オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風で剥がれた外壁の聚楽壁と漆喰壁の塗り替え


岸和田市の外壁の聚楽壁及び漆喰壁の塗り替えです。A様邸は2階建ての和風の住宅です。土葺きの瓦屋根で、外壁には白い漆喰を塗り、2階の外壁には黒い漆喰を塗って仕上げている形状です。台風の雨風を受けて、漆喰壁と聚楽壁の表面がポロポロと剥がれてしまい、見た目に悪影響を与えていました。塗り壁の下には土壁が控えており、表面が剥がれたことで土が露になっていました。このまま放置すると、今後の雨風で土壁がどんどん削れてきてしまいますので、きちんと塗り替えることになりました。
屋根も台風の被害に遭っていたので、屋根修理は屋根職人が、壁の塗り替えは左官職人が行いました。

屋根修理の様子

岸和田市で丸瓦を密着させて葺きます
前回の記事でご紹介した瓦屋根の修理の様子です。(屋根の詳しい修理の様子はこちらをクリック!) 

風切丸という、屋根の端に設けられた丸瓦の一部が台風の強風でめくれてしまったのできちんと積み直しました。
岸和田市の面戸瓦の代わりに漆喰を詰めます
風切丸の下に葺かれていた面戸瓦がほとんど飛散している状態でしたので、この工事では黒漆喰を用いてきれいに修復させていただきました。他、鬼瓦の取り合いの漆喰も傷んでいたので、シーリングを充填してがっちりと補強したので安心です。

聚楽壁及び漆喰壁の塗り替えの様子

岸和田市の聚楽壁が剥がれています
岸和田市で強風で漆喰壁が剥がれました
A様邸は2階建てですが、2階のスペースは換気窓が設けられ、物置になっています。2階の外壁には白い漆喰を、2階の外壁には黒い聚楽を塗っている形状で、両方とも、台風の影響で剥がれてボロボロになっていました。

聚楽壁は、京都の聚楽第跡地付近で産出される「聚楽土」を用いた土壁のことで、限られた場所にしかない貴重な土ですので、なかなか手に入れるのが難しい土です。現代では樹脂入りの土壁や和室の壁に用いられている土壁の総称として「聚楽壁」と呼ばれています。
漆喰壁は聚楽壁ともに調湿効果があります。耐火性にも優れており、外壁や内壁の仕上げとして使用されています。

聚楽や漆喰は経年で硬くなり、地震時の揺れや雨風の影響で割れたり剥がれてくることがありますので、防水性を確保し、美観性を守るためにも定期的なメンテナンスが必要です。
岸和田市の傷んだ漆喰を剥がします
聚楽壁の塗り替えの様子です。
施工した当初は下地の土壁にしっかりと密着していましたが、経年で硬化が進み、強い雨風を受けて剥離してしまいました。まずは、密着性が低下している聚楽を剥がしていきます。
剥がれかかっている聚楽の上に新しい聚楽を塗り重ねても、傷んだ下地と一緒にすぐに剥がれてしまいます。
岸和田市の土壁に接着剤を塗布
A様邸の外壁の聚楽は、ヘラを差し込むと簡単に剥がれ落ちました。このまま放置していたら、強風でほとんどが落下していたでしょう。
古くなった聚楽を剥がし、接着剤をまんべんなく噴射して下地を調整しました。
この接着剤は、この上に塗り重ねる中塗り・上塗りを土壁にしっかりと密着させるためのものです。
岸和田市の聚楽壁の下塗りします
接着剤を噴射した後、中塗りしていきます。
中塗りは下地を整えて、聚楽を美しく仕上げるための工程です。
岸和田市の外壁に聚楽を塗ります
中塗りを乾燥させてから黒い聚楽を塗って仕上げました。
中塗りで白くなった換気窓も現状復旧で、黒い聚楽を塗って仕上げます。
岸和田市の縦格子は丸いコテで整えます
換気窓の縦格子部分は丸い形状です。
カーブを美しく整えるため、丸い形状のコテを使用しました。
岸和田市の聚楽塗り替え完了
聚楽塗り替え完了です。
台風で剥がれ落ちた聚楽を塗り替えて、美しく仕上がりました。
岸和田市の矢切の聚楽壁
矢切の黒い漆喰も台風の強風でほとんどが剥がれ落ちてしまいました。
矢切とは切妻屋根の妻側の三角になった面のことです。この部分はすぐ上に屋根があるため、雨や風があたりにくいのですが、A様邸のように聚楽や漆喰が剥がれている住宅をよく見かけます。以前、街の屋根やさん岸和田店でも、矢切部の漆喰の塗り替えをさせていただいたことがあります。
岸和田市の風切丸部の丸瓦の修復と面戸漆喰の施工をし飛散した瓦を修復 お客様の声
矢切の聚楽もきちんと塗りけました。
この部分は、道路に面しており通行人の方によく見えますので、美しくなりお喜びいただけました。
黒い聚楽や漆喰が剥がれてくると、下地との色の差が明確で、とても目立ってしまい、建物全体に古い印象を与えてしまいます。
岸和田市の漆喰壁もきれいです
1階の外壁の漆喰壁も塗り替えました。漆喰壁はこのように塗った当初は白くきれいですが、それがゆえに汚れが目立ってしまいます。漆喰が剥がれてくると美観性を損ねてしまうため、塗り替えのご相談をお受けすることがありますが、雨から建物を守るためにも定期的に手を加えてあげましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根修理と同時に傷んだ漆喰壁の塗り替えのご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

泉大津市の袖瓦がズレています

泉大津市の屋根修理です。陶器瓦の屋根と棟違いで板金の屋根があり、両方の屋根に被害がありました。瓦屋根の方は袖瓦や地瓦がズレて、板金屋根の方は棟の板金が一部飛散してしまいました。瓦のズレを戻してからシーリングを充填してしっかりと固定し、風や地...........

岸和田市の屋根の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています

岸和田市にお住いのF様より「地面に小さな白い塊がいっぱい落ちてるんです」とご相談があり現地調査にお伺いし、漆喰の詰め直し工事を行うことになりました。鬼瓦の取り合いなどの漆喰が経年劣化で剥がれてきており瓦と瓦の間に隙間が開いていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747