泉北郡忠岡町のベランダの波板張替え/ブロンズのポリカ波板を使用!


泉北郡忠岡町の波板が風で飛ばされました!
泉北郡忠岡町で、「ベランダの波板が強風で飛ばされたんです」とご相談がありました。
早速現地を確認させていただき、波板張替え工事を行うことになりました。
泉北郡忠岡町のテラスの屋根が無いと不便です
二階のベランダはあまり使用していないそうですが、道路から見えるので見た目が悪く、急に使うことになった時に屋根が抜けていると不便だということで今回の工事に至ります。
同じ時期に全ての波板を施工している場合、強風で波板が飛ぶということは、周りの波板も同じように飛んでしまう可能性があるのですべて張り替えることになりました。
泉北郡忠岡町の既存の波板は塩ビ製でした!
既存の波板は塩化ビニール製で、塩ビ波板とも呼ばれます。
塩ビ波板は、昔は透明の屋根材として主流で、多くの住宅で使用されていましたが、最近はポリカーボネートという衝撃に強い波板(ポリカ波板とも言います)が代わりに主流となっています。
塩ビ波板は安価ですが、経年で変色し、硬化するので非常に割れやすくなってしまいます。街の屋根やさん岸和田店に波板の飛散でお問い合わせいただいたお宅の波板も大半が塩ビ製です。
塩ビ波板は劣化すると少しの衝撃で割れてしまうので長期にわたって使用できません。ですので、特にご指定が無い場合は、耐久性のあるポリカーボネート波板への張替えをご提案させていただいております。
泉北郡忠岡町のポリカーボネート素材の波板です
こちらが新しく施工する、ポリカ波板です。
何枚も重ねて置いているので濃い色に見えますが、透明に近いブロンズです。
ポリカ波板は透明ですが紫外線を通しません。また、加工がしやすく耐候性も高いため、エクステリアの材料として幅広く使用されています。

泉北郡忠岡町で使用する波板切ハサミ
ポリカ波板はハサミやカッターで切断できますが、波板をつぶさずにきれいにカットできる波板切ハサミを使用します。
ポリカ、塩ビ、トタンなどの波板の切断に最適です。
泉北郡忠岡町の波板をつぶさずにスムーズにカットできます
刃が波状になっているのでスムーズにカットでき、波板も潰すことはありません。
軽量で使いやすいので、ご自身で波板を加工することがあればお勧めです。
泉北郡忠岡町の波板を重ね代を取って張っていきます
端から順に重ね代をとって波板を張っていきます。
波板の端をテラス屋根のフレームに差し込んで張ることで、風が吹いた時に波板が揺れるのを抑えることができます。
逆にフレームの上に乗った状態だと、風の影響をまともに受けてしまうので注意しましょう。
泉北郡忠岡町の波板張替え完了
波板すべてを張替えました。
風で飛ばされて抜けていた屋根がきれいになり、お客さまにも喜んで頂くことができました。
これでまた安心して何年もご使用いただけますね。
街の屋根やさん岸和田店は、数多く波板の張替工事を行っております。
ポリカ波板の色やデザインなどもご相談させていただきますので、波板が飛ばされたなど、心配なことがございましたらお気軽にご相談くださいね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査にお伺いしました

岸和田市で「台風で屋根に被害があったので見てほしい」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。O様邸の屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)で、下から見上げるとケラバの水切り板金が剥がれているのが分かりました。屋根に上がって確認すると、被害は...........

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........