オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の耐震工事で重い瓦屋根をケイミューのグラッサに葺き替え


岸和田市にお住いのT様邸で耐震工事に伴う屋根葺き替えや外壁塗装などを行うことになりました。
今回は外部の調査の様子をご紹介します。
岸和田市の屋根葺き替えの調査
耐震診断では、土葺きの重い屋根から軽い屋根材に葺き替えることで、評点が上がります。
重い屋根の場合、建物の重心が上になり揺れを受けた時に大きく揺れてしまい倒壊する可能性が高くなってしまいます。
屋根を軽くすることで建物の重心が下がり、安定しますので揺れに強くなる仕組みです。
岸和田市の被害箇所を応急処置
T様邸の屋根は土葺きのいぶし瓦の屋根で、去年の台風で瓦の落下や割れなどの被害に遭い、シートで応急処置されていました。

今回の耐震工事で、瓦はもちろん葺き土もすべて撤去し、化粧スレート(軽量で板状の丈夫な屋根材)に葺き替えます。
岸和田市の屋根の瓦が割れています
瓦が割れてテープを貼って処置されている箇所もいくつかありました。

初めのご相談で、屋根の修理と全面リフォームをご検討されていて、今後安心して暮らせるようにと耐震診断を行うことになりました。
岸和田市の軒先瓦が飛散
軒先の瓦も飛散していました。

このように、瓦の飛散や割れ、ズレなどの被害に遭い、心配されていました。
今回の工事で屋根を葺き替えるのでこのような心配はなくなります。
岸和田市の降り棟がズレています
降り棟の冠瓦がズレている箇所もありました。

棟は屋根同士がぶつかり合う頂点部分のことで、瓦を積み上げています。雨仕舞のために一番上に冠瓦をのせているのですが、横方向にズレていました。
葺き替え後の屋根は、棟の仕舞で板金を取付けることになります。
岸和田市の屋根の漆喰が剥がれています
鬼瓦の取り合いなどの漆喰も傷んで剥がれてきていました。
瓦屋根には、瓦と瓦の隙間を埋めて防水したり、瓦を接着するためにあらゆる箇所で漆喰が使われています。漆喰は永久的ではないので、このように剥がれてきてしまいます。
本来なら漆喰の詰め直しが必要です。

葺き替え後の屋根には漆喰や葺き土は一切使用しません。
岸和田市の樋が割れています
雨樋も割れたり穴が開いている箇所がありました。

雨樋は、雨水を地下に送ることで建物を守っています。その雨樋が破損すると、外壁に雨水が直接あたって劣化を進めたり、雨漏りの原因を作ってしまうことがあります。

屋根を葺き替えると同時に、雨樋もすべて交換します。
樋の工事では足場が必要になりますので、足場があるうちに工事するといいでしょう。
岸和田市の庇が板金の庇になります
T様邸は庇も瓦葺きです。

庇の瓦も下ろして、葺き替え後はガルバリウム鋼板という錆に強い鋼板を張った庇になります。
ガルバリウム鋼板の庇になると瓦が落ちる心配もありません。
岸和田市の外壁のチョーキングの症状
続いて外壁の状況です。

T様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、表面を手で触るとチョーキングをおこしていました。チョーキングとは、塗膜が劣化して塗装面から剥がれてくる現象のことです。モルタルの外壁はもともと雨水などの水分を吸い込んでしまう性質がありますので、表面を塗装することで防水しています。その塗膜が傷んでくると、雨水を吸い込んでしまい、外壁の劣化を進めてしまいます。
岸和田市の外壁にクラックがあります
クラック(ひび割れ)もいくつか発生していました。

クラックの大きさにもよりますが、幅が広いものだとそこから雨水が浸入して雨漏りの原因になったり、水の浸入により内部の木部を傷めることがあります。
岸和田市の外壁の目地が割れています
外壁の誘発目地も割れていました。

モルタルの外壁は、乾燥する過程や外気の影響、地震の揺れなどで必ずどこかにひび割れが生じます。そのひび割れを集中させるために、割れることを想定して設けられたのが誘発目地です。誘発目地は割れて正解なのですが、そのまま放置はできませんので、シーリングを充填して防水します。
構造クラックとは、建物の外壁や基礎部分に発生するひび割れのことで、幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のクラックです。特に基礎部分に生じたクラックは、建物の安全性に影響を及ぼすことがあり、放置し続けると強度が低下してしまい、大地震が発生した時に最悪の場合倒壊する危険性がありますので、適切な方法で処置しないといけません。

T様邸は今回の耐震工事で屋根を葺き替え、外壁のクラックを補修し、塗装も行います。また、内部に耐力壁を設置し、基礎などを補強金物で補強します。

次は屋根の葺き替えの様子を順番にご紹介します。



T様邸は重い瓦屋根から、軽くて丈夫なケイミュー株式会社のコロニアルグラッサに葺き替えます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747