オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の屋根修理で崩れた降り棟を修復し銅線で固定しました


熊取町の台風被害に遭った瓦屋根の修理です。強風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の瓦がバラバラに飛散してしまいました。他にも屋根面に葺いている桟瓦も飛散したり割れるなどの被害を受け雨樋も破損していました。この記事では降り棟の修復の様子に重点をあててご紹介します。O様邸は大屋根の降り棟2本に被害がありました。「できるだけ邸予算で」とのご要望があり、屋根に残っていた瓦はそのままに、飛散した部分のみを修復することになりました。棟を一度解体して積み直すとなると費用がかさんでしまいますので、修復工事とさせていただきます。
熊取町の応急処置状況①
台風の後、周囲に瓦が多数落下しており、屋根に被害が遭ったことが明らかだったので、業者に依頼してブルーシートで応急処置をされたそうです。ですが、その後、何度連絡しても修理が進まず、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
熊取町で足場を建てました
職人が道具や資材などを手に持って安全に屋根の上に上がれるように一部足場を設置しました。
足場は職人や道具が落下するのを防止したり、作業の足掛かりにしたり、屋根の上まで安全に行き来するために必要になることがほとんどです。
熊取町の降り棟を修復します
応急処置のブルーシートを撤去し、屋根の上に散らばった葺き土などをきれいに掃除してから作業を始めます。
瓦の面に葺き土や土のうの砂が散らばっていると、よく滑りますので大変危険です。まずは落ち着いて作業ができるように準備しました。
写真は台風の被害に遭った降り棟です。瓦がほとんど飛散し、下地の葺き土だけだ残っています。
棟とは屋根の頂部のとこで、屋根面同士の継ぎ目になります。その継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐために瓦を積み上げています。(使用する屋根材によって異なります)降り棟とは、軒先方向に降りる棟のことで、O様邸は降り棟2カ所の瓦が大量に飛散してしまいました。
熊取町の降り棟の飛散した部分を修復します
降り棟を一度解体して積み直すとその分費用がかさんでしまいますので、瓦が飛散した部分を修復することになりました。
降り棟には部分的に瓦が残っていましたが、そのままの状態で再利用させていただきます。
熊取町の棟の補修で銅線を巻きつけた長いビスを仕込みます
棟は屋根面よりも突き出ている形状ですので、風をまともに受け、地震の揺れが発生した時にも弱点になりゃすい箇所です。瓦をただ積み上げるだけでは風や揺れでバラバラに飛散する可能性がありますので、動線を通して固定させていただきます。
長いビスの頭にカットして銅線をくくり付け、そのビスを棟の中に埋め込んで仕込みます。
熊取町の棟にビスを埋め込みます
既存の葺き土を少し掘って穴をあけ、そこにビスを埋め込んで新しい葺き土で覆います。
ビスの頭にくくり付けた銅線は後で瓦を固定する際に使用しますので、一緒に埋め込まないように立ち上げておきます。
熊取町のもう一カ所の棟にも銅線を仕込みました
被害に遭ったもう一カ所の降り棟にも同じ方法で銅線を仕込みました。
棟の端から端まで固定するため、一番上に葺く冠瓦の枚数と同じ数だけ銅線を仕込まないといけません。
熊取町の降り棟に葺き土を載せてのし瓦を積みます
続いて新しい葺き土を載せてのし瓦を二つの屋根面それぞれに葺きます。
のし瓦は平らで四角い瓦のことで、棟に落ちてきた雨水を屋根面に流すように勾配を付けて葺きます。
熊取町の棟にのし瓦を2段積みます!
熊取町ののし瓦の間に銅線を出しておきます
更に、葺き土を間に挟むようにしてのし瓦を2段積み上げます。この時もあらかじめ仕込んでおいた銅線は立ち上げておかないといけません。
下地の葺き土が経年で乾燥して痩せたり、棟の内部に雨水が廻ることがあるとのし瓦の勾配が狂って棟の内側に雨水を呼んでしまい、雨漏りすることがあります。雨漏りが発生すると、棟を積み直さないといけません。
熊取町の降り棟に冠瓦を葺きます
現状復旧で、のし瓦を2段積み上げた後、一番上に冠瓦という半丸状の瓦を葺きます。

冠瓦にはもともと穴があいていますので、そこに、仕込んでおいた銅線を通して固定します。
土と瓦の間に隙間ができないように葺き土を多めにのせて瓦をしっかりと密着させました。
熊取町の棟の頂部で銅線を巻いて固定
冠瓦を葺いた後に、穴から出た銅線をくるくると巻いて固定しました。冠瓦を1枚1枚きちんと固定しています。

冠瓦は棟の一番上に葺き、屋根面の取り合いに蓋をする役割があります。また、下に葺いているのし瓦を上から固定する役割も担っています。

熊取町の降り棟復旧完了
降り棟の端から端まで瓦を葺き、復旧完了です。
飛散して葺き土が露になっていた棟が美しく整えられました。
これで、ブルーシートの必要が無くなり、心配事が少なくなりますね。
熊取町の鬼瓦の漆喰を詰め直しました
鬼瓦の取り合いや棟のかき合い(複数の棟が合流する部分)の漆喰が強風で剥がれていたので、この工事で詰め直しました。漆喰は瓦の取り合いから雨水が浸入するのを防止し、瓦を固定していますので、傷んできたら詰め直しなどのメンテナンスが必要です。長い間漆喰が剥がれたままの状態にしていると雨漏りすることがあるので注意しましょう。
熊取町の降り棟をシーリングで瓦を補強
上記でご説明しましたが、棟は風や揺れの影響を受けやすい箇所です。台風や地震時に瓦がバラバラに飛散しないように、瓦の継ぎ目にシーリングを充填して繋げて固定させていただきました。瓦が繋がっている状態ですので、強風を受けてもズレにくくなります。同じように屋根面の桟瓦にもシーリングを充填して補強することも可能ですので、「台風に備えて何とか補強できないかな」とご検討されている方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747