オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の屋根の点検で台風で瓦屋根への被害が点在していました


貝塚市の屋根の調査です。台風の強風で屋根の瓦が飛んで落下するなどの被害を受けている、とのご相談です。
近所の屋根を養生(応急処置)しに来ていた方にお願いしてご自宅の屋根もブルーシートで応急処置されていましたが、その後修理してくれる業者が見つからず、数カ月が経過し、ブルーシートが破損している状態でした。K様邸は土葺きの屋根ですが、土が乾燥して痩せてきているのか瓦が動きやすい状態でした。そのため、ズレや飛散する被害が点在していました。修理のご提案の内容は被害箇所の修復に加えて瓦のラバーロックとなりました。
貝塚市の台風被害に遭った屋根の調査
現地調査にお伺いした時の屋根の状況です。被害箇所にブルーシートをかけて応急処置されていました。

2018年9月、大阪に上陸した台風21号では、驚くほどの暴風が吹き荒れ、台風が去った後には周囲に物が散乱している状態でした。多くの住宅の屋根に被害があり、私たちスタッフも応急処置に廻るだけで時間が経過していきました。その後、数カ月が経っても「どこの業者も忙しく、なかなか工事に至らない」とのご相談もたくさんありました。
貝塚市の屋根の応急処置のブルーシートが破れています
屋根を養生しているブルーシートはずっと使用できるわけではなく、紫外線や外気の影響で必ず破損します。シートを押さえている土のう袋を持ち上げようとしただけで破れることもありました。
K様邸のブルーシートも劣化して破れている状態でした。
貝塚市の瓦が飛散し軒先瓦がズレています
被害箇所をシートで覆っていると、すべてめくって調査することができません。そのため、シートの間から見える範囲での調査になります。できれば、被害当時の状況をカメラで撮影されていると、調査の時に役立ちますし、火災保険の申請時には応急処置する前の写真が必要です。
シートをそっとめくって中を確認すると、軒先瓦がズレて、その上の瓦が飛散していました。お隣の家が密接しており、軒先瓦が落ちると危険なのでシートで覆われていたようです。
貝塚市の瓦が飛散しズレています
ブルーシートに覆われていない部分の瓦も飛散し、ズレていました。
この部分は軒裏の上ですので、瓦が飛散しても部屋内に雨漏りする可能性は少ないですが、そこから雨水が廻って葺き土が流れたり、下地の野地板を腐食させることがあります。
貝塚市の屋根でシートで覆っていない部分にも被害があります
被害箇所は他にもありましたが、応急処置はされていませんでした。
この部分は屋根のケラバ部(屋根の雨樋が付いていない三角になった端)で、軒先と同様に、瓦が飛散しても部屋内に雨漏りする可能性が低いことから、応急処置されていなかった可能性があります。
貝塚市の隅棟が崩れています
詳しい被害状況です。
隅棟の瓦が崩れて飛散していました。
隅棟とは屋根面同士が合流する地点で、屋根の隅に向かって傾斜する棟のことです。
四角いのし瓦を2段積み上げて一番上に丸瓦という半丸の瓦を固定している形状でしたが、ほとんどが飛散している状態でした。この部分は屋根面同士の取り合いですので、隙間から雨水が染み込んでしまいます。
貝塚市の袖瓦が飛散
袖瓦(屋根の流れの一番端の瓦)も数枚飛散し、下地の葺き土が見えていました。そして周囲の瓦も割れています。

修理の際は風や地震の揺れの影響を受けやすい袖瓦は1枚1枚ビスで固定するご提案です。
貝塚市の瓦が割れています
屋根面の瓦が割れている箇所もありました。
屋根面は雨水が流れる経路ですので、このように割れてしまうと、そこから雨水が入り込んで雨漏りすることがあります。割れた瓦はすべて差し替えるご提案です。
貝塚市の軒先瓦が割れています
軒先瓦が割れている箇所もありました。
軒先瓦も袖瓦と同様に屋根の一番端に位置しますので、風や揺れを受けた時に瓦が落下する危険性があります。今後の台風や地震に備えて軒先瓦もビスで固定するといいでしょう。
貝塚市の漆喰が剥がれています
棟の漆喰も剥がれていました。
この漆喰は下地の土が直接雨水にあたらないように保護する役割があります。葺き土が雨水に晒されると、次第に流されて棟の瓦のバランスが崩れて雨漏りすることがあります。
貝塚市の庇の瓦が割れています
1階の庇の瓦も数枚割れていました。
おそらく、上の屋根の瓦が落下して二次被害を引き起こしたのでしょう。
貝塚市の壁際ののし瓦がズレています
壁際水切りの下に施工しているのし瓦が抜け落ちていました。こののし瓦は、壁を伝ってきた雨水が内部に浸入しないように屋根面に流す役割があります。壁際からの雨漏りの事例はたくさんありますので、きちんと修理することをお勧めします。

屋根は下から見えず、ご自身で確認できない部分です。何か心配なことがございましたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747