏りしてしまいました。

こちらの住宅は現在空き家になっていますが、今後賃貸として使用する予定なので、
屋根を修理して雨漏りを止めたいとのご相談です。

また、雨漏りで傷んだお部屋の中の修繕のご相談もありました。


W様邸の室内の雨漏りの様子

泉大津市の室内で雨漏りしています

台風後に確認に行くと、屋根の瓦が大量に落下していることが分かり、慌ててお部屋の中に入ると、2階の和室の天井で雨漏りしていたそうです。

その時は空き家にしていたので、しばらく様子を見られていたそうですが、このままではどんどん傷むばかりなので、きちんと修理して賃貸として使用することを視野に入れられた、ということです。

泉大津市の壁にカビが生えています

台風の後、1年以上が経過してからのご相談で、屋根の応急処置も
できていなかったので、雨漏りが進行していました。

天井板が雨水に何度も濡れて、腐食して剥がれてきている状態です。
また、壁には嫌な雨染みがつき、カビが発生しています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨水は、屋根だけでなく、建物のあらゆる箇所から浸入します。

大雨の時だったり、風を伴う雨の時だけ雨漏りすることもありますし、
雨が降るたびに発生することも・・・!

では、雨漏りを何度も繰り返すとどんなことが起こるのでしょうか。


繰り返す雨漏りを放置するとどうなるの??

雨漏りを放置すると

建物にとって「水」は大敵です!

木部が何度も雨水に濡れ続けると、W様邸のように
「雨染みがつく」「腐食する」「カビが発生」するなど、被害がどんどん拡大してしまいます。

更に、「梁・はり」や「柱」などの重要な木部が腐食すると、
建物の強度が低下して、大きな地震が発生した時に倒壊しやすくなってしまいます!

カビが発生すると健康被害に発展する危険性もありますし、腐食した木部を
交換するとなると費用もかさんでしまいます。

☆ ですので、被害を拡大させないためにも、雨漏りに気づいたら早急な対応が必要となります。

それではなぜ、W様邸で雨漏りが発生したのでしょうか。屋根の被害状況をお伝えします。

泉大津市の軒先とケラバの瓦がズレています

W様邸で発生した雨漏りは、2階の和室の天井で、上には屋根があります。

屋根が急こう配で、屋根の上に上がることができなかったので、
下から屋根を確認すると、瓦が大量に落下していました。

台風の強い風を受け、軒先瓦とケラバの瓦がバラバラに落ちてしまっている状態です。

雨漏りしてるのは、軒先瓦が落下している部分の真下のお部屋で、瓦が落下したことが雨漏りの原因でした。


軒先瓦とは・・屋根の軒先(傾斜の一番低いところ)に葺く瓦

ケラバとは・・切妻屋根などの屋根の妻側(側面の三角になった箇所)の端部分


「軒先」や「ケラバ」は、屋根の端部分ですので、風や揺れをまともに受けてしまいます!


泉大津市の屋根の葺き土が流れています
W様邸の屋根は土葺き工法です。

土葺き工法は、瓦の下に粘り気のある土を敷き、瓦を密着させて葺く工法のことです。

台風で瓦が落下した後、何度も雨が降り、下地の土がほとんど流れていました!

土の下には黒い防水紙を敷いていますが、昔の防水紙は耐久性が低く、その役割を果たしていない状態です。

泉大津市の屋根の下地が傷んでいる可能性があります
瓦が落下し、葺き土が流れ、防水紙もあまり意味をなしていないので、屋根の木下地が雨水に何度も濡れている状態です。

木部が何度も濡れ続けると、その分劣化が進んでしまいます!

瓦を復旧しても下地の耐久性が低下していると弱いままですので、必要な箇所は交換・補強するご提案をさせていただきました。



泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

W様邸は築50年が経過して、屋根自体の瓦の固定力が低下している状態です。

台風で被害に遭った部分を修理することはもちろん、今後の自然災害で被害を受けにくくするために、
屋根全体の瓦をシーリングで固定するご提案内容になりました。

土葺きの瓦屋根は、粘り気のある土で瓦を固定していますが、
経年で土が乾燥するなど固定力が弱くなってしまいます。

瓦の固定力が弱くなると台風の強風や地震の揺れを受けた時に
大きな被害を受けることになりますので、シーリングで瓦同士を繋いで固定する
「ラバーロック」をお勧めしました。

下記のリンクよりラバーロックについて詳しくご紹介しています!
↓↓↓↓


W様邸のテラス屋根の被害状況

泉大津市の波板が飛ばされています
屋根以外にも被害がありました。

2階のベランダに設置されている木製のテラス屋根の波板が割れて、風で飛ばされていました。
泉大津市の軒桁と柱が抜けています
台風時の吹き上げの強風の影響で、屋根が持ち上がり、本体の柱と軒桁(のきげた)が外れていました。

このままでは次の台風で本体が破損する危険性があるので、補強してから波板を張り替えることをお勧めさせていただきました。

W様邸の修理のご提案内容

仮設足場の設置

劣化が進んだ屋根の下地の一部交換

落下した瓦の復旧

瓦のラバーロック

木製テラス屋根の補強

木製テラスの波板張替え

雨漏りで傷んだお部屋の内装リフォーム

以上の内容で工事のお見積書をお預けさせていただきました。
工事時期をふまえてまたご連絡をいただけるということです。


雨漏り修理は街の屋根やさん岸和田店へ!

台風や地震などの自然災害に備えて、まずはできることから始めませんか?

街の屋根やさん岸和田店はご相談・点検・お見積りは無料ですので、安心してお声かけくださいね。

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

漆喰が劣化すると起こりえる主な症状

皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今回は、屋根の「漆喰・しっくい」について詳しくお伝えしたいと思います。・・・・・・・・・・・・・・・・・熊取町にお住いのY様より「漆喰がポロポロと剥がれてきていて、黒くなってるので気になる...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747