熊取町の凹凸のあるデザインのモルタル外壁の塗装で雨だれもきれいに


熊取町の外壁塗装の様子をご紹介します。
I様の初めのご相談は、台風の風雨被害のことでした。カラーベストの屋根の一部が飛散し、下地の野地板もめくれてしまい、その修復のご依頼でした。その工事に伴い、足場を建てるので、この機会に屋根と外壁の塗装も行うことになりました。
熊取町の外壁がチョーキングをおこしています
I様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、外壁を保護している塗料が傷んで剥がれてきていました。写真はその塗膜の劣化である「チョーキング」の様子です。チョーキングとは、外壁を手でこすると手のひらに白い粉状のものが付着する現象のことで、傷んで粉化した塗膜が剥がれている証拠です。チョーキングは塗り替えの時期の目安になりますが、塗料によってはチョーキングを起こしにくい塗料もありますので、10年以上塗り替えをしていない外壁は一度点検してもらうといいでしょう。
熊取町の外壁のひび割れ箇所にエポキシ樹脂モルタルを詰め込みます
また、外壁にひび割れも多数発生していました。
外壁のひび割れは幅の細いものから広いものまで様々ですが、幅が3㎜以上、深さが5mm以上のひび割れの場合、適切な処置が必要になります。
I様邸の外壁のひび割れで処置が必要なものはすべて補修させていただき、建物の防水性能を向上させてから塗装します。

熊取町で高圧洗浄で屋根の汚れや旧塗膜を落とします
台風で破損した屋根を修理し、その後に屋根塗装を行いました。
高圧洗浄で屋根に付着した汚れや古い塗膜を洗い落とし、続いて外壁の洗浄も行いました。
屋根と外壁を塗装する場合、高圧洗浄は屋根から順に下に下に汚れなどを落としていきます。

熊取町の軒天井から洗浄します
屋根を洗浄した後、外壁も洗います。
まずは屋根の下端である軒天井の汚れを落としていきます。
壁を先に洗浄してから軒天井を洗浄すると、また外壁が汚れてしまいますので、上から順に洗います。
熊取町の外壁の雨だれの汚れなども落とします
外壁にこびりついた雨だれの汚れも高圧洗浄で落としてから塗装します。
塗装工事ではこの高圧洗浄の工程が必ずついてきます。
汚れたまま塗装すると、塗料が汚れに絡んでうまく密着せず剥がれの原因になりますので、塗料を長持ちさせるためにもきれいに洗浄しないといけません。
熊取町の外壁の汚れや旧塗膜を落としました
上から順に時間をかけて丁寧に洗浄し、汚れや雨だれ、古くなって剥がれてきていた塗膜を落としました。
もう一度お伝えしますが、塗装工事に洗浄はつきものです。洗浄の工程を省くとその分費用は抑えられますが、塗膜が長持ちしないので元も子もありません。ひとつひとつの工程を確実に行うことで耐久性のある丈夫な塗膜を作ることができるのです。
熊取町の外壁を透明のシーラーで下塗りします
外壁をきれいに洗浄した後、しっかりと乾燥させてから塗装の工程に入ります。
屋根や外壁の塗装では、塗料を3回塗り重ねることがほとんどです。下塗りは、上に塗り重ねる塗料と素地を密着させる役割があります。今回は透明のシーラーを使用しました。
下塗り材は外壁の種類や劣化の度合いを見極めて選定する必要があります。I様邸は塗膜が劣化して水を吸い込んでしまう状態でしたので、吸い込みを止める効果のあるシーラーをご用意しました。
熊取町の外壁を中塗りします
下塗り後、中塗りします。
中塗りは基本的に上塗り塗料と同じ塗料を使用します。
塗装は1回塗りだけですと必ず塗りムラができてしまいますので、2回に分けて塗装して塗りムラのない美しい外壁に仕上げていきます。
毛足の長いローラーを用いることで、I様邸の凹凸のある外壁も隅々きれいに塗装することができます。
熊取町の外壁を上塗りで塗料を塗り重ねます
中塗り塗料を乾燥させてから上塗りします。
このように、2工程にわけることで、塗膜が二重になり厚みを持たせることができます。
1回塗りで厚膜に仕上げようとすると、塗料が垂れて仕上がりに悪影響を与えてしまいます。
熊取町の細合部分は刷毛で塗装
入隅(ふたつの壁が内側に向き合った取り合い部分)や、取り合い部はローラーではなく刷毛で塗装します。
このように塗装する箇所によって使用する道具を変えながら見えにくい箇所も手を抜かず丁寧に塗装します。
熊取町の塗装で美しい外壁になりました
下塗り、中塗り、上塗りの工程をひとつひとつ丁寧にこなし、美しい外壁が完成しました。
この塗料は、汚れが付きにくい塗料ですので、雨だれもつきにくく、きれいな状態が長く続きます。
熊取町の破風もきれいです
I様邸の破風はモルタルを塗って仕上げていますので、破風も外壁と同じ色で塗装しました。
破風とは屋根の雨樋が付いていない方の三角になった部分のことで、風が屋根内部に吹き込むのを防ぐために板や板金を張るなどして仕上げています。
熊取町の軒天井もピカピカです
軒天井も塗装でピカピカになりました。
軒天井はあまり雨もあたりませんが、意外と汚れやすい箇所です。軒天は様々な素材で仕上げられており、その素材によって補修や塗装方法、塗料の種類が異なります。I様邸は外壁と同じモルタル仕上げですので、塗装方法や塗料も同じように仕上げました。

「屋根や外壁って塗装しないといけないの?」と、疑問に思われる方がおられるかもしれません。屋根や外壁の塗り替えは、美観性を高めるだけでなく、外気による様々な劣化を防止して建物を長持ちさせるために必要不可欠です。「そろそろ塗り替えないといけないかな?」と心配されている方は、街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。


この工事の現場ブログ

熊取町のベランダのひび割れや目地にも充填します

2019/11/28/ 熊取町のベランダにウレタン樹脂を塗布して厚膜な防水膜を形成!

熊取町のベランダ防水工事で、防水層の形成をご紹介します。N様邸のベランダは、防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、保護モルタルが経年劣化でひび割れてきていました。ベランダは外部に面していますので、外気の影響を受けやすいため防水が傷むと...........

熊取町の屋根の一部が野地板ごと飛散しました

2019/11/19/ 熊取町の化粧スレート屋根の一部が野地板ごと飛散し調査に伺いました

2018年9月に発生した台風21号の被害で熊取町のI様よりご相談がありました。「台風の強風で屋根が一部飛ばされて穴が開いて雨漏りしたんです。応急処置はできているので急いでいないんですが相談にのってもらえますか?」とのことで現地調査にお伺いし...........

熊取町の取り合いのスレートはコーキングで固定

2019/11/22/ 熊取町の屋根塗装で高圧洗浄で塗膜がほとんど剥がれた屋根がきれいに!

熊取町の屋根塗装の様子をご紹介します。I様邸は台風で屋根のスレート(平型の四角い屋根材)と下地の野地板が剥がれて屋根に穴が開き雨漏りしてしまいました。台風の被害箇所を修復し、ちょうど塗装時期に来ていた屋根と外壁を塗装します。台風で屋根に被害...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の外壁塗装

熊取町の付帯部の塗装です。付帯部とは建物の屋根と外壁以外の部分のことです。例を挙げると、雨樋、軒天井、雨戸や戸袋、破風板、鼻隠し、水切りなどがあります。屋根や外壁の塗装時には足場を建てることがほとんどですので、その時にこういった付帯部も一緒...........

熊取町の外壁のひび割れ補修

熊取町のI様より台風被害のご相談があり、現地調査を行い、打ち合わせの結果、屋根の修理と屋根塗装、外壁塗装とベランダ防水を行うことになりました。台風被害は屋根のスレートと野地板が飛散し雨漏りしたことです。先に屋根を修理し、塗装の工程に入りまし...........

熊取町の屋根の一部が野地板ごと飛散しました

2018年9月に発生した台風21号の被害で熊取町のI様よりご相談がありました。「台風の強風で屋根が一部飛ばされて穴が開いて雨漏りしたんです。応急処置はできているので急いでいないんですが相談にのってもらえますか?」とのことで現地調査にお伺いし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747