オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の棟の積み直しで既存の棟瓦をめくって解体しました!


貝塚市の棟の積み直し工事です。M様より「2階の和室の天井に雨漏りしたので、雨漏りの業者に調査してもらったんですが、屋根の下地が悪いかもしれないので屋根やさんに相談してみてください、と言われたんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いし、棟の積み直し工事を行うことになりました。2階の和室の天井への雨漏りは、棟ののし瓦の勾配が悪く、雨水を棟の内側に呼んでしまっていたことが原因だとの見解で棟の積み直しをご提案させていただきました。この記事では既存の棟の解体の様子をご紹介します。
貝塚市の棟を積み直します
M様邸の屋根です。土葺きの瓦屋根で、瓦の割れやズレはなく、しっかりとしていました。見た感じでは、雨水が入る要素がないくらいの屋根です。現地調査の時に、小屋裏を確認すると、棟木(屋根の頂部に水平に設置する材)に雨染みがあり、下に伝って天井板が濡れた形跡がありました。棟木の上には瓦を積み上げており、棟よりも高いところはありませんので、棟から雨水が浸入したと判断しました。
貝塚市ののし瓦を雨水が屋根面へ流れるように葺かないといけません
棟は、屋根面同士がぶつかる頂点部で、隙間が生じます。その隙間を塞いで雨仕舞しているのが棟瓦(棟に葺いている瓦の総称)です。
棟に落ちてきた雨水が内部に浸入しないように一番上に冠瓦を葺き、その下にのし瓦という四角い瓦を積み上げて屋根面に雨水が流れる形状になっています。
のし瓦は屋根面に雨水が流れるように勾配を付けて葺かないといけません。
貝塚市の棟の内側に入った雨水がアクと一緒に出てきています
M様邸は雨水が棟の内側に浸入した形跡が残っていました。
漆喰の下から出ている黒い筋がそうです。
雨水が瓦の表面に流れているだけなら、このように黒い筋が付きません。これは、棟の内側に廻った雨水が土のアクと一緒に出てきていることを表しています。
ここに雨水が出ているということは、瓦の下にも水が廻っているということです。
のし瓦の勾配が悪くなり、水平に近くなると、雨の量が多い日に雨水が内側に流れ込んでしまいます。
棟の内側に雨水が浸入すると、下地の葺き土に染み込んで、のし瓦の勾配が更に悪くなるという悪循環に陥りますし、雨漏りを止めるためにも既存の棟瓦を解体して積み直すご提案をさせていただきました。
貝塚市で電動梯子を設置
工事当日です。
大屋根(一番高い屋根)まで資材を運んだり、地上に荷下ろしするために電動梯子を設置しました。
電動梯子は梯子に荷台が付いており、その荷台が電動で動きます。梯子は人が上り下りすることも可能です。
貝塚市の棟瓦をめくりました
既存の棟瓦を1枚1枚めくって撤去しました。
次に復旧する時に分かるように順番に並べて、落下しないように屋根の上で保管しておきます。
瓦をめくって葺き直す工事ですので、見た目は変わらないですし、瓦も差し替えません。ですが、雨漏りを止めるために必要な工事なのです。
貝塚市の瓦保管状況1
M様邸の棟はのし瓦を7段積み上げた立派な棟です。その分、めくる瓦も相当な量になりました。
瓦を破損させないように順番に重ねて保管しました。

貝塚市の瓦保管状況2
のし瓦は左右の屋根面に葺かれていますので、それぞれの屋根面に並べました。
のし瓦は少し反っている瓦と少し内側に丸まっている瓦があり、交互に重ねて葺きます。
貝塚市の棟の苔が生えていた箇所の葺き土が濡れています
瓦をめくって葺き土だけになった状態の時に、雨漏りしている2階の和室の上に位置する箇所を確認しました。
すると、その部分だけ葺き土が濡れている状態でした。濡れた葺き土の下の漆喰には苔が生えています。
葺き土は瓦が上にのっている為、水に濡れるとなかなか乾きません。この状況から、やはり棟の内側に雨水が入っていたことが確定しました。
貝塚市の面戸漆喰を剥がします
続いて葺き土を解体・撤去していくのですが、先に面戸漆喰(棟の土台の土を隠すための漆喰)のみを剥がして袋詰めします。
産業廃棄物処分する時に、葺き土と漆喰を分けないといけないので、土と混ざらないように先に剥がして分別します。
貝塚市の棟を固定する銅線を仕込むための竹
面戸漆喰を剥がしてから、葺き土を撤去します。
葺き土を取り除いていくと、中から竹が出てきました。これは棟を固定するための銅線を仕込んだ竹です。棟瓦を葺く前に竹くくり付けた銅線を屋根の木下地に向かって固定し、更に棟の上に銅線を立ち上げておき、棟を積み上げた後に銅線を瓦に通してくくり付けて固定します。この工事では竹を使用せず、銅線を埋め込んで使用します。
貝塚市の葺き土も撤去します
葺き土は初めのうちは粘り気がありますが月日とともに乾燥してきます。撤去する際は硬くなった葺き土を金槌で叩いて割りながら作業を進めます。
貝塚市の葺き土がたくさん出ます
棟の葺き土だけでかなりの量の袋がいっぱいになりました。まだすべてを撤去していませんので、この後も増えます。棟だけでもこの量ですので、屋根全体にはトン単位の土が載っています。
貝塚市の棟をきれいに掃除します
棟の葺き土を撤去し、刷毛できれいに掃除します。
葺き土の撤去時にはホコリがたくさん舞います。
貝塚市の棟の解体完了
棟の解体完了です。
真ん中の取り合いの葺き土は、屋根面の桟瓦を固定していますので、少し残しました。
貝塚市の棟を養生しました
この日は屋根職人二人で作業しましたが、瓦のめくりだけで夕方になりました。次の日に棟を積み上げるので、急な雨に対応できるようにブルーシートを端から端にかけて屋根で使用するシルガード(漆喰)の袋を重しにして作業を終えました。

次は棟の瓦葺きの様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747