泉南市で下地不良を起こして塗膜が剥がれた外壁を下地調整して塗装


泉南市の外壁塗装です。
T様邸は陶器瓦で、台風の被害に遭い瓦が割れたり飛散してしまいました。被害に遭った屋根を修復する際に足場を建てることから、外壁の塗り替えも行うことになりました。
泉南市の高圧洗浄
T様邸の外壁はモルタルの塗り壁です。
塗装前に高圧洗浄を行います。高圧洗浄は専用の機械を用いて強い水圧により外壁に付着した汚れや苔、傷んだ古い塗膜などを洗い流す作業です。汚れたまま塗装すると、塗料がうまく密着せず剥離の原因になりますので、高圧洗浄の工程は塗装工事に必ずセットになっています。
泉南市の外壁の塗膜を剥がします
塗装前の高圧洗浄時に、玄関から向かって右側の外壁の塗膜がボロボロに剥がれてきたので、確認すると、以前塗り替えを行った時の下地処理が不具合を起こして下地と一緒に塗膜が剥離してきている状態でした。剥がれてきている塗膜の上から塗装をかけてもすぐに剥がれてしまうため、壁一面の塗膜を剥がしてから塗装しました。
写真はh塗膜を剥がしている様子です。まるで、壁紙を剥がすかのように塗膜がめくれてしまいました。
泉南市の塗膜は重量がある塗膜です
この塗膜は、細かい石粒が混ぜられており、とても重量があります。剥がした塗膜を45ℓのごみ袋や土のう袋に詰めると相当な重さになりました。塗膜が重いということはそれだけ建物に負担をかけていることになります。最近では同じような塗料でも改良されて軽量になり耐久性も向上しています。
泉南市の外壁を弾性の塗料で下塗りします
高圧洗浄後、乾燥させてから塗装しました。
屋根や外壁の塗装工事では一般的に、下塗り・中塗り・上塗りの3回に塗り分けて塗装します。
写真は下塗りをしている様子です。
今回は弾性のエクセルを使用しました。弾性の下塗り材はモルタル壁に発生した細かいひび割れに追従し、隙間を埋める効果があります。
泉南市の外壁を下塗り2回目です
塗膜が剥がれた外壁は、下地を整えるために下塗りを2回行いました。塗膜がすべて剥がれてモルタルの地がむき出しの状態ですので、塗料を多く吸い込んでしまうため、塗料の吸い込みを止める下塗り材を使用しています。塗料を多く吸い込むということは、表面に残る塗膜が薄くなるということですので、下塗りで吸い込みを止めてから上塗りしないと健全な塗膜に仕上がらないからです。
下地となる外壁の様態を良く見極めて、適切な下塗り材を選定しないとT様邸のように塗膜が剥がれてしまいます。また、下塗りが薄塗だったり塗り残しがある場合も、塗膜の剥がれの原因になります。下塗りは上塗りを行うと隠れて見えなくなりますが、塗膜を長持ちさせるためにも重要な工程です。
泉南市の外壁を中塗り・上塗りで色付け
下塗り後、中塗りします。
中塗りと上塗りは同じ塗料を使用することがほとんどです。中塗り・上塗りでお好みの色に着色することができます。同じ色を使用することのメリットは、塗りムラなく塗装できるということです。
泉南市の樋との間も塗り込みます
樋との隙間もきれいに塗り込みます。
この部分は見えにくいですが、手を抜かず隅々丁寧に塗装させていただきます。また、取り合い部分やローラーが入らない箇所は刷毛を用いて塗装します。
泉南市の外壁を上塗りします
中塗りを乾燥させてから上塗りします。
中塗りの塗料を乾燥させてから上塗りすることで塗膜が二重になり厚膜に仕上がります。塗膜は厚みがあるほど耐久性を得られると言われていますが、下塗りが不良を起こすと元も子もありませんので、ひとつひとつの工程を確実に行わにといけません。
泉南市の雨樋などの付帯部を塗装
上塗り完了後、付帯部分の塗装を行います。
付帯部分とは、雨樋や軒天井、破風・鼻隠し、雨戸や戸袋など建物に付帯している部分のことです。付帯部分も屋根や外壁と同じように劣化しますので、美観性や保護の意味合いで塗装することをお勧めしています。
泉南市の木部もきれいに塗装します
T様邸の軒天井は合板を張った仕上げです。
合板は薄い木の板を何枚も貼り合わせてできており、経年で表面の板から剥がれてくることがあります。雨水や外気から守って長持ちさせるためにもきちんと塗装させていただきます。
泉南市の破風は濃い色で塗装
破風には木の板を張った仕上げです。
木部は雨などの影響で劣化して腐食してきますので、塗膜で覆って保護させていただきました。
塗膜がポロポロと剥がれてこないように浸透性の塗料(木に染み込む塗料)を使用しました。
泉南市の外壁塗装完了
塗装完了後、足場を撤去した様子です。

白っぽい外壁から黄色ベースの外壁にイメージチェンジしました。奥様にお選びいただいた色目で、ご満足いただけました。
泉南市の外壁の塗膜が剥離した壁もきれいです
下地が不具合を起こして塗膜が剥がれた外壁も、艶のあるきれいな外壁になりました。
見た目も美しいですが、下塗りを2回行いしっかりと下地調整した後に塗装したので安心です。

泉南市のカーポートの波板も張り替えました
この工事で、カーポートやベランダのテラス屋根の波板の貼り替えのご相談もありました。
既存の波板は塩ビ製で、長年使用し変色や割れなどの症状が出ており、ベランダの波板は台風の強風で飛散してしまいました。次に使用した波板はポリカーボネート製で、衝撃に強く長持ちします。透明度も高いので屋根の下が明るくなりました。

「屋根の修理で足場を建てるなら塗装もした方がいいかな?」とご検討されている方は、街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市のベランダを防水します

泉大津市のベランダ防水工事です。Y様邸は以前から時々、ベランダの下にある洋室の天井に雨漏りされていました。ご自身で修理しながら様子を見られていましたが、台風でひどくなったのでご相談をいただきました。Y様邸のベランダは防水層の上に保護モルタル...........

岸和田市の風雨被害の現地調査

岸和田市のM様より台風被害箇所のご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は青い釉薬瓦の屋根で、数カ所で瓦のズレが発生していました。また、漆喰の剥がれもいくつか見受けられたので、漆喰工事と、飛散した瓦を復旧し、ズレを戻してコーキングで...........

阪南市の風雨被害のご相談です

阪南市のK様より「2年ほど空き家にしている家が、台風で屋根に被害が遭ったんです。処分しようと思っていたんですが、瓦が落ちてお隣の家に迷惑をかけているので、とりあえず修理しておこうと思っています」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747