オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の屋根葺き替え/ケイミューのコロニアルグラッサに葺き替え


岸和田市の屋根に断熱材設置完了
岸和田市の屋根にルーフィング敷完了
岸和田市の屋根葺き替え工事のご紹介です。
前回までに既存の屋根材の撤去、外張り断熱工法で屋根に発砲系断熱材を入れ、下地の設置、屋根を防水するゴムアスルーフィング施工までをご紹介しました。
今回は、屋根の瓦葺きをご紹介します。

今までの経緯を簡単にご説明すると、N様邸の既存の屋根はカラー鋼板でサビが広がり劣化が進んでいました。屋根の下のお部屋が暑いということもあり、今回は新しい屋根材に葺き替えることになりました。
屋根を葺く際に屋根に断熱性能を持たせてほしい、とのご希望で、屋根に断熱材を入れさせていただきました。
岸和田市で使用する新しい屋根材です
新しい屋根材は、コロニアルグラッサです。
コロニアルは、ケイミュー(旧クボタ松下電工外装株式会社)が販売する屋根材の商品名・ブランド名です。
また、コロニアルは「カラーベスト」「スレート瓦」と呼ばれることもあります。

岸和田市で使用する薄くて軽い屋根材・コロニアルグラッサ
コロニアルグラッサは、洋風、和風の建物のどちらにも合う落ち着いたデザインですので、建物に合わせやすい屋根材ということもあり、人気がある屋根材です。
また、屋根材の重量が陶器瓦の1/2以下で、耐震性に優れているほかにも、紫外線に強く色あせしにくいので屋根の美しさが長期間保持することが出来ます。 
岸和田市の屋根材を昇降機で屋根の上に荷揚げします
屋根材を昇降機で屋根の上に荷揚げします。
昇降機は電動で動く荷台が付いた梯子で、この荷台の上に荷物を積み込んで荷揚げ・荷下ろしします。

重い物を持って屋根の上には上がれませんし、小分けにして行ったり来たりすると時間がかかってしまいます。
ですので、屋根の葺き替え時には必ず昇降機を設置させていただきます。
岸和田市で使用する瓦を屋根の上に広げて置きます
屋根で使用する瓦を全て荷揚げし、屋根の上に広げて配置しておきます。
屋根全体に並べて置くと、瓦を葺き時にスムーズに作業できます。
右側に見えるのは瓦をカットする専用の道具です。
屋根の形状に合わせて瓦をカットしながら葺きますので、道具も上にあげました。
岸和田市の屋根の軒先水切りを取付けます
瓦を葺く前に屋根の軒先(雨樋が付いている屋根の端)に水切り板金を取付けます。

軒先水切りは、屋根を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐ金物で、必ずルーフィング(防水シート)の下になるように取り付けます。
ルーフィングの上に水切りを取付けると、瓦の内側に浸入した雨水を軒先で受ける形になり、屋根材の腐食などを引き起こしてしまいます。

岸和田市の屋根のケラバ水切りの下地
屋根のケラバにも水切りを取付けます。

ケラバとは、雨樋が付いていない方の屋根の端です。
ケラバ水切りはこの部分から雨水が染み込んだり浸入するのを防ぐ役割があります。

ケラバ水切りを取付けるための下地の木材を取付けました。
岸和田市の下地を覆うように水切り取付け
先に取付けた下地を覆うように水切り板金を取付けていきます。
ケラバ水切りには屋根材があたりますので、屋根材を受けるように加工した板金を使用します。
岸和田市の屋根の瓦を軒先から瓦を葺きます
水切り板金を取付けてから、新しい屋根材、コロニアルグラッサを軒先から順に葺いていきます。

一枚目を葺き、二枚目からは瓦が上に重なるようにして葺きます。
上に上に重ねていかないと雨水を受けてしまいます。


岸和田市の瓦をステンレスの釘で固定
冒頭でお伝えしましたが、コロニアルグラッサは軽量で丈夫な屋根材です。
厚さ5.2㎜の四角い屋根材を、一枚一枚ステンレスの釘で固定しながら葺きます。
釘の部分は上に重ねる瓦の下に隠れるので雨水が浸入することはありません。(下葺きのルーフィングが傷むと瓦の内側に入った雨水が釘穴から浸入する可能性があります)
岸和田市の屋根の棟の付近まで瓦を葺きました
屋根の棟(屋根の一番高い位置)付近まで瓦を葺きました。
棟は瓦同士が合わさる部分で、この上に板金を取付けて防水しますが、瓦ののみ込み代が少ないと、吹上げの雨の時に棟に雨水が入りやすくなりますので、短くカットした瓦をもう一枚葺きます。
岸和田市の屋根の棟の幅が短くなります
短くカットした瓦を葺くことで棟の幅が短くなり、この上に取付ける板金の中に、重なる部分(のみ込み代)が増えます。
極端に棟の幅が広いと、棟に雨水が入りやすくなり、雨漏りのリスクが高くなってしまいます。
岸和田市の屋根の棟板金を取付けました!
棟に板金を取付けて屋根葺き替え完了です。

施工前はカラー鋼板の錆ついた屋根で断熱性能もほとんど無い状態でしたが、今回の葺き替えで屋根に断熱材を入れて、丈夫な屋根材を使用したので今後安心して暮らしていただけると思います。

また、夏場に屋根の断熱の効果を聞かせてくださいね。
ありがとうございました。

この記事に関するお問い合わせは街の屋根やさん岸和田店まで。





同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747