泉佐野市の工場の雨漏り修理で波形スレート屋根にポリカーボネートを施工


泉佐野市の工場の大波の波形スレート屋根です
泉佐野市の工場の雨漏り修理のご紹介です。
工場の入り口の天井に雨漏りが発生し、雨漏りを止める修理を行うことになりました。
人目に付きやすい箇所での雨漏りなので、雨染みがついた天井板も張替えます。

工場の屋根は大波の波形スレート(セメントを主原料にした材料)で、経年劣化による亀裂が多数ありました。
泉佐野市の工場の屋根に大きな亀裂が入っています
経年劣化した波形スレートは非常に割れやすくなるので、屋根に取り付けたアンテナの倒壊や、飛来物によって屋根に穴が開いてしまった・・・というご相談もございます。
ですので、現地調査で屋根に上がる時は慎重に行わないといけません。

こちらの屋根は経年劣化で亀裂が多数あり、その亀裂にコーキングを充填し、更に長持ちさせるために亀裂の上にポリカーボネート素材の波板を張ることになりました。
泉佐野市の工場の雨漏り箇所付近の屋根を修理します
写真中央に見える入り口から入ってすぐの天井に雨漏りしていて、今回はその部分の雨漏りを止める修理となります。
雨漏り箇所付近の屋根の修理を行うのですが、現地調査の時に、雨漏り箇所以外にも亀裂が数か所に発生していることが判明したので、同時に修理します。
劣化が著しく、亀裂が無数にある場合は、屋根の葺き替えなどのご提案になる場合がありますが、今回は修理可能との判断で、一カ所ずつ作業することになりました。
泉佐野市で使用するポリカーボネート素材の波板です!
こちらが今回、被せて使用するポリカーボネート素材の波板(大波)です。
似たような材料で、バンポーライト波板やエポライトなどのガラス繊維が入ったものもありますが、「耐久性があるように」とのご相談でしたので、より高強度のポリカーボネートを採用しました。

泉佐野市で使用する波板をカットして施工します
ポリカーボネートは樹脂を主原料としており、耐衝撃性に優れ、紫外線による変質・品質の劣化が少なく、他の採光材よりも耐久性があります。

今回は、屋根材が大波でしたので、大きさを合わせて選びました。
波形スレートは規格で大きさが決まっていて、波の幅と高さで大波と小波に分けられます。
この波板をカットして使用します。
泉佐野市の工場の屋根のひび割れにコーキング充填
泉佐野市の屋根にポリカーボネートの波板を被せます
波形スレートに発生した亀裂部分にコーキングを充填して補修します。
コーキングは外壁の目地や窓のサッシ周り、キッチンと壁との取り合いなど、隙間を埋める時に使用するゴム状の充填剤です。ゴム状ですので、防水が必要な部分で活躍します。
コーキングが傷んでくると、次第に硬くなり、割れや剥離などの症状がでてきます。すると、割れた部分から水の浸入を許してしまうので、今回はコーキングを充填したあとに、ポリカーボネートの波板を張ることになりました。
泉佐野市の工場の屋根の波板の下に差し込みます
亀裂部分にコーキングを充填し、その隣の山状になった箇所にもコーキングをのせます。
上に被せて張る波板は、ふた山ごとにカットしており(亀裂が並んでいる場合を除く)、雨水が通りにくい山の部分にコーキングを充填して固定します。
また、屋根の高い位置から流れてきた雨水が、ポリカ波板との間に浸入すると意味が無いので、ポリカの波板を既存の波板の隙間に差し込んで固定します。ポリカ波板が既存の波板の下にくることで、屋根の上から流れてきた雨水がポリカ波板の上を通り、間に浸入することなく下に流れ落ちていきます。
泉佐野市の工場の屋根の修理でコーキングで密着させます
亀裂部分にコーキングを充填し、その隣の山状の部分にもコーキングを充填して、既存の波板とポリカ波板とをしっかりと密着させました。これでこの部分から雨水が入ることはありません。
泉佐野市の工場の屋根修理/透明なので修理箇所が目立ちません
工場の屋根は塗装で仕上げているので、できるだけ美観性を損なわないように透明のポリカ板を使用しました。
透明なので下の色が透けて見えて、修理箇所があまり目立ちません。
泉佐野市の工場の屋根修理
コーキング充填状況
泉佐野市の工場の屋根修理
ポリカ波板取付状況
修理の見落としが無いように事前に亀裂箇所を確認し、番号を貼ってから修理しました。
修理箇所が多いので2日に分けての工事となり、工事箇所は全部で23カ所でした。

次は工事2日目の様子と、雨染みがついていた天井板の張替をご紹介します。


この工事に関するお問い合わせは、街の屋根やさん岸和田店までお気軽に!



この工事の現場ブログ

泉佐野市の工場の大波の波形スレート屋根です

2018/04/03/ 泉佐野市の工場の雨漏り修理で波形スレート屋根にポリカーボネートを施工

泉佐野市の工場の雨漏り修理のご紹介です。工場の入り口の天井に雨漏りが発生し、雨漏りを止める修理を行うことになりました。人目に付きやすい箇所での雨漏りなので、雨染みがついた天井板も張替えます。工場の屋根は大波の波形スレート(セメントを主原料に...........

泉佐野市の工場の雨漏りの現地調査

2018/04/02/ 泉佐野市の工場の雨漏り調査/波形スレート(大波)に亀裂が入っていました!

泉佐野市の工場で雨漏りしているとのご相談があり、雨漏りの現地調査にお伺いしました。一般的な戸建て住宅の屋根は、日本瓦や洋瓦、ガルバリウム鋼板、スレートなど色々な屋根材が使用されていますが、工場や倉庫などの大きな施設の場合は、その多くが金属屋...........

泉佐野市の工場の屋根のひび割れにコーキング充填

2018/04/04/ 泉佐野市の工場で大波スレートの劣化で雨漏り発生!ポリカを被せて修理しました

前回より、泉佐野市の工場で発生した雨漏り修理の様子をお伝えしています。工場の入り口を入ってすぐの天井に雨漏りしているとご相談があり、現地を確認させていただくと、屋根の数か所にわたり大きなひび割れができていました。屋根材は大波スレート(主原料...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。